お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPad修理について

スマホスピタルお役立ち情報 iPad Proが充電されないのは何故?原因と対処法を徹底解説

iPad Proがうまく充電できなくて困った経験はないでしょうか。iPad Proが充電されない原因は、さまざまあります。原因によって対処法が異なるため、原因を明確に特定することも大切です。

この記事では、iPad Proが充電されない原因と対処法について解説します。iPad Proが充電されなくなったときに適切な対処ができるように、ぜひ参考にしてください。

iPad Proが充電されないおもな5つの原因

iPad Proが充電されない場合、さまざまな原因が考えられます。ここでは、そのなかでも代表的な原因を紹介します。

どのような原因でiPad Proが充電されない状態になるのか知っておきましょう。

原因1:充電器に問題がある

iPad Proが充電されない場合、まず考えられるのは充電器の問題です。充電器にどのような問題が生じる可能性があるのかを解説します。

充電器がしっかりと接続されていない

iPad Proが充電されないときは、まず最初に充電器がしっかり接続されているかチェックしましょう。充電器がコンセントにしっかり接続されていない場合は、当然充電されません。とても単純な理由ですが、意外に多い原因です。

一見、コンセント口にしっかり差し込まれているように見えても、よく見ると差し込みが甘いこともあります。しっかり接続されているのに充電できない場合は、コンセントの差込口に不具合がある可能性も否定できません。違うコンセントの差込口を利用して充電できないかも確認してみましょう。

充電器の接触部分が汚れている

充電器の接触部分が汚れていると充電できない可能性があります。ホコリや細かいゴミのほか、ペットの毛が端子の奥に詰まっていた事例もあるようです。充電ケーブルやUSB電源アダプタの接触部分が汚れていたら、掃除して汚れを落としましょう。

端子部分を掃除する際は、細心の注意を払って行う必要があります。静電気対策が施されたブラシや、工業用の細い綿棒などを使用するのがおすすめです。

また、接触部分に異物が付着していると、それが原因で充電できない場合もあります。その場合は、接触部分の端子を傷つけないように注意しながら取り除きましょう。

iPadに合った充電器を使用していない

もともと付属していたものではない充電器を使用している場合は、その充電器がiPadに合ったものか確認しましょう。iPad用をうたっている製品でも、純正品以外の充電器は充電スピードが遅かったり、劣化が早かったり、充電できなかったりする場合があります。

充電器の不具合が疑われる場合は、Lightningケーブルでパソコンと接続して充電できるか試してみると良いです。この状態では正常に充電できるようでしたら、充電器に不具合があると考えられます。

また、iPhoneの充電器でiPadを充電しようとしている場合は、なかなか充電できないことがあります。これは、iPadとiPhoneの充電に必要な電力規格の違いが原因です。iPhone用の充電器は、iPad用の充電器より電力が小さいため、iPadを充電しようとすると時間がかかります。

充電器が破損・故障している

充電器の破損や故障が原因で、充電できない場合もあります。充電器も経年劣化していくため、見た目は異常がなくても、内部が破損している場合もあります。

特にケーブルと端子の接合部分は強度が弱いため、注意が必要です。断線したり、破損したりした充電器をそのまま使い続けるのは危険です。うまく充電できないだけではなく、感電や火事を起こす可能性もあるため注意しましょう。

原因2:端末本体が熱くなりすぎている

iPad Pro本体が熱くなりすぎて、充電できない場合もあります。iPadシリーズの端末には、本体が熱くなり過ぎないように保護する機能が搭載されていて、一定以上の高温になると充電が遅くなったり、停止したりする仕様になっているからです。

iPadが熱くなりすぎる原因としては、周囲の温度や長時間使用などが考えられます。Apple公式サイトでは、iPadの使用環境として、周囲の温度は0度から35度の場所が推奨されています。

