お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの珍しい故障について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhone6のトラブル!画面真っ暗なのに音は鳴る症状の原因とは?

現在、iPhone6をお使いになっている方で、「故障したのかな…?」と思うような経験をしたことはないでしょうか。

iPhone6の発売が開始されたのは、2014年9月ですので、発売された当初からiPhone6をお使いになっている方は、約6年間お使いになっていることになります。

使用年数が長くなれば、その分トラブルに遭遇することも多いかと思います。今回は、iPhone6のトラブルの中でも、『画面真っ暗なのに音は鳴る』という症状について取り上げます。

画面真っ暗だけど音は鳴るというのは少し怖いですが、実際に起こり得るトラブルですので詳しく見ていきましょう。

 

iPhone6の画面不具合は色々ある!

iPhone6の画面で起こる不具合は、画面真っ暗で音は鳴るという症状以外にも色々あります。

画面真っ暗で音は鳴るという症状を詳しく見ていく前に、iPhone6で起こる画面不具合にはそのようなものがあるのか確認してみましょう。

 

iPhone6の画面が割れる
スマホ 画面割れ

iPhone6に限定されることではありませんが、画面の割れは画面不具合でも典型的なものです。

落として割ってしまうケースが多いかもしれませんね…

部屋の中の床に置いていて踏んづけてしまい、割ってしまったケースもあるあるだと思います。

どんなことが原因で割れてしまったとしても、iPhone6の画面が割れてしまえば、快適さを大きく損なってしまうことになります。

また操作だけでなくガラスの破片でケガをする可能性もあります。よくあるトラブルですが、常に気をつけて扱わなければなりません。

iPhone6の画面の映りが悪い、表示がおかしくなる

iPhone6のガラスが割れてしまうことで、見え方が悪くなってしまいますが、液晶部分までダメージが届いてしまうと画面の映りも悪くなってしまいます。

「映りが悪い」「表示がおかしい」と言っても見え方が悪いのとどう違うのか分かりづらいですよね。

たとえば、次のようなものが画面の映りが悪いと言うことができます。

・画面が歪んで見える
・画面に縦線が入っている
・画面に黒いシミのようなものが見える
・画面がぼやけて白く見える

これは代表的な画面の映りが悪い例ですが、これ以外にも起こります。

いずれにせよ、画面の映りが悪くなってしまうこともiPhone6の画面不具合の一つです。

 

iPhone6の画面が反応しない

画面をタッチしたり、スライドしても操作ができないという不具合も起こります。

画面が割れたことで起こることがありますが、ちょっとしたことでも画面操作が出来なくなることがあります。

画面が汚れている・濡れている、指が乾燥している、保護シートが劣化しているなどを挙げることができます。

iPhone6の画面は常に空気に触れていることもあり、汚れも付着しやすいです。

iPhone6の画面を拭くことや保護シートを交換することで改善が期待できます。

しかし、それ以外にも画面が反応しなくなる原因はあります。

特に多いのはiPhone6を落下させたり、圧力が加わってしまったりすると、画面のタッチセンサーが破損してしまう…

という事例です。

画面割れしていなくても落としたことで基板や液晶部分へ衝撃が加わり、操作できなくなるというケースもあるため注意が必要です。

 

iPhone6の画面が勝手に動く(ゴーストタッチ)

画面が勝手に動く状態のことを“ゴーストタッチ”と呼びますが、聞いたことはありますか?

画面を操作していないにも関わらず、勝手に画面が操作されてしまう。

操作している場所と違う場所が反応してしまうなどのことをゴーストタッチと言います。

ゴーストタッチが起こってしまうと思うように操作することができず不便となります。

自分だけが不便ならともかく、メッセージを作成中に誤って送信されてしまう、通話中に勝手に電話が切れてしまうなど他人にも迷惑をかけてしまうことも想定されます。

iPhone6の画面不具合の中でも厄介なトラブルと言えます。

 

iPhone6の画面が真っ暗で音は鳴るなんてあるの?

iPhone6の画面不具合について上記で見てきましたが、今回のテーマである「画面真っ暗だけど音は鳴る」という症状は本当に起こるのでしょうか?

