修理速報
SCROLL DOWN

バッテリー交換修理

スマホスピタル伊丹 バッテリー膨張でフタが開いてしまったZenfone6の修理をしました

今回の修理記事はZenfone6のバッテリー交換について。

Zenfone6電池交換のご依頼

「おそらく電池が膨らんでいてバックパネルが勝手に開いてきてしまった」

とご相談に来てくださいました。

店頭でスマホ本体を見せてもらうと、明らかにフタが開いている状態でした。

スマホには内臓バッテリーが搭載されていますので、電池が膨んでしまうと

内側からパネルを押し上げてしまうことになります。

余りに膨張してくると上の画像のようにフタが浮き上がってしまうことも。

 

今回の場合、対処が必要な箇所はわかりやすいです。

電池が膨らんでいるので、電池を新しいものへ交換することで改善が可能です。

 

Zenfone6バッテリー交換作業

修理の受付をしてお預かりをしましたら早速分解してみます。

フタは半分ほど開いていたので数分で開封可能でした。

バックパネルを取り外してみてバッテリーの様子を確認してみると

こんな感じになっていました。

画像で見てもはっきりわかるくらいに膨らんでいます。

このバッテリーは裏側に粘着シールを貼って固定されています。

 

電池の裏にはケーブルがあるので、無暗に剥がそうとすると断線させてしまい

別の場所が壊れてしまう恐れもありますから注意が必要です。

一応右下には引っ張って取る用のシールがあります。

 

電池交換後のZenfone6

バッテリー交換の作業が終わったらバックパネルをセットします。

1枚目の画像ではバッテリーの膨らみの影響でフタが浮いてしまっていましたが

作業完了後はこんな感じになりました。

これで正常に使うことができるようになりました。

フタが浮いてしまっている時はほこりや水などが浸入しやすく

持ち歩くのも不安だったようですが、しっかりと改善が出来た姿を見て

喜んでいただくことができました。

 

バッテリーの膨張でフタや画面が浮き上がってしまうといった症状は

そんなに珍しいものでもなく、割と頻繁に起こる症状です。

今回はZenfone6でしたが、XperiaやiPhoneでも同様のことが起こります。

お困りの際はおきがるにご相談くださいね。

スマホスピタル伊丹
住所
〒664-0858 兵庫県伊丹市西台2丁目6-5 イスズハイツベル伊丹3番館 1階店舗
営業時間
9:00〜20:00(無休)
電話番号
E-mail
CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。