修理速報
SCROLL DOWN

その他・修理箇所不明

スマホスピタル大丸札幌 iPhone 14シリーズのスペック徹底比較!iPhone 14が壊れた場合の修理方法は?

iPhone 14シリーズを徹底比較!修理屋のプロが解説いたします!

iPhone 14シリーズ徹底比較!

2022年9月7日に発表されたiPhone 14シリーズ。

皆さんはチェックしましたでしょうか?

iPhone 12シリーズiPhone 13シリーズとの変更点は、iPhone 14シリーズはminiがなくなり、

iPhone 8以降なかったPlusが登場しています!

本記事では発売されるiPhone 14、iPhone 14 Plus、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxのスペックや過去機種との比較を

プロ目線で徹底比較してみました!

iPhoneの使用年数も年々長期が進み、3年から4年に一度の機種変更という使い方が多くなったように感じます。

今回のiPhone 14シリーズで機種変更をしようか迷っている方の参考になれば幸いです!

また、新規でiPhoneを購入されるか検討されている方も多いのではないでしょうか?

是非皆さんがiPhoneを購入する時の参考になればと思います。

Androidと違い、iPhoneが壊れてしまったらどうしたら良いかなど、

今回はiPhone 14シリーズの修理についてみ解説していきます!

では、iPhone 14シリーズのスペックから見ていきましょう!

目次

  1. iPhone 14シリーズのスペックはどうなってる?
    1. iPhone 14とiPhone 14 Plusスタンダードモデルのスペック詳細!
    2. iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro MaxProのProモデルのスペック詳細!
  2. iPhone 14シリーズの修理はどうなるの?
    1. Apple正規店修理
    2. キャリア修理
    3. 非正規店修理
  3. iPhone 14シリーズのスペック比較と修理方法まとめ

 

この記事のPOINT!

・最新機種として発表されたiPhone 14シリーズのスペックがわかる!

・過去のiPhoneと徹底比較!買うべきかどうかの参考に!

 

iPhone 14シリーズのスペックはどうなってる?


iPhone 14正面画像

今回発表されたiPhoneは、

iPhone 14、iPhone 14 Plus、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxの4つです。

前回のiPhone 13の時は、iPhone 13 miniがありましたが、今回はminiが廃止されiPhone 14 Plusとなったようですね!

では早速、それぞれのiPhoneのスペックを見ていきましょう!

iPhone 14 iPhone 14 Plus
カラー ミッドナイト

パープル

スターライト

レッド

ブルー

ミッドナイト

パープル

スターライト

レッド

ブルー

容量 128GB

256GB

512GB

128GB

256GB

512GB

サイズと重量 幅:71.5mm

高さ:146.7mm

厚さ:7.80mm

重量:172g

幅:78.1mm

高さ:160.8mm

厚さ:7.80mm

重量:203g

ディスプレイ 6.1インチ(対角)

オールスクリーンOLEDディスプレイ

Super Retina XDRディスプレイ

2,532 x 1,170ピクセル解像度、460ppi

6.7インチ(対角)

オールスクリーンOLEDディスプレイ

Super Retina XDRディスプレイ

2,778 x 1,284ピクセル解像度、458ppi

防沫性能、耐水性能、防塵性能 IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深6メートルで最大30分間)
チップ A15 Bionicチップ
カメラ 先進的なデュアルカメラシステム
(12MPメイン 、超広角)
オートフォーカスに対応したTrueDepthフロントカメラ
ビデオ 最大20時間のビデオ再生 最大26時間のビデオ再生

 

iPhone 14 Pro iPhone 14 Pro Max
カラー スペースブラック

シルバー

ゴールド

ディープパープル

スペースブラック

シルバー

ゴールド

ディープパープル

容量 128GB

256GB

512GB

1T

128GB

256GB

512GB

1T

サイズと重量 幅:71.5mm

高さ:147.5mm

厚さ:7.85mm

重量:206g

幅:77.6mm

高さ:160.7mm

厚さ:7.85mm

重量:240g

ディスプレイ 6.1インチ(対角)

オールスクリーンOLEDディスプレイ

Super Retina XDRディスプレイ

2,556 x 1,179ピクセル解像度、460ppi

6.7インチ(対角)

オールスクリーンOLEDディスプレイ

Super Retina XDRディスプレイ

2,796 x 1,290ピクセル解像度、460ppi

防沫性能、耐水性能、防塵性能 IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深6メートルで最大30分間)
チップ A16 Bionicチップ
カメラ Proのカメラシステム
(48MPメイン  超広角  望遠)
オートフォーカスに対応したTrueDepthフロントカメラ
ビデオ 最大23時間のビデオ再生 最大29時間のビデオ再生

以前同様に「iPhone 14iPhone 14 Plus」「iPhone 14 ProiPhone 14 Pro Max」では、それぞれ大きさは異なりますが、基本的なスペックはほぼ共通していますね。

ではこれからは、iPhone 14iPhone 14 Plusの「スタンダードモデル」とiPhone 14 ProiPhone 14 Pro Maxの「Proモデル」に分けてみていきます!

