お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの珍しい故障について

スマホスピタルお役立ち情報 『iPhoneのストレージに空きがありません』そのままにしておくと大変です!

『ストレージに空きがありません』を放置していませんか?

 

cancanIMGL1583_TP_V

 

『ストレージに空きがありません』

実はこの表示、凄く危険な状態なのをご存じですか?

ストレージとはアイフォンの本体容量の事です。

その本体容量がパンパンになっているときに警告メッセージが表示されます。

ですが、メッセージが表示されてもそのまま使用されている方が非常に多いんです。

いつも通り使えるし大丈夫だと思っていませんか?

そのままにしていると取り返しのつかない事になってしまいますよ…

 

 

ストレージが少なくなってくるとアイフォンに異変が?

 

ストレージがパンパンになってくるとアイフォンに異変がでてきます。

以下のような症状がでてくると注意したほうが良いかもしれませんね。

 

・動作が重たくなってくる

いつもより動作がワンテンポ遅れてきたりするとストレージ容量の関係で処理が遅れている可能性があります。

 

・アプリなどの動作中に落ちてしまう

いつも問題なく使えていたのに、処理落ちしてしまいホーム画面に戻ってしまうことです。

 

・アイフォンが固まってしまう

突然フリーズしてしまって電源を入れなおすと使える。

この症状は一番危険なので、本体のデータを整理してください。

 

ストレージがパンパンにならないようにするには?

 

上記の様な症状にならないためにはどうすればいいのか?

まずは自分の使っているiPhoneの容量を把握しておくことが大切です。

 

あまり使わないと思って容量が小さいものにしていませんか?

実はシステムのバージョンアップを行うだけでも容量は増えていきます。

アップデートのお知らせが定期的に表示されると思うのですが、特に気にせず毎回アップデートしてしまうと知らない間にデータ容量がどんどん増えてしまいます。

一度アップデートしてしまうと元に戻せないので、アップデートする前に本体の容量を確認してください。

 

警告を無視していると…

 

警告メッセージを無視し続けているとどうなるのか?

最終的に容量がパンパンになり内部の処理が追い付かなくなります。

そうなると、データがパンクしてしまい【リンゴループ】になってしまったり【電源が入らなくなる事】があります。

こうなってしまうと正規店でも修理屋さんでも対応ができなくなるんです…

中には改善する場合もありますが、初期化しないと復旧しないパターンがほとんどです…

警告を無視しつづけるとアイフォンの大事なデータが全て消えてしまうんです。

システムエラーが起こると部品の交換で改善することはないので本体の空き容量の把握は大切です。

本体容量の確認方法は

【設定】→【一般】→【iPhoneストレージ】

これで確認できますので、一度確認してみても良いかもしれませんね。

 

 

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。