お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの珍しい故障について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneの背面のガラスが割れたらどこで直したらいい?その疑問、修理のプロがお答えします!

iPhonexIMGL6552_TP_V

表側の液晶ガラス割れはよくありますが背面ガラスの割れは修理大変そうなイメージではないですか?

実は背面ガラスの割れはに関しては本体交換しか方法がありません。

今回はその理由や背景について解説していきます!

目次

  1. 1.「iPhoneの背面のガラスが割れてしまったのですが修理が出来ますか?」
  2. 2.修理業者がiPhoneの背面ガラスの修理が出来ない理由とは?
  3. 3.Apple公式サポートではiPhone背面ガラスの修理をしているのか?
  4. 4.Appleに修理に出す時に知っておきたい注意点
  5. 5.Apple以外で他にiPhoneの背面ガラスを修理する方法は?
    1. 5-1.docomoの場合
    2. 5-2.auの場合
    3. 5-3.Softbankの場合
  6. 6.他に修理方法は・・・?
  7. 7.背面ガラスが割れたまま使っているとどんな問題がありますか?
  8. 8.背面ガラスだけじゃなく表側のガラスも割れていたり破損がひどい場合
  9. 9.iPhone背面ガラス修理についてのまとめ

「iPhoneの背面のガラスが割れてしまったのですが修理が出来ますか?」

スマホ修理を取り扱っている修理専門店で長く働いていますが、iPhoneは本体の裏側(背面)もガラスで出来ている機種が多いので背面ガラスも修理できますか?と、さすがに表画面ほどではないですがお問い合わせ頂く事がそこそこ多かったりします。

2017年秋に登場したiPhone8から後に発売されたiPhoneの全機種が本体背面がガラスで出来たつくりになっています。

この記事を書いている時点ではiPhone8の登場から3年以上経っているので、iPhoneユーザーの方の多くは背面がガラスになっているタイプのiPhoneを使っていると思います。

背面ガラスタイプのiPhoneの絶対数が増えているのでこういった修理のお問い合わせの数も年々増えてきているなと感じています・・・

本題のiPhoneの背面ガラスの修理が出来るかどうかという点ですが、修理店ではiPhone背面ガラスの修理は扱っておりません。

というよりも背面ガラスの修理はする事が出来ません・・・

「iPhoneの背面のガラスが割れてしまったんですけど・・・」というご相談やお問い合わせを頂く事は結構多いので、その度にご依頼をお受けする事が出来ずお断りしなければならないので、いつも悔しさや申し訳なさが混じった複雑な気持ちになっています・・・

修理専門店であっても修理が出来ないのには理由があり、iPhoneだからこそとも言えるある事情が関わっています。

とある事情というのはiPhoneの設計上仕方ない部分でもあるので全国にあるすべての修理業者が共通で悩まされているところだったりもします・・・

じゃあ背面ガラスが割れてしまった人はどうしたらいいんだ?何か解決策は無いのか?と思った方もいらっしゃると思います。

ここからは背面ガラスの修理について、そんな方々にぜひ知っていて欲しい知識や解決方法をお伝えしていこうと思います!

修理業者がiPhone背面ガラスの修理が出来ない理由とは?

iphoenx-32_TP_V

先ほど、全国の修理業者共通でiPhoneの背面ガラスの修理をする事が出来ず悩んでいるとお伝えいたしました。

iPhoneの画面の修理が出来るなら背面のガラスも同じように張り替えたりする修理が出来るんじゃないの?というご意見もあります。

割れたガラスを取り換えたりといった事自体は実際にのところ出来なくはないのですが、ある事情によりそのiPhone背面ガラスの修理をする事は出来ないのです。

その理由は、iPhone背面ガラスの裏にプリントされたAppleのリンゴマークが関係しています。

iPhoneの背面側は金属のフレームの上にガラスが接着されている構造となっているのですが、金属フレーム自体に白や黒のカラーや文字があるわけではなく、フレーム自体はいかにも金属といった感じの銀色をしています。

