• TOP
  • お役立ち情報
  • iPhone修理について
  • 原因はバッテリー?充電口?iPhoneの充電できないトラブルの際には当店で調査可能です。起動しないiPhoneはぜひ一度お持ちください!
お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの珍しい故障について

スマホスピタルお役立ち情報 原因はバッテリー?充電口?iPhoneの充電できないトラブルの際には当店で調査可能です。起動しないiPhoneはぜひ一度お持ちください!

しばらく使っていなかった、充電が安定しないといったiPhoneがある時突然起動しなくなってしまうというご相談を頂く事がございます。充電端子の経年劣化によってうまく電気が通らない、バッテリーが完全に動作しなくなっている、液晶画面の突然の故障で画面に何も映らない…等、考えられる原因は様々ですが、今回は空っぽの電池マークは出るものの、充電してもいつまでも起動しないといったケースをご紹介致します。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2021-03-08-18-16-25

一晩おいても充電されていないようです。

当店での原因調査

「iPhoneが起動しない」という場合には、まずパーツ交換で起動するかどうかを調べてみます。今回は画面は表示されているので、新品バッテリーを仮付けして起動を試します。仮付けは、完全に交換はせずに新しいパーツを繋ぐことで、例えば一度本体から完全に外すと再利用に危険が伴うバッテリーを試しにつけてみることで、交換の必要がなかった場合に安全に元に戻すことが出来ます。ただのバッテリー切れの状態であれば新品の充電されたバッテリーをつければ起動します。しかしながら、よく見てみると、充電器を繋いでも充電されないことが確認されました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2021-03-08-18-21-37

充電されていなければ元のバッテリーはいつまでも復活しませんね。

再度仮付けで動作を確認します。

稀にパーツ交換をしても、本体基板の断線や端子の破損などがあると、修理が出来ないという可能性があります。充電はもちろん、iPhoneのほとんどの機種が声を送るマイクが充電口パーツと一緒になっているため、同時にマイクも使えなくなっている可能性もございます。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2021-03-08-19-59-18 %e5%86%99%e7%9c%9f-2021-03-08-20-00-21

パーツ交換によって充電出来るようになりました。

 充電やマイクのテストで問題なければパーツ交換を行いますが、充電口パーツであるドックコネクターは、そのほとんどが本体基板の取外しを必要とする修理になります。そのため、充電口交換が必要だった場合、他の修理に比べると長くお時間を頂く事になります。

最後に

スマホスピタル埼玉川越店では、充電口交換修理はおよそ2~3時間ほどお時間を頂くこともあります。来店時間によっては即日でのお渡しは可能ですが、精密機械の修理となるためより丁寧に作業を行います。スマホの充電が切れてしまったり、手元にないと不安を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、修理の間だけはどうか余裕をもってご来店頂けると幸いです。また当店では必要に応じてバッテリー交換も可能です。充電口が経年劣化で故障するほど長く使っているのであれば、大抵の場合はバッテリーも相当劣化しております。もしそれまで一度もバッテリー交換をお試しされていないのであれば、同時の交換修理でオトクに交換可能です!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。