お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの珍しい故障について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneXの残像・焼き付きを防ぐには?対策や直し方ってある?

iPhone 焼き付き

iPhone12シリーズに機種変更を検討されている方にも是非とも知っていたら抱きたい内容を今回ご紹介したいと思います。

それが…

液晶画面の残像や焼き付きです!

iPhoneを長年使用していると、画面表示がずっと残ってしまい、例えばホーム画面がずっと薄っすらと画面上に表示されてしまう症状になります。

今回はiPhoneの液晶画面の残像や焼き付きについてお話しします!

 

有機ELディスプレイを搭載しているiPhoneは残像や焼き付きが起きやすい!?

実は残像や焼き付きはiPhoneX以降の有機ELディスプレイを搭載している機種に多く報告されています。

有機ELディスプレイは熱を発しにくいのでエネルギーロスが少なく、曲げたりなどの加工ができる特徴があります。

通常の液晶ディスプレイとは異なり、バックライトは必要でなく、反応速度も早く、発色が非常に鮮やかになります。

構造もシンプルなため端末の軽薄化にも貢献しています。

ですが!

有機ELディスプレイのウィークポイントなのが画面に不具合が起きやすい、という点になります。

今回ご紹介する残像や焼き付きもその1つになります。

 

iPhoneXの画面で焼き付きが起きる原因って?

疑問

画面を長時間使用していると、画面の焼き付きが起きてしまうことがあります。

背景が白い画面にした際に薄っすらと別の画面の表示がされていたりなどの不具合が起きてしまいます。

例えば、長時間ゲームをしていると、そのゲームの画面が薄っすらと表示されてしまうこともあります。

もちろん起きる確率でいうと低いですが、起きない訳ではありませんので注意が必要です!

有機ELディスプレイはUV照射で劣化するデータもあり、発光層が劣化してしまい黄ばんだ画面になることもあります。

残像や焼き付きが起きてしまったら自然に改善することは困難なので、iPhone12などに機種変更された方は今後のために残像や焼き付きが起きないように対策をする必要があります。

機種変更をされた方は今からご紹介する対策を試してみてくださいね!

 

残像や焼き付きを防ぐには?

iPhone 故障 防ぐには

先ほどもご紹介しましたが、1度iPhoneの画面に残像や焼き付きが起きてしまったら、自然に改善させることは難しいです。

ですが、焼き付きを予防することはできます。

ではその方法をご紹介しますね!

 

画面の自動ロックの時間を短くする

皆さんはこのような経験はありませんか?

iPhoneをスリープ状態にしたつもりが、電源がついていた…

このようなことになってしまうのは、自動ロックを設定されていない方に起きてしまいます。

画面の自動ロックとは、iPhoneを一定時間操作していない状態が続くと自動的にスリープ状態になる機能です。

今ご紹介したようなうっかりスロープにすることを忘れてしまった際には非常に有効です。

 

というのも、iPhoneの焼き付きはホーム画面などの同じ画面を長時間放置してしまうと起こりやすくなります。

なので、長時間同じ画面を表示させないためにも自動ロックを設定した方が良いですね!

設定方法は以下になります。

設定>画面表示と明るさ>自動ロック

で設定できます!

設定時間は30秒~5分の間、もしくは設定しない、という方法があります。

1~3分ぐらいで設定した方がうっかりスロープし忘れたときも安心です!

 

画面の明るさを暗くする

画面が明るくすればするほど焼き付きが起きやすくなってしまいます。

できれば画面の明るさは明るくし過ぎない方が良いですね!

ずっと暗い状態で使うのも見にくかったりすると思うので、自動調整機能をオンにしましょう!

自動調整機能は周りの明るさによってiPhoneの画面を調光してくれるので見にくい、といったことも起きにくいでしょう。

自動調整機能の設定方法は以下になります。

設定>画面表示と明るさ>自動

で設定できます!

 

同じ画面を長時間表示しすぎない

ゲームや動画を良く再生される方は子の焼き付きが起きやすいといわれています。

ゲームや動画は長時間同じ画面を見やすくなります。

例えば動画アプリなどでは動画は変わっても画面の配置や構成が同じだったりすると、その箇所だけ焼き付きが起きてしまうことがあります。

焼き付きを起きにくくするのであれば、動画を全画面で表示させると画面全体が同じになることは少ないのでお勧めです。

長時間画面に同じ表示がされているのが危険なんです!

 

高温に注意する

こちらに関しては有機ELディスプレイのみではなく液晶ディスプレイでもいえることです。

本体が高温になると画面の焼き付きが起きやすくなります。

iPhoneを充電しながら使っていませんか?

ながら充電はiPhoneがかなり発熱してしまうので避けましょう!

 

ダークモードにする

デフォルトでは設定などの背景は白色になります。

ですが、ダークモードをオンにすると、背景を黒くすることができます。

iPhoneXなどの有機ELディスプレイが搭載されているディスプレイはダークモードにすると焼き付きが起きにくくなるだけではなく、消費電力も抑えられるのでお勧めですよ!

設定方法は以下になります。

設定>画面表示と明るさ>ダーク

でダークモードに変更できます。

 

液晶の焼き付きを改善するにはスマホスピタル大阪梅田店で修理がお勧め!

先ほど液晶の残像や焼き付きは自然に改善することはない、とお伝えしましたが、改善する方法ももちろんあります!

それが…

修理をすることです!

正規店で修理をするとなると保証の有無によっては修理料金が高額になってしまったり、データが消去されてしまったりなどがあります。

実際に当店にてお越しいただく方の多くは

データがなくなるのが抵抗があった…

時間がかかると言われた…

画面修理だと思ったらそれ以上の金額になった…

などが多いです。

 

スマホスピタル大阪梅田店でしたら、iPhoneの液晶の焼き付きもデータそのままで最短30分からで修理が可能です!

修理実績グループ累計100万台以上の確かな技術で皆様のiPhoneを修理いたします!

皆様のご来店お待ちしております!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。