気温がこの温度の範囲内でも、夏場に駐車中の車内などはかなり高温になるため注意しましょう。

原因3:温度の低い場所で充電している

温度の低さも、iPad Proがうまく充電できない場合に考えられる原因のひとつです。iPad Proに使用されているリチウムイオン電池は、電池内で化学反応を起こして電気を発生させます。温度が低くなりすぎると、この化学反応を起こしにくくなるため、うまく充電できない状態になってしまいます。

このような場合は、温度の高い場所に移動するのがおすすめです。どうしても温度が低い場所で使用したい場合は、ポケットやバッグなどに入れるとうまく充電できる可能性があります。なお、iPad Pro本体を温めようとして、ドライヤーを使用するのは止めましょう。本体に損傷を与える危険性があります。

原因4:OSに不具合が生じている

iPad ProのOSであるiOSの不具合があって、うまく充電できない場合もあります。また、バージョンが古い場合も充電できないことがあります。そのため、まずはiOSのバージョンも確認しましょう。最新バージョンになっていなかったら、アップデートするだけでうまく充電できるようになる可能性があります。

バックアップデータがある場合は、iPadの初期化と復元を実行して充電できるようになるか試してみるのもおすすめです。初期化と復元を行う際は、途中で切れないだけのバッテリー残量があるか、もしくはコンセントに繋いだ状態で実行してください。

原因5:バッテリーが劣化している

iPad Proに内蔵されているバッテリーは、経年劣化で徐々に充電できなくなっていきます。劣化して充電できなくなったバッテリーは、交換する必要があります。基本的に、バッテリーの交換を自分で行うことはできません。

AppleCare+に加入していて、加入時より2年以内なら無償で交換可能です。加入していない場合でも、購入から1年以内なら保証期間内の扱いとなり、無料で交換してもらえます。それ以外の場合は、有償交換となります。

iPad Proが充電されないときの対処法

iPad Proが充電されないときに効果的な対処法を紹介します。充電されないときは、ここで紹介する対処法を試してみてください。

対処法1:充電器・ケーブル・充電ポートの状態を確認する

うまく充電されない場合は、まず充電器やケーブル、充電ポートなどの状態が正常か確認しましょう。充電ケーブルやUSB電源アダプタが断線していないかも確認します。端子が曲がっていたり、折れたりしていないかも要確認です。iPadの充電ポートも、破損等の異常が発生していないか確認しましょう。

端子部分が汚れていた場合は、汚れを取り除く必要があります。なぜなら、端子部分に詰まったホコリやゴミが原因で、充電できなくなる場合もあるからです。端子部分の汚れを取り除く際は、綿棒などを使って丁寧に取り除きましょう。

対処法2:充電器を接続しなおす

充電器の接続が甘かった場合は、接続しなおすだけで解決します。充電ケーブルとiPad Pro、充電ケーブルとUSB電源アダプタ、USB電源アダプタと電源コンセントがしっかり接続されているか確認しましょう。

しっかり接続されているように見えても、念のため接続し直したら改善することもあります。

対処法3:別の充電器を試してみる

別の充電器を試してみるのもおすすめです。もし、それで充電できたら、今まで使っていた充電器が故障していると考えられます。充電器を変えても充電できない場合は、iPad本体に問題がある可能性が高くなります。充電器だけではなく、別のケーブルを試してみるのも効果的です。

iPad Proで使用するケーブルや充電器は、純正品またはMFi認証済みの製品が最適です。MFi認証とは、AppleがiPadなどの自社製品との互換性を保証していることを示すものです。MFi認証されている製品には、MFiのロゴマークが付けられています。

また、iPhone向けのケーブルは電力規格が異なるため、iPadでの使用には向いていません。iPadの充電には、iPad用のケーブルを使いましょう。

対処法4:iPadを再起動する

充電してもiPadが反応しない場合は、強制的に再起動させることによって改善する可能性があります。iPad Proを強制再起動させる方法は、ホームボタンが搭載されている機種とFace IDもしくは電源ボタンにtouch IDが搭載されている機種で異なります。

