お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの珍しい故障について

スマホスピタルお役立ち情報 【もしもし?】自分の声が届いてないのは”集音マイク”の故障かも!?

通話中、相手に声が届いていない?それはマイクの故障かも

 

「もしもし。 ……もしもーし?」

相手に自分の声が届いていないようです。

相手の声はしっかり聞こえるのに、自分の声だけが、まったく聞こえていないようです。

 

そんな経験はありませんか?

電波の問題なのか、相手の電話が悪いのか、自分の携帯が故障しているのか、何か原因か考えてしまいますね。

それはもしかしたら、集音マイクの故障かもしれません。

 

集音マイクとは?故障の原因は?

 

集音マイクとはiPhoneの周囲の音をキャッチする機能です。

このマイクが大きく分けて上下2箇所についています。

耳に当てての通話だと、下側のマイクを、

スピーカー通話だと、使用されるのは上側のマイクになります。

今回のようなケースだと、スピーカー通話を試してみて声を拾うようになった場合、下側の集音マイクが原因の可能性が高まります。

そして、このマイクの故障の原因はいくつか考えらえれます。

 

代表的な原因だと、水が入り込んでしまったというケースがあります。

iPhoneの下側面を見てもらうとわかるのですが、どのiPhoneでもマイクとスピーカーのための空気穴が開いています。

ちょっとした水濡れでもこの穴から水が入り込んでしまい、マイクのパーツをショートさせてしまったり、徐々に腐食させたりします。

また、埃の侵入も同様に故障の原因の一つです。

同じく空気穴から細かな埃が入り込み、パーツに付着してショートさせてしまうことが考えられます。

 

iPhoneのマイク修理、実はドックコネクターの交換で改善できます。

 

下側の集音マイクが故障している場合、充電口(ドックコネクター)を交換すると直りますよ(/・ω・)/

「壊れてるのはマイクだけど、なんで充電口なの?」

と思われるかもしれませんが、実はこの充電口のパーツに、マイクが連結しているのです。

そのためマイクだけでなく、充電口や、機種によってはイヤホンジャックも一緒に交換されることになります。

 

なので、もしも集音マイクを交換するとなった場合は、充電口やイヤホンジャックのはめ込み感も変わってしまいますので、その点はご注意くださいませ!

 

また、スピーカーモードでの通話に不都合がある場合は、上側のマイクを交換する必要があります。

その場合はフロントカメラと上側のマイクが連結しているため、フロントカメラ交換をすることで改善する場合があります!!

 

スマホスピタル静岡駅前店ではこういった事例での郵送修理にも対応しております!

マイクのみならず、画面割れやバックカメラの復旧修理なども郵送をして頂ければ対応することが可能です!

 

静岡市内の当店へのご来店が難しいという方には是非、郵送をご活用頂ければと思います!

梅ヶ島方面や井川にお住いの方々、お忙しい方が多いかと思いますので是非ご活用くださいませ!

もちろん県外からもドンドン受け付けておりますよ!

 

ここからは蛇足になります。

つい先日、新しく買ったAirPodsを外して意気揚々とお寿司屋さんの予約を取ろうとしました。

そして通話をしてみるのですが、何故か相手の声が聞こえません。

 

おかしいな~、向こうの電話が壊れているとは考えにくいし……。

こちらのスピーカーが壊れてしまったのでしょうか。それとも何か別の原因でしょうか?

 

などと職業病染みたことを思いながら、15秒ほどが経過したとき、ハッと気が付きました。

 

「まさか!」と思って耳に再びAirPodsを耳にはめ込んでみたら困惑していた店員さんの声が聞こえてきました。

外しただけだったせいか、接続が切れていなかったのです!!

お寿司屋の店員さん、その節はすみませんでした……orz

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。