お役立ち情報
SCROLL DOWN

スマホのバッテリーについて

スマホスピタルお役立ち情報 スマホの充電がすぐになくなる!?原因と改善方法をご紹介!

スマホ 充電 すぐなくなる

日々生活する中でスマートフォンが無いと

不便に感じることは非常に多いですよね!

外出中に

「充電が無い!!」

と焦ってしまった経験は誰もが一度はあるのではないでしょうか?

最近充電がすぐに無くなってしまう

十分に充電があったのに急に電源が落ちてしまう事がある

などの症状を日常的に感じることが多くなってきたら

今回ご紹介する方法を是非ともお試しください!

今回はスマホの充電がすぐになくなる原因と対処方法をご紹介します!

スマホの充電がすぐになくなってしまう原因って?

スマホの充電がすぐになくなってしまう原因はいくつかの原因が考えられます。

スマホの電池の経年劣化

非常に多い原因なのですが、電池が劣化してしまうことによって、

充電がすぐになくなってしまうのです…

電池にはリチウムイオン電池という、繰り返して充電することで

しようできる電池が内蔵されているのですが、

長年使用していると経年劣化が起きてしまいます。

おおよそ2年前後スマホを使用していると劣化すると

言われています。

皆さんお使いのスマホも2年前後使用されているのであれば、

電池が劣化している可能性があります。

電池は劣化することにより、そもそも充電できる電気量が減ってしまいます。

元々充電が溜めれなくなってしまうので、

充電がすぐになくなってしまう…

という現象になってしまいます。

アプリ側の問題

バックグラウンドでアプリが更新されていたり、

通知が来るということでも

電池を消耗します。

例えば、通知がたくさん来るLineなどのアプリは、

その都度画面が光ったりするので、充電がすぐに

なくなってしまう原因になることもあります。

本体設定の問題

小さなことですが、スマホの設定により、

電池がすぐになくなってしまうこともあります。

例えば、Wi-FiやBluetoothを使用しないのにも関わらず、

常にオンにしていると、

電波を受信しようと機能してしまいます。

そういったことによって、電池の消耗が早くなってしまうこともあります。

スマホの充電の減りを抑える方法

スマホ 充電

スマホの充電がすぐになくなってしまう症状は

対策を行うことによって軽減される可能性があります。

ではその対策をご紹介しましょう。

バッテリーリフレッシュを行う

電池が劣化してしまうと、画面上に表示される電池残量と

実際に電池に溜まっている電池残量が乖離してしまう可能性があります。

電池残量がさっき見たら50%だったのに

今確認したら30%になっていた…

ということがあれば、バッテリーリフレッシュで軽減する可能性があります。

実際に溜まっている電池量と画面上に表示される残量の

乖離を少なくできるのです!

方法は以下の通りです。

スマホの充電を使い切って、再度充電をする。

という方法です。

結構シンプルなので皆様も是非ともお試しください!

スマホの設定を見直す

スマホの設定によっては、充電がすぐになくなってしまうこともあります。

電池の消耗を押さえるためにできる設定をいくつかご紹介しましょう。

・画面の自動ロック機能を設定する

自動ロック機能は設定されていますか?

スマホを設定された時間操作しないと

自動的にスリープ状態になる機能です。

例えば、電源を切り忘れてしまったり、

寝落ちしてしまった際にかなり有効です。

・使わない電波はオフにする

スマホ アクセスポイント

先ほどWi-FiやBluetoothについて軽くご紹介しましたが…

常にオンにしていると、電波を探してしまいます。

なので、使用しない場合はオフにしておきましょう。

アイフォンをお使いの方はAirDrops機能も受信しない設定にした方が、

電池の消耗が抑えられます。

・位置情報サービスをオフにする

例えば、地図アプリや天気のアプリを使用すると、

現在地情報が必要になります。

なので、GPS機能を使用してしまうので、

電池の消耗が早くなってしまう…

ということですね!

位置情報サービスを使用しないのであれば、オフにしておきましょう!

・アプリのバックグラウンド更新をオフにする

使用していないアプリでもバックグラウンドで機能しているアプリは存在します。

その場合は裏で処理をしているので、電池が消耗していしまいます…

アプリのバックグラウンド設定をオフにした方が電池の消耗を抑えられます!

・アプリをアンインストールする

あるアプリを起動しているときに電池の消耗が早いのであれば、

そのアプリが原因になっている可能性があります。

大量の処理能力を要するアプリなどを使用していると、

電池の消耗が早くなってしまいます…

また、バッテリーセーフアプリや

ストレージ管理アプリ、ウィルス対策アプリ

なども電池の消耗に影響する可能性があります。

というのも、常に電池使用状況などを監視してしまうので、

裏では機能していたり、などのことが起きてしまいます。

電池の持ちを良くする使い方!

一度劣化してしまったバッテリーは

残念ながら自然に復活することはありません

バッテリーの劣化を遅らせるために

バッテリーに優しい使い方をいくつかご紹介します!

過充電、過放電をしない

過充電というのは充電が100%の状態で充電し続けることで、

過放電というのは電池の残量が0%の状態で放置することです。

どちらもバッテリーに対して負担がかかる行為になりますので

バッテリーの劣化を進行させてしまう行為になります…

使用しないときは充電の残量を50%くらいにしておくことをオススメ致します!

 

高温環境での使用を避ける

スマートフォンのバッテリーは熱に弱いものです。

Apple公式のウェブサイトからバッテリーに対する見解として

0~35℃の環境での使用が推奨されており、

-20℃~45℃の環境での保管が推奨されています。

炎天下の中長時間使用を続けるなどは避けましょう

充電をしながらの使用を避ける

充電しながらゲームをプレイしたり、動画を見るなど

ついついやってしまいがちなのですが

充電しながらスマートフォンを使用しますと

基板が熱くなり本体が熱を持ちます。

さきほどご説明しました通り

バッテリーは熱に弱いので本体の熱が原因で

劣化を進めてしまう可能性が高いため

充電器につなぎながらの使用は控えましょう!

それでも直らなければスマホスピタル大阪梅田店で電池交換がお勧め!

スマホ修理 梅田

上記の方法でも改善されないのであれば、

電池が劣化してしまっている可能性があります。

交換時期に現れる主な症状は

・充電がすぐに無くなってしまう

・充電がなかなか溜まらない

・勝手に再起動になる、電源が落ちてしまう

・バッテリーが膨張する

・膨張したバッテリーに圧迫されて画面の表示がおかしくなる

などです!

 上記の症状が現れた場合はスマホスピタル大阪梅田店で

修理をすることをお勧めします!

というのも…

スマホスピタル大阪梅田店でのバッテリー交換修理は

基本的にはデータはそのままで最短15分からで修理が可能なのです!

バッテリーが劣化しているのではないかと思われた方は

スマホスピタル大阪梅田店までお気軽にお問い合わせください!

また、バッテリーの無料診断も実施中なので

これって電池交換した方がいいのかな…

などのお悩みがあってもお気軽にご相談ください!

皆様のご来店お待ちしております!

スマホスピタル大阪梅田店でした!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。