ホームボタンが搭載されているiPad Proの強制再起動手順はシンプルです。電源ボタンとホームボタンを同時に押せば、強制的に再起動できます。

一方、Face IDや電源ボタンにtouch IDが搭載されているiPad Proを強制的に再起動させるためには、次の手順が必要です。

  1. 電源ボタンに近い位置にある音量ボタンを押してすぐ離す
  2. 電源ボタンから遠い位置にある音量ボタンを押してすぐ離す
  3. 電源ボタンを押しっぱなしにする
  4. 画面にAppleロゴが表示されたら電源ボタンを離す

対処法5:起動しているアプリを終了させる

起動しているアプリがある場合は終了させましょう。特に複数のアプリを起動させた状態だと、処理している内容が重すぎて充電がうまくいかない場合があります。

また、このような使用方法はバッテリーの寿命を縮める可能性もあるため、極力避けたいところです。

対処法5:iOSを最新バージョンへアップデートする

iOSのバージョンが古いと、うまく充電できない場合があります。そのため、iOSのバージョンが最新ではないようでしたら、最新バージョンにアップデートしましょう。iPad ProでiOSをアップデートする手順は次のとおりです。

  1. iPad Proを電源に接続
  2. Wi-Fiでインターネットに接続
  3. 設定アプリをタップ
  4. 「一般」をタップ
  5. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ
  6. 「今すぐインストール」をタップ

アップデート中は、Wi-Fiのネット接続が切れないように注意しましょう。

対処法6:バックアップして初期化する

どうしても充電できない不具合が直らない場合は、iPadの初期化も一つの手です。ソフトウェア内部の不具合が原因の場合は、初期化することによって改善できる可能性があります。

なお、初期化を行うと本体内部に保存されていたデータは消えてしまいます。そのため、初期化する前は事前にバックアップを取っておきましょう。

iPad Proをパソコンに接続して初期化する方法もありますが、ここではiPad Pro本体のみで初期化する方法を紹介します。

  1. 設定アプリをタップ
  2. 「一般」をタップ
  3. 一番下に表示される「リセット」をタップ
  4. パスコードの入力を求められた場合は入力
  5. 「iPhone・iPadを消去」をタップ
  6. Apple IDとpスワードを入力

データのバックアップ方法

iPad Proのデータは、iCloudとiTuneにバックアップ可能です。iCloudにバックアップする手順は次のとおりです。

  1. 設定アプリをタップ
  2. 「ユーザー名」をタップ
  3. 「iCloud」をタップ
  4. 「iCloudバックアップ」をタップ
  5. 「iCloudバックアップ」をオンにする

上記の設定をしたうえで、一定の条件が揃っていると毎日、iCloudにバックアップが自動作成されます。条件は、iPad ProがWi-Fiと電源に接続されていてロック状態になっていることです。

続けて、iTuneでバックアップする方法を紹介します。iTuneでバックアップする場合は、パソコンが必要です。また、MacとWindowsで手順が少し異なります。MacのiTuneでバックアップする手順は以下のとおりです。

  1. iPad ProとMacをケーブルで接続
  2. MacのFinderのサイドバーに表示されているiPadを選択
  3. MacのFinderウインドウ最上部に表示されているメニューから「一般」をクリック
  4. 「iPad内のすべてのデータをこのMacにバックアップ」を選択
  5. バックアップデータにパスワードをかける場合は「ローカルのバックアップを暗号化」を選択
  6. 「今すぐバックアップ」をクリック

WindowsのiTuneでバックアップする手順は以下のとおりです。

  1. iPad ProとWindowsパソコンをケーブルで接続
  2. パソコンのiTuneを起動
  3. iTuneウインドウの左上に表示される「iPad」ボタンをクリック
  4. 「概要」をクリック
  5. 「今すぐバックアップ」をクリック
  6. バックアップデータにパスワードをかける場合は「ローカルのバックアップを暗号化」を選択してからパスワードを入力して「パスワードを設定」をクリック