こちらは背面ガラスを取り除いたiPhone。

iPhone背面フレーム

実際に背面のガラスが無い状態だとこんな風に武骨に金属が露出しています。<p>

ガラス自体は透明ですからそのままガラスを張り付けただけだとだと中の金属が透けて見えてしまいます。

そうならない為にiPhone背面のガラスにはその内側に薄い塗膜がプリントされていて、この塗膜が白や黒などの本体の色に合わせたカラーを示しています。

その塗膜にはAppleのリンゴマークが描かれていてこのマークはApple社のロゴであり、Apple社が商標権を持っている知的財産になります。

Apple社の許可なく他社が勝手にこのロゴを使用することは法律違反となってしまいます。

背面ガラスに限らず、商用目的でAppleのロゴが刻印された部品を所持していた修理業者が摘発された・・・なんてニュースは修理業界では毎年聞いたりします。

実はiPhoneの背面ガラスを直す方法はいくつかあって、割れたガラスを剥がして新しいガラスと張り替えたり方法や、あるいはフレームをまるごと別の新しいフレームに取り替える事でガラスも一緒に交換するといった方法で直す事が可能だったりします。

しかし、その修理の際に使用するガラスにAppleのロゴが刻印されているとその部品を所持しているだけでもその業者は摘発される可能性があり、実際に経営者などが逮捕されたりする事例も発生しています・・・

実際に行うと商標権侵害となってしまうといったことから、理論上取り換えすることは可能であるが、この修理は法に触れる内容のためApple以外の修理業者では修理を行う事が出来ません。

というのがiPhoneの背面ガラスの修理が出来ない理由になります。

そのため修理業者に「背面ガラスの修理は出来ますか?」と聞いた時に「背面の修理はやっていない・・・」と難色を示すのが普通の回答でしょう。

その中で「うちで修理出来ますよ」とすぐに答えてしまうような修理業者がもしあった場合には、違法な修理を行っている違法業者の可能性があります。

携帯を預けていたけどその違法業者が摘発されてしまってiPhoneが戻ってこない!なんてトラブルが起きないとは言い切れないので、トラブルに巻き込まれないようお客様には慎重な判断をお勧めいたします。

 

 

Apple公式サポートではiPhone背面ガラスの修理をしているのか?

iPhoneの故障ですから公式のAppleの修理サポートに修理を頼もうという方も多いのではないでしょうか。

残念ながら背面ガラスのみの修理はApple公式の修理でも扱っておりません。

Appleで修理をしてくれないわけではないのですが、”背面ガラスだけの修理”というのをやっていないのです。

こちらをお読みの方の中には、すでにそのようにAppleから案内を受けたという方もいるかもしれませんが、iPhoneの背面ガラスをAppleに修理に出す場合は「その他の修理」という内容での扱いになります。

その他の修理というのは整備品の本体と端末交換する内容です。

新品ではないですが新品のような見た目に整備されたきれいなiPhoneと本体交換という事です。

別の端末との交換なので厳密にいうと修理では無かったりします・・・(^^;

整備品というと聞きなれないですが、これは故障により回収になったiPhoneやiPhoneの部品をAppleの工場にて修理・リサイクルをしたり部品を替えたりして、一つの新しいiPhoneになるように組み立てられた端末のことを整備品と言います。

見た目もキレイで正常に動作する確認の取れているものが整備品として出荷されるので、新品と勘違いする方もいらっしゃると思いますが、その他の修理で本体交換する際に使用されるのは整備品となります。

この「その他の修理」にかかる修理費用は機種やサイズにより異なります。

以下、参考までに

iPhone SE(第二世代)64GBモデルは30400円+税

iPhone 12 64GBモデルでは47800円+税

iPhone 12 mini 64GBモデルでは42800円+税

iPhone 12 Pro Max 128GBモデルでは64800円+税

この様になっています。(2021年2月時点の料金)

ちなみに修理対象の中で一番古いiPhone 5S 16GBモデルでも30400円+税で、新しいSEと同じ値段なので単純に古ければ安くなるといったわけではなさそうですね。

本体交換なので料金はそれなりにかかります。

あとは、購入時にAppleCare+という有償の保証(保証のアップグレード)に加入しているiPhoneの場合は上記のその他の修理の費用が12900円(税込)で修理可能になります。

AppleCare+に加入するには2万円前後の追加料金がかかるため未加入という方が多いかもしれません。

AppleCare+に加入しているかどうかわからないという方は、iPhoneの設定アプリから加入状況を確認するか、Appleのホームページで確認することが出来ます。

