お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone水没修理について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneが水没したかどうかを確認する方法

ここ最近は天候が不安定なことが多く、朝は晴れていても夜には降雨で、折り畳み傘は持ち物の一つになっているのではないでしょうか。

雨が増加しているためなのか、水没に関するご相談も増えてきています。

 

持ってるiPhoneは「防水」だから大丈夫。そうお考えの方もいらっしゃるかと思います。

確かにiPhone7以降のiPhoneは全て「防水機能がある」ことを謳っています。

しかし、実は防水とは言っても一定の管理にある環境であれば問題ないだけで、一般的なご家庭や自然な環境ですと、あっという間に水没してしまうのです。

 

そのため、iPhone7以降をお持ちで水没してしまうと、油断もあって相当焦ってしまうことが考えられます。

 

ただし、水没したときの焦りは非常に危険です。電源ボタンを再度押してしまいかねないです。

水没したと思しき端末の電源を点ける行為は、ショートして再起不能になる確率がグンと高まるため非常に危険です。

なので今回は、電源を点ける以外の方法で、水没かどうかを判断する方法をご紹介いたします。

 

SIMトレーを取り出せば、水没反応がわかる?

iPhone5以降の端末の場合にはSIMカードトレーを引き出すことで水没反応をチェックすることができるようになっています。

水没反応シールという、水分が付着すると「白→赤」に変色する、リトマス紙のような特性があるシールが貼られているのです。

iPhone 水没

 

こちらはiPhone5sですが、水没している場合にはこのようにシールの中心が赤く染まります。

iPhone5から現行の11シリーズまで、全てSIMトレーを引き出せば水没反応を確認できる作りになっています。

水没が疑われる場合にはまず真っ先に確認してみることをお勧めいたします。

 

わからない場合には

稀に、水没反応シールが染まっていないのに起動しなくなったという方もいらっしゃいます。

水没反応シールが染まっていなくても、別の場所から水分が侵入している可能性も考えられます。

 

内部にも幾つかの水没反応シールがあり、こちらに反応が見られたり、水分やその跡が残っていたりなどした場合には、水没といった判定になってきます。

街の修理屋さんであれば水没しているかどうかの診断と、水没復旧修理も行うことが可能となっています。

 

些細な水分であっても、端末にとっては脅威です。

水没の気が見られましたら、お気軽にご相談頂ければ幸いです。

 

また、当店では郵送修理も受け付けております。

現在は新型コロナウイルスの影響もあって、外出は極力控えたいという方もいらっしゃるかもしれません。

そういった方々に向けても郵送修理は承っております。

勿論、遠方にお住まいの方も是非ご活用ください。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。