お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの珍しい故障について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneのゴーストタッチとは?原因や解決方法を解説

951fd3

スマホを操作していないのに、勝手に画面が操作されてしまう現象を「ゴーストタッチ」と呼びます。突然ゴーストタッチの症状が現れ、スマホが故障したのか気になって検索した人もいるのではないでしょうか。

ゴーストタッチが起きたあと、そのまま放置するのは危険です。ここでは、ゴーストタッチの症状や原因、なぜ症状を放置してはダメなのかをはじめ、解決方法について紹介します。

ゴーストタッチが起きてしまうとどうなるの?

ゴーストタッチ…あまり聞きなじみがに言葉だと思います。ゴーストタッチとは、自分で操作していないのにスマホが勝手に操作されてしまう症状のことを言います。

まるでお化けがいたずらでスマホを操作しているかのようなので、そのように表現されます。例えば、アプリが勝手に起動してしまったり、誰かに通話を勝手に発信してしまったり、画面をスクロールしてしまったり…など症状は様々です。

実はゴーストタッチは様々な場面で起きてしまう可能性があります。皆様も他人ごとではないかもしれませんよ!

最近ではiPhone12miniでもタッチ操作の不具合が起きているようで、ソフトウェアのアップデートで解消される予定だとか…なので、タッチ操作に関するトラブルはスマホを扱う限り起こり得る事象なのです!

では、ゴーストタッチがどのような場面で起きてしまうものなのか、ご紹介したいと思います!

ゴーストタッチはどんな時に起きてしまうの?

スマホのゴーストタッチはどのような時に起きてしまうのか?原因を探っていきたいと思います!

先ほども記述しましたが、スマホのゴーストタッチになる原因は様々です。ここでは代表的なものをご紹介したいと思います!

スマホの画面が故障している場合

非常に多いです。スマホの画面が衝撃や圧力が加わることによって、画面のタッチセンサーが故障してしまう現象です。

多くの場合はスマホを落下させた場合に起きてしまう傾向があるようですね…他にも、水没させてしまったりなどで、水分で画面が故障するケースもあるようです。

ソフトウェアの不具合の場合

sumahosupitaru

先ほども記述しましたが、iPhone12miniを例に挙げると、ソフトウェアの不具合らしいです。

画面のロック解除の際にタッチの誤作動、ゴーストタッチが起きてしまう事象が多発しているようです。

なので、スマホを落下させた記憶もないし、水分に付けた記憶もない…といった方はソフトウェアの不具合に見舞われている可能性があります。

保護フィルムやケースが干渉している場合

実はこちらも多いんです。実際にスマホスピタルにお越しいただいたお客様の中にも、ケースが干渉していることによってゴーストタッチや誤動作が起きてしまっていた事例もございます。

簡単に確認できる事例ではあるので、皆さんもゴーストタッチが起きてしまった際は、ケースが干渉していないか確認してみてくださいね!

ゴーストタッチの放置がNGな理由

ゴーストタッチの症状が現れたあと、とくに不具合がないので放置する人も多いです。しかし、一度ゴーストタッチが起きたスマホでは、次いつ症状が現れるか予想できません。ゴーストタッチを放置することで、以下のようなトラブルが予想されます。

思い通りに操作ができずストレスになる

頻繁にゴーストタッチの症状が起きている場合は、スマホの操作が思うようにできず大きなストレスとなります。

文字入力を行う際にゴーストタッチが起きると、打ちたい文章が入力できず余計な時間がかかってしまうのです。

とくに、仕事でスマホを使っていて業務連絡をメールやメッセンジャーで行うときにゴーストタッチが起きてしまうと、業務に差し障ることも考えられます。

スマホでゲームを行う場合も、プレイ中にゴーストタッチが起きると上手く操作できず、楽しめない原因にもなります。

パスコードの誤入力で操作が不可能になる

iPhoneでは、パスコードを連続で間違えて入力すると、数分間iPhoneを操作できなくなります。操作不能時間は、パスコードを繰り返し間違えていくごとに増加していきます。6回間違えると1分、7回で5分、8回で15分、9回になると60分間は使用できません。

さらに、10回以上間違ったパスコードを入力し続けると「iPhoneは使用できません」という表示とともに、操作できなくなります。こうなってしまうと、iPhoneを初期化するまで使えなくなってしまいます。

ゴーストタッチは、パスコードを勝手に誤入力してしまう可能性があるため、放置するのは危険です。

メッセージの誤送信

ゴーストタッチは、SNSやLINEでも勝手に文字入力されてしまい、誤った内容や文章のまま送信してしまうこともあります。

意味不明な文字が入力されて送信されてしまうため、送られた相手にも迷惑がかかるでしょう。とくに仕事関係の人への誤送信は、不信感へと発展する場合もあるため注意が必要です。

スマホがゴーストタッチになってしまったら解決方法はあるの?

さて、スマホのゴーストタッチについて原因は大まかにご紹介しましたが…実際に皆様のスマホがゴーストタッチになってしまったら、どうすればいいのか?

ここからはゴーストタッチの解決方法をご紹介したいと思います!

スマホケースをチェック!