設定から確認する場合は設定アプリを開き、「一般」→「情報」とタップして進んだページに保証の有無が記載されています。

「情報」のページには機種名やシリアル番号などが載っていてその少し下に保証内容が記載されています。

AppleCare+の保証に加入されている場合にはここに「AppleCare+」という表記と保証をアップグレードした日から2年後の日付が記載されています。

携帯会社の保証などに加入されている方の中にはここが「AppleCareService」という表記になっている方もいらっしゃいますが、こちらはAppleCare+の料金での修理が可能です。

ここに保証期限切れといった表記がある場合にはAppleCare+には未加入の状態になります。

また、購入から1年以内の方は限定保証という表記で購入日の1年後の日付になっているかと思います。

これは自然故障の場合にのみ適用できる保証になりますので、背面ガラス割れのような自己破損の場合には通常の料金で有償修理になります。

AppleCare+加入状況の確認

この参考画像のように保証期限切れとなっている方でもAppleで修理が出来ないという訳では無く、有償で通常料金での修理が出来ます。

※保証状況を設定から確認する方法はi’OSが古いと表記が無い場合があります。

この他にも、電源の入らない場合などに使える保証加入の確認方法では製品のシリアル番号から確認するという方法があります

上記リンクからiPhoneのシリアル番号を入力する事で保証状況を確認する事が出来ます。

シリアル番号は先程の画像のように設定に記載されているのですが、電源の入らない場合にはiPhoneの入っていた箱の裏面にあるseirialから確認する事が出来ます。

iPhone外箱からシリアル番号を確認

自分ではよく覚えていないけど実はAppleCare+に加入していたといったケースもありますので、是非ご確認ください。

こちらで記載した「その他の修理」にかかる料金はAppleの公式サイトから、サポート→iPhone→修理→その他の修理と進むとご確認いただけます。

 

実際にAppleの修理を受けられる方は以下のページをお読みいただければ参考になるかと思います

↓check

Appleサポート iPhoneの修理サービス(外部リンク)

 


Appleに修理に出す時に知っておきたい注意点

背面ガラスが割れてしまっている場合は「その他の修理」が必要とお伝えしましたが、Appleで実際に修理を依頼しようとしたときに注意しておきたいことがありますので、修理に出したことが無いという方は是非ご一読下さい。

Appleに修理を依頼する場合、修理に出すiPhoneは修理の前にまず”iPhoneを探す”という機能をオフにしてから初期化する必要があります。

AppleIDとそのパスワードが必要になりますので、こちらも把握しておく必要があります。

初期化後はデータが消えてしまいますので、事前にパソコンのiTunesやiCloudを使ったバックアップをしなければなりません。

修理後に手元に戻って来るiPhoneは交換機なので初期化の状態になっています。

初期設定(アクティベーション)を進め、事前にバックアップしていたデータを復元します。

※docomoなどのキャリアメールを使っている方は復元後にキャリアメールの再設定が必要です。各携帯会社のサポートページからメール設定のプロファイルをダウンロードしてiPhoneの設定アプリからプロファイルのインストールを行えば、再びキャリアメールを受信できるようになります。

復元やメール設定が完了すれば以前のように使えるようになります!

簡単に流れを書きましたが、この辺りの操作は不慣れな方からすれば丸一日かかっても上手く出来なかったりする難しいことだと思いますので、ご家族やお知り合いに手伝っていただいたりした方がいい場合もありますね。

この辺りの事前準備の煩雑さがあるのでAppleに修理を出すのはやめて、Apple以外の修理業者などへご依頼する方も多くいらっしゃいます。

背面ガラスの故障の場合は修理業者では扱えない内容なので、ここでまた冒頭のようなご相談に繋がってきたりもします・・・

修理業者によっては初期化の代行やデータバックアップの代行、もしくはそのお手伝いなどのサービスをしてくれる業者も有ったりするので、どうしても自分では出来ないという方は、修理業者へご相談頂くのもいいかもしれませんね。

 

 

Apple以外で他にiPhoneの背面ガラスを修理する方法は?

