お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの珍しい故障について

スマホスピタルお役立ち情報 【iPhone カメラ】カメラの映りが悪いときは、交換してみましょう!

成人の日ということで、若い方が多く歩いているかと思いきや、雨のためにそれほどお見掛けしませんでしたね・・・。

雨の日のスマホのご利用は十分ご注意してくださいね!

雨に直に打たれるほか、水たまりに落としてしまって・・・なんてことも起こってしまうかも!

でも、雨の日って水で乱反射した景色、とても綺麗な時もありますよね!

そんな時(決定的瞬間!)はiphoneのカメラでパシャリ!

・・・あれ?

撮影した写真に汚れのようなものが映り込んでいるぞ!?

よく見たら撮影画面にも!?

・・・こんな症状が出てきたら、カメラパーツの交換が必要かもしれませんよ!

 

iPhoneのカメラは、前と後ろの両方がありますよね。

後ろのカメラはバックカメラ(またはリアカメラ)といい、前のカメラはフロントカメラといいます。

バックカメラの映りが悪いときは、まずは背面のカメラレンズが汚れていないか見てみましょう!

レンズが汚れていると、当然映りもきれいじゃなくなりますよ!

また、レンズが割れてヒビが走っていたりしても、光の取り込み具合がおかしくなりますのでご注意くださいね。

レンズが汚れていない、または割れていないとなると、内部に配置されているカメラ本体に汚れやゴミが詰まっていたり、故障していたりすると、写真はもちろん、撮影画面にもその汚れが映り込んでしまいます。

この場合はバックカメラパーツの交換が必要です。

フロントカメラの場合は、同じように前面のディスプレイを綺麗に拭いてみてください。

やはりこちらも、液晶画面がひび割れていて、ちょうどフロントカメラ部分にヒビが走ってしまうと、撮影に支障が出てしまいます。

液晶画面が割れていなかったり汚れてもいない場合は、バックカメラ同様、フロントカメラの交換が必要になります。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。