先ほども記述しましたが、スマホケースが画面に干渉しているとタッチ不良やゴーストタッチが起きてしまうことがあるようです。

特に、画面の淵まで覆っているケースは画面のタッチセンサーまで接触している可能性もあります。

その場合はタッチ操作に影響が出ても不思議ではありません。ゴーストタッチが起きてしまった際のお手軽な解決方法として、まずはスマホケースをチェックしてみましょう!

どうしても、そのスマホケースが良い場合は、アルミホイルをケースとスマホの間にかませるとタッチ不良が起きにくくなるみたいですよ!だまされたと思ってお試しくださいませ!

画面を綺麗に掃除する!

スマホの画面と液晶保護フィルムの間に汚れやゴミが挟まっていると、ゴーストタッチが起きる可能性があります。

汚れやゴミが目視できる場合や、保護フィルムを貼ってから長期間使っている場合は、一度保護フィルムを剥がして画面を綺麗に拭き取りましょう。

柔らかい布で画面を拭いて、新しい保護フィルムに貼り直せば、ゴーストタッチの症状が起きなくなることも多いです。

スマホを再起動してみる!

例えば、スマホの動作が異常に重くなってしまっている場合、操作の反応が遅れてしまうこともあります。

数秒前にした操作が遅れて反応したり…そのような場合は、スマホの負担を軽減させる必要があります。

その手段として、再起動が有効とされています。

機種によって様々ですが、iPhoneであれば、スリーブボタンを長押ししたりで電源を落としてから通常通りに起動させれば問題ないです!

Androidの場合は電源ボタン長押しでシャットダウンさせて、その後起動させればOKです!

スマホを再起動させることによって、スマホにかかる負担が軽減されるのでタッチ不良やゴーストタッチが解決されることもあります!

ソフトウェアのアップデートを行う!

iPhone12miniの件もあり、ソフトウェアの不具合によって、タッチ操作に問題が起きてしまうのも不思議ではないのです!

もし、今までご紹介した解決方法で改善しないのであれば、ソフトウェアアップデートをお勧めします!

iPhone12miniのようにバグの修正がアップデート内容に含まれる可能性もあります!

こちらも機種によって、方法は異なりますが大体は「設定」からアップデート可能ですのでお試しください!

【Android限定】手袋モードを確認する!

Androidの場合は、手袋モードの機能を確認してみましょう。一部の機種には、手袋をしていてもスマホを操作できる「手袋モード」が搭載されています。

この機能がオンになっていると、手以外のものが触れてもタッチパネルが反応してしまうため、ゴーストタッチのような症状が現れるのです。身に覚えがあるときは、設定から手袋モードがオフになっているか確認してみてください。

アプリのアンインストール・起動終了する!

普段からたくさんのアプリを使用している人は、アプリが原因で過負荷になっている可能性があります。

GPSを利用した地図アプリやゲームアプリは、スマホのソフトウェアへの負担が大きいです。

まずは、起動中のアプリを終了させてみましょう。それでも直らない場合は、アプリ内部のデータを削除したり、不要なアプリは削除したりしてスマホへの負担を減らします。

SD・SIMカードを挿し直す!

SDカードやSIMカードの接触不良でも、ゴーストタッチが起こることがあります。接触不良は、見た目ではわからないため、一度これらを抜いて、もう一度挿し直してみましょう。

抜いたときにSDカードやSIMカードの端子をよく見て、ゴミや汚れが付いていないか確認してみてください。

端子部分にゴミや汚れが付着していると、正常に電流が流れず、接触不良の原因になります。

本体の温度を下げる!

スマホ本体に熱を持っている場合は、熱暴走が原因でゴーストタッチが起きているかもしれません。スマホが熱くなっている状態なら、すぐに温度を下げるようにしましょう。

とはいえ、早く温度を下げたいからといって、冷蔵庫で急速に冷やすのはNGです。急激に温度を下げるとスマホ内部に結露が発生して、故障の原因になります。

まずは、スマホのアプリをすべて終了して、スマホの電源をオフにしましょう。その後、スマホケースを外して、涼しい場所で熱を下げます。充電中に発熱している場合は、充電をやめてから電源をオフにするようにしましょう。

どうしてもゴーストタッチが直らない場合は画面交換・修理する

iPhone 修理

ここまでに紹介した解決方法を試しても、ゴーストタッチの症状が発生する場合は、スマホ本体の修理が必要です。

スマホ修理は、Apple公式や正規サービスプロバイダ、民間の修理店などに依頼をして行います。

Appleの保証サービス「Apple Care+」に加入している場合なら、Apple公式で税込3,700円で画面交換修理が可能です。

しかしながら、画面交換修理以外の修理や保証サービスに加入していない場合は、保養にかかる費用が高額になってしまいます。

そのため、保証サービスに加入していない場合や、安価ですぐに修理を終えたいというときには、民間の修理店がおすすめです。

スマホスピタルなら、スマホ修理150万台以上の実績があり、スムーズで安全な修理が可能です。料金は、部品代や作業料などすべて込みの価格を提示しているので、あとで追加料金がかかることはありません。

他店から断られたスマホも、スマホスピタルなら修理できる場合があります。ぜひ一度、スマホスピタルにご相談ください。

お見積りや修理の依頼は、こちらから簡単にお申し込みいただけます。

まとめ

ゴーストタッチの症状は、簡単に解決できる場合とスマホ本体の修理が必要な場合があります。そのまま放置してしまうと思いがけないトラブルにつながるので、早急に原因を探り対処しましょう。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。