お役立ち情報
SCROLL DOWN

スマホのバッテリーについて

スマホスピタルお役立ち情報 iPhone充電方法、バッテリー長持ちのコツ!

iPhoneユーザーの多い日本!iPhoneを使う際に知っておくとお得な情報をお届けします!

今回は、iPhoneの充電法方法、バッテリーを長持ちさせるコツをご紹介していきます!

 

iPhoneの充電方法

iPhone 画面

 

♦コンセントで充電する

電源アダプタにUSBケーブルを繋げ、iPhoneをコンセントから充電することが出来ます。

こちらはiPhone購入時に付属品(電源アダプタ・USBケーブル)でついてきます。

 

♦パソコンで充電する

パソコンとiPhoneをUSBケーブルで繋ぎます。そして、パソコンの電源をONにすれば充電することが出来ます。

さらに、デフォルトの設定ではiPhoneをパソコンに接続すると、自動でiTunesが起動し同期をしてくれます。

 

♦ワイヤレスで充電する

iPhone8以降のシリーズはワイヤレスの充電に対応しています。

iPhoneとは別途でQi対応のワイヤレス充電器を用意することで、充電器の上にiPhoneを置くだけで充電が出来ます。

Apple製品のワイヤレス充電だと、4,950円~からお買い求めでき

 iPhone・AppleWatch・AirPodsの3つを同時に充電できる製品も発売されています!

 

♦車内で充電する

別売りのiPhone対応カーチャージャーを利用することで、車内でもiPhoneを充電することが出来ます。

iPhoneをUSBケーブルで、車のシガーソケットに取り付けたカーチャージャーのUSBポートと接続することで、充電が出来ます。

 

iPhoneの充電の仕組み

ap2018fthg5337_tp_v

 

iPhoneの充電の仕組みは、2段階の作業で行われています。

バッテリー容量およそ0%~80%までは高速で充電(定電流充電方式)

その後は低速に切り替わり、ゆっくり電流を弱めて充電(定電圧充電方式)します。

利便性のために素早くiPhoneを充電し、バッテリーを長持ちさせるためにゆっくり充電しています。

そのため、充電が0%になるまで電池を使い切る必要はなく、劣化を軽減するためにも

0%になる前につぎたし充電をすることで、よりバッテリーを長持ちさせることが出来ます!

 

バッテリー長持ちのコツ

ap2018fthg5227_tp_v

 

ここからは、iPhoneのバッテリーを長持ちさせるコツについてご紹介していきます!

 

♦iOSを最新のバージョンにアップデートする

定期的に配信されているiOSのアップデートには

不具合や問題の改善の他にも、節電のための技術が含まれていることがあります。

そのため、iOSのアップデートの通知が来た際には、更新することをおすすめします!

 

♦極端に温度が高い・低い場所で使用しない

高温の場所(サウナなど)低温の場所(雪山など)などの極端な温度の場所で

使用してしまうとバッテリーはダメージを受けてしまいます。最適な周囲の温度は、およそ16℃~22℃の間です。

特に35℃を超える温度の中での使用は要注意です!

バッテリーの消費が早くなってしまうだけではなく、劣化しやすくなってしまします。

 

♦充電するときは、スマホケースなどを外すほうが良い

iPhoneにケースやカバー、バンパーなどを付けて使用している場合

iPhoneを充電する際は、ケースなどを外して充電を行う方が望ましいとされています。

さらに、金属製など特定の種類のケースを付けたまま充電すると

必要以上にiPhoneが発熱し、バッテリーに影響する可能性があります。

 

♦バッテリーの使用状況を確認して、アプリの設定を見直す

iPhoneのバッテリー使用状況ををチェックして、バッテリーの消費が大きいアプリの設定を見直したり

節電できる低電力モードを利用するなどを駆使することで、バッテリーを長持ちさせることができます!

 

 これであなたも快適なスマホライフ!

ap2018fthg5294_tp_v

 

ここまで、様々な充電方法やバッテリーの仕組み、長持ちのコツをご紹介してきました!

もし、iPhoneが充電ができない!バッテリーの減りが早い!などの、お困り事があれば

ぜひ!一度、スマホスピタル西宮北口店にご来店ください!!!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。