お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの珍しい故障について

スマホスピタルお役立ち情報 アイフォンの電源ボタンが反応しない……。電源ボタンの代わりの機能をご紹介!【AssistiveTouch】

当店では様々なアイフォンの不具合の修理依頼を承っております。

アイフォンのバッテリーや画面交換、カメラや充電口はもちろんのこと、
実は電源(スリープ)ボタンや音量ボタンの交換も承っております。

今回はそんな電源ボタンについての説明をさせて頂きます。

意外と壊れたとご相談を頂く電源ボタン

アイフォンに限らずスマホの電源ボタンは使用頻度や使用年数によって、
劣化して押せなくなってしまったり、
陥没してしまいやすいパーツになっています。
使用頻度が高いと、劣化しやすいのです。

また、電源ボタンが陥没してしまったのは、
恐らく落としてしまったり、内部のパーツの一部が破損することで
起きてしまうものと考えられます。

そういった症状で電源や音量が上げ下げ出来ないのは不便かと思います。

救世主。Assistive Touch

こういった陥没や反応しない症状については、
基本的に修理を行わない限り直すことができません。
しかし、アイフォンの場合はある方法を使うことで、
代わりの機能を使用することができるようになるのです。

それこそが、AssistiveTouch(アシスティブタッチ)になります。

アイフォンの場合にはこのAssistiveTouchを用いることで、
画面内にホームボタンぐらいの大きさの〇を出現させることができます。

この〇に何かしらの機能を割り振ることが出来て、
その中に電源ボタン(スリープ)や音量の上げ下げも含まれているのです。

「設定」→「アクセシビリティ」→「タッチ」→「AssistiveTouch」

この順番に進むことで”AssistiveTouch“のボタンが出て来ます。
こちらをオンにすると、ホームボタンのような〇が出現します。
この〇を押すと、
ホーム・コントロールセンター・デバイス
……など様々な項目が出てくるかと思います。

こちらが出て来ましたら、「デバイス」を選びます。
すると「画面をロック」「音量を上げる」「音量を下げる」などがあることが分かるかと思います。

これらを活用することで、少々面倒ではあるかと思いますが、
音量変更やスリープを行うことができるようになります。

修理依頼の前の応急処置としても使用することができますし、
アイフォンの機種変更が近い場合には、
このAssistiveTouchだけでもどうにかなるかもしれません。

使い方はそれぞれですし、
AssistiveTouch自体もカスタムすることが可能ですので、
更に利便性を高めることが可能となっています。
そちらについてもいずれ記事で説明させて頂こうかと考えております。

このようにアイフォンには代用機能も存在しますので、
お困りであればまずはお試しください。

また、スマホスピタルでは、
そういった電源ボタンや音量ボタンケーブルの交換修理
承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。