お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの珍しい故障について

スマホスピタルお役立ち情報 朝起きたらiPhoneの電源が入らなくなっていた…そんな時に試せる対処方法は?

日中iPhoneを使用し、寝る前にiPhoneを充電、その繰り返しかと思います。

そんな時、ふといつものように朝起きてiPhoneを見ると電源が切れていたなんて経験はありませんか?

たまに当店でもご相談をいただく症状になるのですが、昨日の夜まで普通に使えていたのに、朝になると電源が落ちていて更に電源ボタンをいくら押しても電源が入らないなんてことがあるんです。

昨日まで普通に使えていたので「なんで・・・」という感じですよね。

しかも、急にiPhoneが使用できないとなると、連絡を取ることなどもできず、大変困ってしまいます。

では、なんでこんな症状が急に起きてしまうのでしょうか?

iPhoneの電源が急に入らないときに試したい対処方法

急に電源が入らなくなる原因としては以下のことが考えられます。

  • システム的なソフトウェアの不具合によるもの。
  • パーツや基板の破損などによるハードウェアによるもの。

では、急に電源が入らなくなったiPhoneを直すにはどうすればいいのでしょうか。

対処方法をご紹介します。

強制再起動を行う

まず強制再起動を行ってみるのが良いかと思います。

強制再起動の手順は簡単ですが、端末によって異なるので確認してから行うようにしましょう!

以下の手順で強制再起動を行ってください。

iPhone7/7Plus以前の機種

電源ボタンとホームボタンを10秒ほど長押しする

iPhone8以降の機種

音量ボタン(+)を押しすぐに放し、音量ボタン(-)を押してすぐ放し、電源ボタンを長押しす

どの機種も画面にAppleマークが出て、無事起動すれば完了です。

iPhoneを充電してみる

単に充電が無くて電源が入らないということもあります。

いつも通り充電ケーブルを挿していたから充電出来ていると思い込んでいて、実際は充電ケーブルが認識されておらず、充電が出来ていないだけという事例です。

また、充電ケーブルを挿して認識はしているが、一向に充電がたまらないということもあります。

この場合はバッテリーが劣化していると考えられます。

iPhoneを初期化する

上記でもダメなら、最終手段で初期化する方法も残されています。

ですが、初期化するとなると、端末内のすべてのデータが消えてしまう為、必ずバックアップをとっておく必要があります。

この時バックアップを取っていない方に関しては、究極の選択となってしまいますね…

まとめ

いかがでしたか?

上記の強制再起動や初期化などは自分でも行える作業にはなりますが、パーツ破損によるものだった場合は、自分で修理するのは困難だと思います。

そんな時はスマホスピタルまでご相談ください。

当店でしたら、電源が急に入らなくなったiPhoneもデータそのままで即日修理ができるかもしれません。

諦める前に是非ともお問い合わせください。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。