お役立ち情報
SCROLL DOWN

スマホが充電できない

スマホスピタルお役立ち情報 充電器を挿し込んでも反応がない、悪い場合は?

iPhone(アイフォン)で充電の反応が悪い、充電器を挿し込んでも反応しないとご相談を受ける事があります。

経年劣化などで、充電部分の部品が故障してしまうこともありますが

他にも原因があります。

0ew569

一番多いものが充電器の差し込み口にホコリや異物が詰まっているために通電が正しく行われない、接触が悪くなっている場合です。

挿し込み口は凹んでおり、穴になっているのでポケットやカバンなどに入れていると気付かない内に差し込み口にホコリや異物が入り込んでおり

充電器を挿し込むたびに奥に詰まっていきます。

 

徐々に詰まっていくと、奥まで完全に入り込まなくなり接触不良や反応しなくなってしまいます。

壊れていないのに急に接触不良や、反応がない場合はこの可能性が出てきます。

対処方法としては、ピンセットの様な先端が細いもので、ホコリや異物を取り除く事で正常に反応する様になります。

ただ注意点として、取り除く際に、内部の端子を傷つけてしまうと充電口の部品が壊れてしまうので安易にしない方がいいでしょう。

 

もう一つ、よくある事例がお店の充電器で差し込むと問題なく反応する場合です。

普段使われている充電器を使うと反応しないけども、別の充電器で充電すると問題ない。

この場合は、純正以外の充電器を使用しているか使っているライトニングケーブルがダメになっている場合です。

 

純正のライトニングケーブルは耐久性が弱いのか、使っていると内部で断線して通電が悪くなり正しく充電が行われなくなる事もあります。

また、Apple(アップル)の充電器以外を使用していると電圧の微妙な違いで反応しなくなる事が多いです。

今は100円均一などでも購入できますが、純正品以外を使う場合は、Appleの認可を受けている商品にした方がいいです。

 

異物を取り除いても反応がない場合は、部品自体が壊れている可能性が高いので

充電口の交換を行えば改善されることが多いです。

ただ、まれに充電をする機能が何らかの理由により壊れてしまい、部品交換を行っても改善しない事もあります。

 

そして、充電部分が壊れてしまうとデータのバックアップが取れなくなってしまうので

写真や連絡先、アプリゲームなどのデータが残せなくなるので非常に困る事になります。

バックアップを取っている方はほとんどいないので、普段からバックアップを取るように心がけた方がいいでしょう。

充電口の接触が悪い、反応がしないという状態になってしまっても諦めるのはまだ早いです。

待ちの修理店であれば即日で充電口の修理ができる場合がありますのでお気軽のお問い合わせください。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。