大手の携帯キャリアごとに保証サービスが用意されているので、保証に加入されている場合はその保証を利用する方がお得になったりする場合があります。

 

docomoの場合

docomoでiPhoneを契約されている方限定の方法ですが、docomo独自で行っている保証オプションの”ケータイ保証サービス”(月額500~1000円)というものを利用する方法があります。

ケータイ保証サービスでは、加入者が保証を利用する事でリフレッシュ品と壊れたiPhoneを交換してもらえるというものです。

リフレッシュ品というのは先程のAppleその他の修理で出てきた整備品とほぼ同じと考えていただいて大丈夫です。

こちらの保証は11000円+税にて利用可能です(年2回制限あり)。

Appleで修理に出すのに比べると、通常の料金はもちろんAppleCare+の料金で交換する場合でも料金がお得に交換する事が出来ます。

また、My docomoからの交換の申し込みをすれば10%の割引が適用され、9900円+税で交換可能となるので加入されている方はこの方法でiPhoneの背面ガラス割れを修理するのがお勧めです。

加入条件はdocomoショップでの購入時か購入から14日以内に申し込みする必要があります。契約期間の制限は無く途中解約が可能です。

 

auの場合

auの保証サービスは故障紛失サポートwith Apple Care Servicesというものがあり、月額709~1190円にてAppleCare+と同様のサービスを受けるというものです。

加入条件はauショップなどでiPhoneを購入した時にのみ加入でき、AppleCare+よりも長い最大4年間までのサポート加入が可能です。

背面ガラスの故障の修理はAppleCare+のその他の修理料金と同じで別途12900円(税込)が掛かります。

これらは一部のauショップを除き、Appleに修理を依頼する事となり、一度auショップに行ったのに修理を受け付けてもらえなくて2度手間になってしまったという話はよく耳にしますのでご注意ください。

修理にかかった費用はauスマートパス(月額372円)・auスマートパスプレミアム(月額499円)会員の方はさらに、修理料金のサポートとして最大10000~11800円相当のPontaポイントが返還されるので、ご利用者様にとっては是非利用したいサービスですね。

 

Softbankの場合

softbankの保証サービスはあんしん保証パックwith AppleCare Services というものがあります。

こちらの保証への加入はiPhoneの購入時にしかできません。

月額料は890~1190円掛かり、故障の際はソフトバンクショップなどでAppleCare+と同様のサービスが利用できます。

簡単に言えばAppleCare+のサービス内容をSoftbankが代行してくれて、その他にもSoftbankのテクニカルサポートもセットになったものです。

保証加入されている方で背面ガラスが割れてしまった場合にはその他の修理同様の12900円(税込)にて端末交換となります。

修理でかかった費用はPayPayボーナスで全額分戻って来るケースもあるようなので、PayPayご利用されている方はかなりお得に修理が出来る可能性があります。

 

 

 

他に修理方法は・・・?

先ほど、修理業者はiPhoneの背面ガラスの修理は違法となるので行わないと述べましたが、一部の業者では修理を受付しているところもあるようです。

また、背面ガラスのAppleのリンゴマークのロゴが刻印されていないまっさらなガラスが張り付けられたバックフレームを使用して画面や中身の基板の移植をする事で修理を行っている業者も存在するようです。

この方法で確かに修理は可能ですがiPhoneは背面が無地になってしまいます。

しかしこういった内容の修理でも、修理費用はある程度高く(相場2~3万円前後)、修理をしてもiPhoneのロゴが無くなり改造品になってしまうので下取りや中古買取が出来なくなるリスクがあります。

不要なトラブルが起きなければ良いのですが・・・・あくまで自己責任・自己判断で修理をするかどうか判断していただければと思います。

 

 

背面ガラスが割れたまま使っているとどんな問題がありますか?

iPhoneの裏側だしそこまで費用が掛かるなら直さなくてもいいかな?という方は結構いらっしゃいます。

背面ガラスが割れたまま使っているとiPhoneを持った時にガラスの破片で指を傷つけたり破片が刺さってしまったりする危険性があります。

気を付けて触ればそこまで指をケガをすることもないと思いますが、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭の方などは特に注意が必要でしょう。

また、背面ガラスの割れがある状態ではiPhoneの気密性が損なわれてしまっているので、水滴が内部に侵入しやすくなります。

キッチンのような水回りでの使用や蒸気や湯気の多いお風呂場での使用は、直接水没させなくてもiPhoneの故障の原因になりますので避けて頂いたほうが良いでしょう。

突然電源がつかなくなったという故障のご相談を頂くことがありますが、実際にわずかな水滴の侵入が原因で故障が起きてしまっているケースがありますのでお気を付け下さい。

お風呂の中で使わない・濡れた手で使用しないといった事を守っていただければ、市販のiPhoneケースに入れて使う事で見た目上の問題や指のケガの問題などを対策することが出来ます。

