お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの珍しい故障について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneのカメラのピントが合わない!原因と対処法を詳しく解説

誰でも手軽に写真が撮れるのがメリットのスマホカメラ。

なかでもiPhoneは、誰でも高画質な写真が撮影できると人気があります。

このカメラが使えなくなったり、ピントが合わなくなったりすると不便ですよね?

今回はiPhoneのカメラのピントが合わなくなる原因から、対処法までまとめてご紹介します。

iPhoneのカメラには奇麗に撮影するための機能が搭載されている!

冒頭でiPhoneのカメラは誰でも綺麗な写真が撮影することができるとお話ししましたが、その機能の1つとして自動でピントを合わせる機能があります。

自動でピントを合わせる機能

まずはiPhoneのカメラで正しくピントを合わせられるかを確認しましょう。

iPhoneのカメラでは通常、画面中央にある被写体に自動でピントが合うようになっています。

ピントを合わせたい被写体にピントが合っていない場合は、対象物をタッチするだけでピントを合わせる事が出来ます。

画面をタッチすると黄色の枠が表示されて、ごこにピントが合っているかがわかります。

同時に、タッチした対象物がキレイに映るように明るさも自動で調節されます。

「AE/AFロック」も可能

さらに、ピントを合わせたい箇所を長押しすると「AE/AFロック機能」を使う事が出来ます。

AE/AFロック機能とは、自動で明るさを調節する「AE機能」と、自動でピントを合わせる「オートフォーカス(AF)機能」を合わせたものです。

アナログでは難しいピント合わせと明るさ調節を自動で行ってくれるのです。

長押しした際に、画面上部に「AE/AFロック」と表示されたら、適切な明るさで、ピントが合った状態になっています。

夜景写真や多くの物が映り込む写真を撮影する際に、とくに便利な機能です。

iPhoneカメラのピントが合わないorぼやける原因は?

iPhoneのカメラを正しく操作してみても、カメラのピントが合わない、ぼやけている場合は下記のような原因が考えられます。

  • 被写体に近すぎる
  • レンズが曇っている、汚れている
  • レンズが結露している
  • iOSのトラブル

カメラのピントが合わないまたは、ぼやける原因によって対象方が異なるため、原因を特定することが重要になります。

カメラが被写体に近すぎる

高性能なオートフォーカス機能が搭載されていても、通常のカメラと同様にカメラに被写体が近すぎるとピントを上手く合わせる事ができません。

被写体から20cm以上離して、再度ピントが合うかを確認してみましょう。

レンズが曇っている・汚れている

レンズが汚れていると、霧がかかったようにぼやけたり、ピントが合わなかったりします。

よくあるのが、知らないうちにレンズを触ってしまい、指紋が付いてしまっているケースです。

この場合は、スマホ画面を拭くための専用クリーニングクロスで、汚れをふき取りましょう。

クリーニングクロスが無い場合は、メガネのレンズ拭きなどの柔らかい布でも代用できます。

レンズが結露している

外が寒い日に、暖かい室内の窓ガラスが結露で曇っているのを見たことがあるでしょう。

iPhoneのレンズも、暖かい場所と寒い場所を行き来する間に、結露してしまう場合があります。

外側が曇った場合は拭き取れば解決しますが、内側が結露してしまうケースには注意が必要です。

内側が結露すると、カメラ自体が故障する可能性もあるため、急激な温度変化を避ける事が重要になります。

しかし、温度変化に気を付けていても結露が発生してしまった場合は、ドライヤーの低温や冷風をやさしくあてて結露を飛ばすことで解決できる可能性があります。

また、密封できる袋や容器に、iPhoneと乾燥材を入れて水気を取る方法もあります。

いずれも解決できる保証がある方法ではないため、心配な場合はカメラが故障する前に修理に出しましょう。

iOSのトラブル

iOSを最新のものにアップデートした後に、カメラのピントが合わなくなる事例が報告されています。

反対に、最新のiOSにアップデートしていない場合に、カメラが上手く起動しない事例もあります。

最新のバージョンになっていない場合は、まずはアップデートしてからピントが合わないかをチェックしてみて下さい。

iOSのバージョンが最新の場合は、バックグラウンドで起動しているアプリを全て終了させ、再起動を試してみましょう。

再起動しても直らない場合は、データのバックアップを取った上で、iPhoneを初期化しましょう。

対処してもiPhoneカメラのピントが合わない時は修理を

iPhoneのカメラのピントが合わない時の原因と対処法を、詳しくご紹介してきました。

今回ご紹介した、いずれの対処方を行なってもピントが合わない場合は、カメラが故障している可能性があります。

ピントが合わずに、上手く写真が撮れない場合は、スマホスピタルでの修理を検討しましょう。

スマホスピタルでしたら、データそのままで当日修理が可能です。

カメラのピントが合わない、ぼやけるといった症状でもほとんどの場合は、カメラ交換修理で改善されます。

iPhoneのカメラでお困りでしたらお気軽にお問い合わせください。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。