お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの珍しい故障について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneのFaceIDとtouchIDの仕様とは

iPhoneの機能で『FaceID』(顔認証機能)がiPhoneX以降に搭載されました。

今までは『touchID』の指紋認証を使って画面のロックを開けたり、クレジット決済を行う、アプリを取得するなどの方法がとられていました。

その指紋認証機能を顔認証に置き換えることによってさまざまなロックを解いていただける状態になりました。

それぞれメリット、デメリットが存在して使い勝手も変わっています。

今回はこちらについてご紹介をさせていただきます。

 

読み取らなくなる場合は、FaceIDとtouchIDの違い

smartphone_photo_satsuei_man

使っているうちに指紋や顔認証が読み取りにくくなってしまうことがあります。

特に指紋認証機能、こちらに関しては皮膚がめくれてしまったり汚れてしまうことで読み取りに支障をきたしてしまう可能性があります。

汚れに関しては、手洗いを行っていただくと改善しますが皮膚の形が変わることで読み取りできない場合は

もう一度新しい指紋を登録していただく必要があります。

 

その点、顔認証の仕様としては主に骨格と鼻の形を認証することで解除していただける性能を持っています。

コロナウイルスが流行っている今マスクは必需品で常つけているかと思いますが

読み取りできない場合は、一度マスクを外して鼻を出していただければ読み取りしていただくことができます。

 

一度故障してしまうと修復不可!?

dame_woman

故障してしまいますと、これを修繕することはできません。

iPhoneが製造される段階で本体基盤とアクティベートして認証していることもあって別のホームボタンを代用することができない仕組みになっています。

使うことができなくなってしまった場合は、新しい機種に交換していただくほかありません。

 

FaceIDとtouchIDの故障で起きてしまう不具合

iPhone 画面修理

この機能がなくなってしまうことで起きてしまう不具合もあります。

・本体の起動が著しく遅くなる

・リンゴループ発症の可能性

・起動不可状態

主に上げられる症状としてはこれらの症状で本体とアクティベートしていることもあってかなり精密に搭載されているものになります。

FaceIDに関しては、水没が原因で使えなくなってしまうこともよく耳にするもので

これが原因でリンゴループや起動不可の状態になることもあります。

これらの症状に陥るとデータのバックアップを取ることができなくなることもあるので注意が必要です。

 

当店スマホスピタル京橋店では、FaceIDやtouchIDの修理自体はできないですが

中のデータを取り出したり、起動することができる状態に持っていく修繕などの作業も可能です。

心当たりがある方でお悩みでしたら一度当店へお気軽にご相談ください。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。