結論として「画面真っ暗だけど音は鳴る」ということが起こることがあります。

それでは、何が原因で「画面真っ暗、でも音は鳴る」ということが起こるのか、その考えられる原因について見ていきましょう。

 

iPhone6のシステムトラブルが原因

iPhone6のシステムのトラブルによって画面真っ暗だけど音は鳴るという症状が起こることがあります。

たとえば、iOSが古いバージョンのまま使い続けることや個別インストールしているアプリのトラブルによっても引き起こされることがあります。

iPhone6の動作が著しく重たくなってしまったりすると、起きてしまうことがあるようです…

そもそも、冒頭でも記述したようでiPhone6はかなり古めの機種になります。

本体が劣化していてもおかしくないですおかしくないですからね…

 

そういったシステムのトラブルなどは再起動や強制終了などを試すことで改善されるケースもあります。

画面真っ暗ですが、音は鳴るため電源はついていることになるので試してみることはできます。

しかし、再起動、強制終了によって100%復旧するとは限りません。

また、強制終了によってもたらせる不具合も否定できませんので慎重に試してみてください。

 

画面パーツへのダメージが原因
iPhone 画面割れ

 

iPhone6の画面は基板部分とケーブルでつながれています。

iPhone6を落としたことで内部のケーブルが損傷を受けていることやバッテリーが膨張して液晶部分に圧力をかけて画面真っ暗になっている、バッテリーがケーブルにダメージを与えていることが原因で画面真っ暗となっているかもしれません。

もちろん、スピーカー部分に影響がなければ電源は入っている状態ですので、音は鳴ることになります。

そのため、画面真っ暗だけの不具合が起こってしまうのです。

画面真っ暗だけど音は鳴るという症状の原因の一つとして挙げられます。

 

ちなみに…

自己修理で画面修理やバッテリー交換などをされた方で画面のケーブルを断線させてご来店されるお客様も多数いらっしゃるのでご注意ください…

 

 

水没が原因

iPhone6を水没させてしまった時にも、画面真っ暗だけど音は鳴ることがあります。

水没という言葉を聞くと電源がつかなくなる、リンゴループになってしまうという症状を第一にイメージしてしまうかもしれませんが、それだけではありません。

水の影響で画面パーツが損傷してしまい画面真っ暗な状態になってしまうことや基板部分への浸食で画面真っ暗になっているかもしれません。

その結果、画面真っ暗なのに音は鳴るという少し不気味な症状が起こります。

もともと水没は電源がつかなくなったり、リンゴループになるといった深刻な不具合を引き起こすものですが、電源真っ暗だけど音は鳴るという厄介な不具合を招く故障と言えます。

 

iPhone6の「画面真っ暗なのに音は鳴る」を改善しませんか?

iPhone6で画面真っ暗なのに音は鳴るという不具合が起こった時、画面交換修理をすることで改善することができるかもしれません。

もちろん、原因によって対処法は異なりますが、何かしらの原因によって画面パーツにダメージを与えてしまい、画面真っ暗になってしまったのであれば画面交換で復旧する見込みは極めて高いです。

音は鳴ることから画面さえ写るようになって、操作ができるようになれば元通り使用できるようになります。

また、画面真っ暗なのに音は鳴る原因が水没にある場合には、iPhone6の修理を行っているiPhone修理店に持ち込むことで水没復旧修理を行ってもらえるかもしれません。

音は鳴るということは電源がついている状態です。

もし、そのまま放置しておけば水没被害が内部で広がってしまい、電源すらつかなくなってしまうかもしれません。

画面真っ暗なものの、せっかく音は鳴る状態ですので早めに修理に出して、画面真っ暗な状態を改善してもらうことをおすすめします。

スマホスピタル奈良店でしたら画面が真っ暗な状態のiPhoneでも修理可能です!

 

今回は、iPhone6の故障の中で「画面真っ暗なのに音は鳴る」という不具合について取り上げてお伝えしました。

iPhone6の画面トラブルは様々ありますが、画面真っ暗で音は鳴るという症状も画面トラブルの一つです。

画面が真っ暗で使えないなら機種変更をすればいいじゃないか!

と思われるかもしれませんが、データのバックアップを作成していない場合は機種変更をしてiPhoneが使えるようになったとしても、データはなくなってしまいます…

そんな時にスマホスピタル奈良店のことを思い出していただきたいのです!

当店ではデータそのままで即日修理が可能です!

何かお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください!

 

iPhone6で起こる画面真っ暗なのに音は鳴るという症状の原因としては、今回お伝えした3つが原因として考えられます。

もし、画面パーツの故障、水没が原因の場合には修理することで改善されるかもしれません。

スマホスピタル奈良店では、iPhone6の画面真っ暗なのに音は鳴るという不具合を改善することができます。

原因が画面パーツにある場合には画面交換修理、水没が原因の場合には水没復旧修理をそれぞれ行います。

もちろん、水没は100%復旧するとは言い切れませんが、画面真っ暗でも音は鳴るという電源がついている状態は復旧率は高まりますので、まずはお気軽にご相談ください。

みなさまのご利用をお待ちしております。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。