お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの珍しい故障について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneの背面が割れてしまった時の修理対応方法

iPhoneを使用している時、誰にでも起きがちなトラブルの1つが
「落としてしまう」
ことだと思います。

ただ落としてしまうだけならいいのですが、
落とした挙句に画面や背面が割れてしまうこともあるでしょう。

特にiPhone8以降の端末は背面もガラス製なので、
うっかり落とした際に、画面と一緒に割れてしまうことも考えられます。

画面が割れてしまった際には画面交換修理が出来るのを知っている方は増えてきています。
ですが背面の場合にはどうするのか……?

今回はそんな背面(バックパネル)の交換修理についてご説明をさせて頂きます。

 

バックパネルのみの交換

街の修理屋さんの多くで行われているのが、このiPhoneの「バックパネルのみ」の交換になります。
背面のガラス部分をはぎ取って交換を行う作業で、とても簡易的です。

ですが、非常に強力な粘着で付いており(画面の粘着とは比べ物にならないほど硬いです)、
剥がすのに非常に時間がかかること、
耐水の強度が大幅に落ちること、
そして、剥がす際に別のパーツを傷つけてしまう恐れがあることから、少々リスクが伴います。

その他、iPhoneの本体フレームが歪んでしまっている場合には、
正常に新たなバックパネルを貼りつけられない可能性もあるなどのリスクもあります。

バックパネルが割れるほどの衝撃が加わっている場合には、
本体フレームも歪んでいることが多いので、状況によってはあまりオススメができません。

 

フレーム一体型バックパネルの交換

こちらも街の修理屋さんの一部で行われている「フレーム一体型のバックパネル」交換修理になります。
本体基板や内部の電子部品パーツを全て新しいバックパネルに移植させて頂く作業です。
こちらはバックパネルのみの交換と同様お時間は頂きますが、その代わりに確実な修理となります。

バックパネルのみの交換ですと、
フレームに歪みが起きている場合に貼りつかない可能性がありました。
ですがフレームが元々一体型であれば、リスクは最小限に抑えられます。

耐水強度についても、背面側が接着されている兼ね合いであまり落ちることはありません。

 

iPhone8 背面 修理 iPhone8 背面 修理

 

バックパネル交換全般に言えること

非正規店でバックパネル交換をご希望される場合には、
基本的に背面のリンゴマークや、
iPhoneのロゴは消えて、ほとんど無地の背面となります。

 

iPhone8 背面 修理 iPhone8 背面 修理

そのためリンゴマークやロゴが消えてしまうのが嫌だという方は、
公式での修理をご依頼されるか、街の修理屋さんでの修理後に、公式のケースを購入されることをオススメいたします。

スマホスピタル静岡では、後者のフレーム一体型バックパネルの交換を主に行っておりますので、
お気軽にご相談くださいませ。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。