 

iPhone 14とiPhone 14 Plusスタンダードモデルのスペック詳細!

iPhone 14背面画像1

サイズ

今回のiPhone 14シリーズは、

iPhone 12とiPhone 13で続いていたminiシリーズが廃止になり、iPhone 8以来のPlusシリーズが採用されました!

最新機種の画面サイズは、

iPhone 14が6.1インチ、iPhone. 14 Plusが6.7インチです。

またiPhone 14は前回のiPhone 13に比べると厚みがやや増えましたが、重さは172gと軽量。

iPhone 14Plusは、画面サイズはiPhone 14 Pro Maxと同等ですが、重さはiPhone 14 Proとほぼ同等となっています。

 

プロセッサー

iPhone 14シリーズのスタンダードモデルでの変更点は、プロセッサーです。

iPhone 14iPhone 14 Plus6コアCPU、5コアGPU、16コアNeural Engine搭載のA15 Bionicを採用しています。

前回のiPhone 13では4コアGPUだったので比較してみると、ややプロセッサーの性能は向上しているようです。

 

カメラ

続いてのiPhone 14シリーズのスタンダードモデルの変更点は、カメラ機能です。

バックカメラの画素数は1200万画素なのでiPhone 13シリーズと同様ですが、

メインカメラによりサイズの大きいサンセーを搭載しており、レンズの明るさもF1.6からF1.5に変更になり向上しています。

またフロントカメラには、オートフォーカスに対応したTrueDepth機能を搭載。

そしてiPhone 14シリーズには新たな画像処理機能「Photonic Engine」を搭載しています。

中間から低度で撮影した写真は大幅に向上するようですね!

 

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro MaxProのProモデルのスペック詳細!

iPhone 14 ProiPhone 14 Pro Maxはディスプレイの大きさが異なるだけで、基本的なスペックは共通となります!

 

サイズとディスプレイ

今回のProシリーズは、iPhone 12やiPhone 13のProシリーズと同様のサイズで、6.1インチと6.7インチです。

ディスプレイはiPhoneでは初の常時表示に対応しており、時刻などが無操作の状態でも確認する事が可能に。

ディスプレイの解像度や明るさも強化されより綺麗になっているようです。

またiPhone 14 Proシリーズはノッチ部分が廃止され「Dynamic Island(ダイナミック アイランド)」という機能が採用されました。

Dynamic Island(ダイナミック アイランド)とは?

ディスプレイ上部にカプセル型のデザインが表示され、iPhoneに届いた通知や自分の操作しているアプリやバックグランドの状況に合わせて大きさなどが変化していく機能。

 

カメラ

iPhone 14のProシリーズのメインカメラは、クアッドピクセルセンサーの4800万画素となり強化されました。

4つのピクセルを1つにまとめて使うことで、1200万画素で暗い場所での撮影も、明るい写真を撮る事ができます。

またセンサーサイズが大きくなり高性能になっているのに加え、レンズ自体のクオリティーも向上しているため「マクロ撮影」の画質も上がっています。

 

プロセッサー

iPhone 14 Proシリーズでは、6コアCPU、5コアGPU、16コアNeural Engine搭載のA16 Bionicチップを搭載。

iPhone 14のスタンダードモデルは、A15 Bionicチップの搭載なので、ここでもProとの差別化の一つとなっています。

 

今回のiPhone 14シリーズのスペックはいかがでしたか?

iPhone 14のProシリーズのカメラ性能は、写真を撮ることが多いため、個人的にとても気になりますね。

ですが、現在2年間iPhone 12 Proを使用していますが、全く気になるところがないのが本音です。

充電の減りは気になり初めましたが、画質は綺麗で操作も早くシステム自体も問題ありません。

今回の変更点はほぼカメラ機能の大幅な改善になるので、私は機種変更せず使用していこうかと考えています。

iPhone 12以降のシリーズでなくても、まだまだ既存のiPhoneで十分問題なく使えてる方もはたくさんいると思います。

この記事を参考に、既存のiPhoneを使用していくか、iPhone 14シリーズに機種変更するか、皆さんも検討してみてください!

 

iPhone 14シリーズの修理はどうなるの?


iPhone画面修理

先程はiPhone 14シリーズのスペックをご紹介しましたが、

では実際に最新機のiPhone 14が故障してしまった場合どうすれば良いのかをご紹介いたします!

まずiPhone修理は現在、3つパターンがあります。

  1. Apple正規店での修理
  2. docomo/au/softbankでの修理
  3. 非正規店での修理

では、早速Apple正規店からiPhone 14シリーズの修理はどうなのか見ていきましょう!

