お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの珍しい故障について

スマホスピタルお役立ち情報 Touch IDがアクティベートされないのはホームボタンの故障なのか【iPhoneの故障事例】

スマホスピタル米子ではiPhoneの

様々な故障を修理してきました。

開店して1年が過ぎましたが、

いろいろな症状の診断をしてきました。

 

今回は中でもこれは珍しいなという

修理の事例を紹介します。

 

ホームボタンの故障の症状

iPhoneで特に好評である機能に

Touch ID」というものがありますね。

ホームボタンに指紋を読み込ませて、

パスコードや、いろいろなパスワードを

指紋認証によって解除できるようになるものです。

 

いちいち入力しなくても、指一本を

ホームボタンに当てるだけでよいので

非常に便利なものです。

 

このTouch IDはiPhoneの

製造工程で、ホームボタンと

基板を一対にさせるので、

もともとついているホームボタン、

もしくは基板が変わってしまうと

Touch IDの機能は使えなくなってしまうのです。

ですので、ホームボタンが故障して

しまって、交換をするということになると

Touch IDは機能として失われてしまいます

 

なぜ、ホームボタンの話をしたのかというと、

時々依頼のある症状で、ボタンとしての

機能は使えるがTouch IDが使えないと

いうことがあるのです。

 

img_0403

このように「Touch IDがアクティベートできません

という表示が。ボタンとしての機能が問題なく

使える場合、考えられる故障は

ホームボタンについているチップか、

ホームボタンとつながっているパーツ

の2つが考えられます。

 

ホームボタンのチップはとても小さいので、

強い衝撃が加わると壊れてしまう

可能性があります。しかし、それ以上に、

他のパーツの故障が原因という可能性があるのです。

 

iPhone5sやSEはホームボタンと

充電口パーツのドックコネクターが繋がっています。

iPhone6、6Plus、6s、6sPlus、

7、7Plus、8、8Plusは液晶画面とつながっています。

ですので、Touch IDがアクティベート

されないときは、ドックコネクターや画面の

交換で症状が直るということが割とあります

 

実際、スマホスピタル米子では、

Touch IDだけが使えない場合は、

ホームボタンが原因ではなく、

繋がっているパーツが原因だった

ということがほとんどでした。

 

いろんなパーツに細いケーブルや

チップがついているiPhone、

思わぬ故障は意外なところが原因であった、

なんてことはあり得ます。

 

スマホスピタル米子はいろいろな

症状の修理をしてきました。

突然の故障に戸惑ってしまうこともあるでしょう。

スタッフにお気軽にご相談ください。

 

スマホスピタル米子は米子市はもちろん、

鳥取市や倉吉市、境港市など色んな地域の

修理依頼を受け付けています。

来店が難しい場合には

郵送修理もご依頼いただけます。

こちらもぜひ活用ください。

 

郵送修理

 

問い合わせフォーム

050-3785-2317

鳥取県米子市旗ヶ崎2021-7(有限会社福井事務機内)

スマホスピタル米子

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。