お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの珍しい故障について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneの充電器が奥まで刺さらない時は─iPhoneが充電できず困ったときの対処法

iPhoneやiPadを使っていると、時々、充電ケーブルが刺さりにくいと感じることがあります。

最初は気のせいかなと見過ごしがちですが、その頻度が多いときや、充電ケーブル差し込み口とケーブルの間にどうも隙間がありぐらついているように感じだすと、しっかりと充電ができていないのではないか、何かトラブルがあるのではないかと、不安になります。

万が一にでも充電ができなくなってしまっては一大事です。

そこで今回は、充電ケーブルが奥まで刺さらないその原因と、対処法についてご紹介しましょう。

 

充電ケーブルが奥まで刺さらない主な原因は異物の混入

iPhoneやiPadに充電ケーブルが刺さりづらい、奥まで差し込めない原因としてもっとも疑わしいのが「異物の混入」です。

充電ケーブル差し込み口(ドックコネクター)に知らぬ間にホコリやチリが溜まって、違和感を生じさせるのです。

ホコリもチリも1つ1つは微量ですが、溜まれば異物として十分な存在感を発揮します。

爪楊枝やSIMピン、針金の先など、先の尖ったもので充電ケーブル差し込み口から異物を取り除けばOKです。

自分で行う場合には耳かきの要領で、くれぐれも慎重かつ丁寧に行って下さい。

相手は精密機械ですから、取り除く際には十分な注意が必要です。

万一、手荒に取り除いて内部を傷つけてしまっては、いよいよ充電ができなくなり、そうなるともう専門業者へ依頼するしかありません。

メンテナンスや部品交換で済めばまだ良い方で、最悪の場合には本体ごと修理が必要となります。

チリやホコリなどの異物

私たちの身の回りには目に見えないチリやホコリが浮遊しています。

充電ケーブル差し込み口を密閉でもしない限り、いつしかチリやホコリが混入して、ケーブルがカチッと奥まで差し込めなくなるのです。

いくらこまめにメンテナンスをしていても、チリやホコリを完全に防ぐことはまず不可能でしょう。

充電器を抜き差しするたびに、充電ケーブルに付着したチリやホコリが差し込み口奥深くへと入ってしまうことも考えられます。

「塵も積もれば山となる」と言いますが、まさにそう。

わずかなチリやホコリが奥の方で溜まっていき、徐々に、徐々に、ケーブルを差し込みづらくさせるのです。

充電ケーブル差し込み口の歪み

最初はチリやホコリが原因だったとしても、気づかずに、無理やり抜き差ししているうちに今度は充電ケーブル差し込み口そのものが歪んだり、破損したりしてしまう場合もあります。

また純正以外のケーブルを使い続けていると知らず知らず充電ケーブル差し込み口を傷めてしまう場合もあります。

そのうち充電ケーブルを差し込んでいたにも関わらず、接触不良を招いて反応しなかったり、フル充電するのに通常以上の時間がかかったり、トラブルを生じます。

こうなるともう専門業者にみてもらうしかありません。

状況によっては部品交換だけで済みますが、内部まで損傷している場合には修理が必要となります。

充電器自体が損傷

iPhoneやiPad側の充電ケーブル差し込み口ではなく、充電器自体が損傷してしまっているせいで、奥まで差し込めないこともあります。

充電器も消耗品ですので、買い替えの目安は2年です。

古い充電器を使い続けていると、雑に扱っているつもりはなくてもケーブルとコネクタの接続部分が断線していたり、充電をしながらiPhoneを使用しがちな人は知らぬ間に負荷をかけていたりするものです。

多少値段が上がっても純正機器の購入をお勧めします。

充電ケーブルが奥まで刺さらないときの対処法

 

チリやホコリなど、異物混入が原因で充電ケーブルが奥まで刺さらない場合の対処法は、自分でやるにせよ専門業者に依頼するにせよ、異物を通り除くことです。

何らかの負荷がかかり充電ケーブルの差し込み口が歪んでしまっている場合には自分でなんとかするのは不可能ですから、専門業者に依頼しましょう。

iPhoneの使用年数によっては部品交換と同時に、バッテリー交換を行うのも賢明です。

充電器自体が損傷してしまっている、あるいは経年劣化してしまっている場合には新たな充電器を買い求めましょう。

充電ケーブル差し込み口のトラブルはスマホスピタル新橋までご相談を

いずれの原因にせよ、充電ケーブル差し込み口に何らかのトラブルが生じていることは確かです。

応急処置として自分で差し込み口を軽く掃除してみたり、歪みの確認をしてみたりするのは良いですが、手に負えないと感じたらプロに相談するのが安心ですし、確実です。

現代人はたとえ1日でもiPhoneなしで過ごすなんて考えられませんから、完全に故障して充電ができなくなってしまう前に、早め早めに修理店に相談するのがおすすめです。

スマホスピタル新橋でも、もちろん充電器に関するご相談や充電口の修理を承っております。

グループ全国80店舗以上、修理実績80万台以上の確かな技術で、iPhoneに関するトラブルなんでも解決いたします。

中のデータはそのままに修理を行いますから、バッテリーが切れてしまって電源が入らず、バックアップの取れていないiPhoneもお任せあれ!

iPhoneが充電できずにお困りの方、今すぐスマホスピタル新橋までご相談ください。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。