 

Apple正規店修理

Apple正規店での修理は、

近くのApple正規サービスプロバイダやApple Storeへ直接持ち込み「持ち込み修理」

Apple指定の配送業者が引き取りにうかがいAppleへ配送する「配送修理」

のどちらかを選択出来ます。

また修理料金は、AppleCare+に加入しているかどうかでも大きく変わってきます。

iPhone 14修理でAppleCare+加入・AppleCare+未加入で比較した価格がこちらです↓

AppleCare+未加入 AppleCare+加入
画面のひび割れ(前面のみ) 42,800円 3,700円
バッテリー 14,900円 14,900円もしくは0円(条件有)
※バッテリーの最大容量が80%未満の場合は無償交換
バックカメラ 21,800円 21,800円
その他の損傷 83,800円 12,900円
背面ガラス 25,900円 3,700円

画面修理やその他の損傷に関しては、

AppleCare+に加入しているかどうかで大幅に修理料金が変わってきます。

その他の機種の料金をお調べしたい方は、Apple公式HPをご確認ください。

Apple公式 iPhoneの修理サービスはこちら

Apple正規店での修理は、事前予約が必要となります。

また修理時間も受付から修理、会計となると数時間かかってしまいます。

そしてデータは基本的に初期化されてしまうので、データが欲しい方は事前にバックアップを取っておく必要がありますね。

 

docomo/au/softbankでの修理

近年の携帯キャリアでのiPhone修理の受付は、基本的にApple正規店に直接持ち込みもしくは配送修理してもらう事がほとんどです。

※一部の携帯キャリアでは、店頭での修理サービスに対応している店舗や直接店舗で受付してる場合もあります。

事前にご自身のキャリア(docomo、au、softbank)の加入サービスを確認し、各自で申し込む必要がありますね。

各キャリアの修理サービスは下記をご確認ください。

docomoの保証・修理サービスはこちら

auの故障・紛失時のサービスはこちら

SoftbankのiPhone修理サービスはこちら

 

非正規店での修理

iPhone Xバッテリー膨張2

スマホスピタル大丸札幌店でのiPhone修理は、データはそのままで即日修理が可能です!

※iPhone 12シリーズ、iPhone 13シリーズにつきましては、パーツ入荷してからの修理になる可能性がありますのでご了承ください。

 

非正規店での最大のメリットは3つあります。

・データはそのままで修理が可能

・短時間で即日修理が可能

・正規店よりも費用を抑えて修理する事が出来る

 

当店をご利用のお客様のご相談は、

「突然の故障でバックアップを取っていなかった」

「忙しくなるべく修理に時間をかけたくない」

「なるべく費用を抑えて修理したい」

などのお客さんが大半です!

なので、「データはそのままで、費用は抑えて、すぐに修理してほしい」方は、是非スマホスピタル大丸札幌店までご相談ください!

 

では、Apple正規店と非正規店との違いは何?となりますよね。

それは、純正のパーツを使用して修理するかどうかになります。

非正規店での修理は、純正パーツを使用して修理する事ができません。

タッチの感度や液晶の見え方など、純正品と全く同じとはいきませんので注意が必要です。

ですが、普通に使用する分には全く問題がなく、多くのお客様からは「全然気にならない」という声をたくさんいただいています!

 

またAppleCare+やキャリアの保証サービスに加入している場合、非正規店で修理してしまうと保証対象外になってしまいます。

修理後に保証に入っていたとなっても、一度作業しているため、もうAppleCare+やキャリアの保証は使えません。

なので、必ず事前にAppleCare+やキャリアの保証サービスに入っているかどうかチェックする必要があります。

 

上記内容を踏まえて、どこで修理を依頼するのが、自分にとって良いのか検討してみてくださいね!

また当店でのiPhone 14シリーズの修理は、現在準備中となります。

修理出来る準備が整い次第、皆様にご案内致しますので、今暫くお待ちください。

 

iPhone 14シリーズのスペック比較と修理方法まとめ


iPhone 14背面画像2

ここまでiPhone 14シリーズのスペック比較と修理方法について解説してきました。

筆者の私見を交えてまとめていくと、

処理速度の向上やカメラ性能の大幅アップを考えると、

iPhone XやiPhone XSを利用している方は機種変更しても満足できるスペックに仕上がっていると感じます。

逆に、iPhone 11シリーズを3年使用している方や、まだ2年目のiPhone 12シリーズからの機種変更は、

ちょっと早いようにも感じます!

あくまでの私見ですので、ご了承ください!

また、修理については、AppleCare+の加入は必須と言っても良いでしょう。

プロの修理屋目線で見ても、iPhone 12シリーズやiPhone 13シリーズの修理価格はまだまだ高額です。

原価が高い上に、円安の影響を大きく受けていて中々値段を安くしていけないのが、本音です。

また、iPhone 12シリーズやiPhone 13のデイスプレイは、OLED(有機EL)を採用していますが、

非正規店での修理価格を少しでも安くするために、LED(液晶)を使用したデイスプレイで画面修理をする店舗も増えています。

壊れたiPhoneを修理して、画質が落ちてしまうのは嫌ですよね?

今回iPhone 14シリーズを購入される方はAppleCare+に加入することをお勧めします!

スマホスピタル大丸札幌店
住所
〒060-0005 北海道札幌市中央区北5条西4丁目7番地 大丸札幌店3F KiKiYOCOCHO
営業時間
10:00〜20:00(大丸札幌店の営業に準ずる)
電話番号
E-mail
CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。