背面を保護出来ればいいのでケースは粘着剤に貼り付けるようなタイプではなくフレームにはめ込むようなタイプの保護ケースが良いでしょう。

家電量販店などに1000~4000円ほどのケースがたくさん置いてありますので、お好きなものをお探しいただければと思います。

 

 

 

背面ガラスだけじゃなく表側のガラスも割れていたり破損がひどい場合

iPhone背面ガラス割れ

背面のガラスが割れてしまっている方の中にはiPhoneにかなりの破損があって、表面のガラスが割れていたり表示がおかしくなっていたりフレームが変形しているようなケースもあります。

背面ガラスを直すか直さないか、修理に掛けられる予算はいくらか、データのバックアップは可能か、どの程度の故障なのか、保証の加入状況は?、機種変更した方がいいかなど、考慮しなければならない事がたくさんありますね・・・。

まず、Appleの「その他の修理」であったり携帯会社の保証利用によって本体の交換を行うか、あるいは思い切って機種変更してしまうのが一番キレイな状態で今後もiPhoneを使っていく事が出来ると思います。

本体交換であれば他に画面が壊れていたりカメラが壊れていたとしても丸ごと交換されるので、全てを直すことが出来ます。

この本体交換を保証無しで頼もうとすると4~5万円かかってしまう事はざらなので、急にそこまで高い費用をかける事が出来ないといった場合には機種変更或いは別の中古のiPhoneなどを使ってしばらくの間我慢したりということも検討しなければいけないかもしれません。

他には表側のガラスが割れた状態でそのままにして使っていると、雨水が浸水して本体が故障したりタッチパネルの故障や表示不良の問題などが起こりやすくなります。

急にそのような故障にまで悪化してしまうと連絡が取れなくなって困る場面もあると思いますので、出来るだけ早めに修理をする事をお勧めします。

表側の画面の修理であれば一般的な修理業者で修理を対応可能です。

背面側の修理はする事は出来無いので、表側だけになりますが画面を修理してから背面側はケースで保護するというような方法で使う事も出来るので、それであれば保証の無い場合でもある程度費用を抑えつつ修理をする事が出来ます。

iPhoneの機種別に画面の修理にかかる費用は変わってきますが当店でiPhone8の修理をする場合は7500円~行なっています。

他の機種の画面の修理費用については是非こちらのページからご確認ください。

破損箇所が多くていろいろな箇所を修理しなければならない場合にも、ご希望があれば最低限の部分的な修理を進めていく事も可能なので、機種変更をしているけどデータだけ移動させたいといったご希望があればぜひ修理店の方へご相談頂いた方がいいかなと思います。

 

 

 

iPhone背面ガラス修理についてのまとめ

・Appleロゴの商標権の影響で法律上の問題があり、一般の修理業者はiPhone背面ガラスの修理が出来ない。

・Appleへ修理を出すと本体交換(その他の修理)となるので保証未加入の場合は修理費用は高額になる。

・携帯会社での保証オプションに加入している場合も本体交換になるが、AppleCare+の料金よりもお得になる可能性があるので加入状況を一度チェックする事をおススメします。

・背面ガラスを修理する一般業者も存在するがAppleのロゴマークが無くなるなど、修理したiPhone自体が改造品だとすぐにわかるような見た目になってしまうため下取りできない等のリスクを伴い、修理費用もそれなりに高額。※違法修理を行う業者に関わるトラブルに注意しましょう。

・ヒビ割れから水滴が入りやすいので濡れた手で触らない・お風呂の中で使用しないなどを注意しながらであればiPhoneケースに入れて割れているのを隠して使うのも有り。

・破損の範囲や程度によっては機種変更を選んだり、修理業者での部分的な修理をしてデータ救出したりといった事も検討しましょう。

 

これでiPhone背面ガラスの修理に関するお話は以上となります。

背面ガラスといえども一度割れてしまうと悲しい気持ちになりますし、皆さんも落として壊さない様に気をつけましょう!(特に屋外で落とした時に、車の下敷きになったりとかが多いです・・・)

万が一割れてしまったという場合は直すのかどうか、保証利用できるものがあるのかどうかなどをチェックしてみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。