お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの珍しい故障について

スマホスピタルお役立ち情報 ずっと充電をしていても起動しない場合!

新しい季節になり、お子さんに昔使っていた機種を持たせるといったお家もあると思います。iPhone5S,SE以降のモデルであれば機種ごとの最新iOSのバージョンを考えるとまだまだ使えると思います。ゲームをメインでやっている方は、iOSのバージョンによってはできなくなってしまう可能性もあると思います。こんな感じで昔使っていたものを再度電源をつける時などに、iPhoneやiPadなどのデバイスをずっと充電していても全く起動しないということはないでしょうか。お客様の中で稀に相談してくださる方がいらっしゃるので、今回は「充電をしても起動しない」についてお伝えできればと思います。

 

充電しても起動しない症状

充電をしても何も表示されない

iPhone,iPadを充電ケーブルに差しても反応がないというご相談があります。画面に何も表示されず真っ暗のままで、充電マークも表示されない場合、修理の内容としては色々なケースがあります。その場合、一つずつ原因となるところを探りながらの修理となるため、時間がかかってしまうことがあります。ただ、店頭の充電器に差したところ問題なく動くというケースがあります。まずは、使っている充電器類を別のものに交換して試してみるのが良いと思います。充電コードとUSB変換器が別々になっているものを使用している方は、それぞれ試してみるのが良いです。iPhoneの場合はパソコンと違い、起動しているかを画面が表示されているかどうかで判断するしかありません。そのため、液晶がダメになっているだけということもあります。充電に関しては、iPhone本体が故障していると断言できるわけではないので、持ち込みの際は普段ご利用されている充電器も一緒にお持ちいただけると助かります。

img_2131

充電器を差しても何も表示されません

原因がわからない場合は、一概にバッテリー交換修理で直るとはいえませんが、原因の一つではあります

 

電池マークが表示されるだけでそこから進まない

ずっと充電をしていても、電池のマークから進まないといった症状もあります。正常に起動しているわけではないので、データを取り出すこともできません。また、電池マークから抜け出したとしてもリンゴループになってしまう可能性もあります。この症状の場合、バッテリーの劣化によるパワー不足が考えられます。よって、新しいバッテリーに交換することでまた使用できるようになる可能性が高いです。

img_2220

こんな感じで、充電マークから進みません

まとめ

電源がつかないといっても、様々な要因があります。逆を言えば、電源が着くことは色々なパーツや条件が重なってついているということになります。その内の1つがダメになってしまったら正常に起動しなくなってしまうので、iPhoneは大事に扱う必要がありますね。何かお困りの際は、お近くのスマホ修理屋さんへご相談いただくことが良いと思います。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。