パソコンに保存したバックアップデータを確認するためには、iTuneの「編集」から「環境設定」を選択して、「デバイス」をクリックします。

データの復元方法

バックアップしたデータの復元方法も紹介します。iCloudにバックアップしたデータの復元方法は次のとおりです。

  1. 初期化されたiPad Proで「Appとデータ」の画面から「iCloudバックアップから復元」をタップ
  2. Apple IDでiCloudにサインイン
  3. 表示されたバックアップ一覧から復元対象のデータを選択

上記の手順で、復元が開始されます。復元に要する時間はデータ量によって異なりますが、数時間から数日かかる場合もあります。そのため、復元はしっかり時間を確保したうえで実施しましょう。続けて、iTuneでバックアップしたデータの復元方法を紹介します。

  1. iPad Proとパソコンを接続
  2. パソコンのiTuneを起動
  3. iTuneウインドウの左上に表示される「iPad」ボタンをクリック
  4. iTuneのメニューから「バックアップを復元」を選択
  5. 表示されたバックアップ一覧から復元したいデータを選択
  6. 「復元」をクリック
  7. iPad Proが再起動してもそのまま接続状態を維持
  8. パソコンとiPad Proの同期が始まりますがそのまま待機

iPad Proとパソコンのケーブル接続は、上記の手順で同期が完了するまで外してはいけません。

どうしてもiPad Proが充電できない場合は修理依頼を検討しよう

この記事で紹介した対処法を試しても充電できない場合は、修理の必要があるかもしれません。ここからは、iPad Proの修理を依頼する方法を紹介します。

Apple公式サポートへ依頼

iPad Proの修理は、Appleの公式サポートで受け付けています。修理を依頼するだけではなく、症状を伝えたうえで、改善方法のアドバイスをもらうことも可能です。アドバイスをもらっても症状が改善されない場合は、修理や交換の手続き方法を案内してもらえます。

Apple公式サポートへの連絡は、Appleの公式サイトから可能です。近所にApple Storeがある場合は、ジーニアスバーで予約したうえで来店して相談することもできます。

iPad修理の専門業者へ依頼

iPadの修理は、専門業者に依頼することもできます。専門業者はAppleの公式サポートと比較して、費用を安くできたり、修理完了するまでの時間が短かったりするメリットがあります。即日対応が可能な専門業者も多いため、1日でも早く修理して使いたい方におすすめです。

しかし、なかには修理の技術が低い業者や悪質な業者もあるため、業者選びがとても重要です。業者を選ぶ際には次のようなポイントを基準に選ぶとよいでしょう。

  • iPadの修理実績があるか
  • 修理に要する時間はどのくらいか
  • データを消さずに修理可能か
  • 料金は適正か

iPad Pro本体にバックアップされていないデータがある場合は、そのデータを消さずに修理できるかも重要なポイントです。料金も業者によって異なるため、依頼する前に確認しておきましょう。

スマホスピタルは、iPad Proの修理実績が豊富な専門業者です。バッテリー交換修理では、PSE表示ありのバッテリーを使用、修理に要する時間の目安は15分です。

スマホスピタルでは、電源が入らなくなったiPadからデータ救出に成功した実績もあります。予約なしでも、全国に80店舗以上ある店舗で修理可能です。iPadが充電できなくてお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

→スマホスピタルに相談する

まずはiPad Proの充電器の接続や状態を確認してみよう

iPad Proが充電できない原因はいくつか考えられますが、まずはiPad Proの充電器が正しく接続されているか、破損や汚れはないか等を確認しましょう。原因を特定できたら、対処法もわかってきます。それでも自分で解決できない場合は、バッテリー交換などの修理を依頼しましょう。

修理はApple公式サポートだけではなく、専門業者にも依頼可能です。専門業者には、値段が安かったり修理時間が短かったりするメリットがあります。修理の技術や料金などは業者によって異なるため、業者選びがとても重要です。

スマホスピタルは修理の実績が豊富で、さまざまな修理内容に対応可能な専門業者です。全国に80店以上の店舗があるほか、郵送での修理にも対応しています。iPadの修理でしたら、実績豊富なスマホスピタルまでお気軽にご相談ください。

→スマホスピタルに相談する

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。