お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの珍しい故障について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneのカメラレンズに傷が!修理までの応急処置やおすすめの対策をご紹介

image2

iPhoneで撮影をしていたら、ある日突然うまく撮影できなくなってしまった。

なんでだろうと思いカメラをよく見ると、レンズに傷が…!?

iPhoneを持って外出先でカメラ撮影を楽しむ人ほど、こんなトラブルに見舞われること、よくあるのではないでしょうか。

実はiPhoneのカメラレンズの傷は、そのまま放置しておくと撮影だけでなく、その他の機能の異常や本体の故障にも繋がりかねないトラブルなんです。

そこで今回は、iPhoneのカメラレンズに傷が入ってしまった時の修理までの応急処置と、傷を防ぐためのおすすめ対策法をご紹介します。

すぐに修理に行けない…という方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

iPhoneのカメラレンズに傷がつくと困ること

iPhoneのカメラレンズに傷がつくと、不便なことがいくつかあります。

iPhoneのカメラには外側(アウト)カメラと内側(イン)カメラがあり、どちらかが破損しただけでも支障が出てしまうものです。

ここでは、iPhoneのカメラレンズに傷がつくことで、困る場面や機能について見ていきましょう。

写真・動画撮影がうまくできない

傷が入った部分によって異なりますが、カメラレンズに傷が入っていると写真・動画撮影に支障をきたします。

「ピントがうまく合わない」「被写体がぼやけて写ってしまう」など、iPhoneのカメラを普段メインに使用しているととても不便です。

QRコードが読み込めない

iPhoneのカメラ機能は、QRコードの読み込みにも必要になります。

カメラレンズに傷が入っているとうまく読み込めないため、URLの入力が必要になるなどの手間がかかってしまいます。

また、昨今ではキャッシュレス決済でもQRコードの読み取りが必要になることが多く、日常生活のさまざまな場面で困るものです。

Face ID(顔認証)が使用できない

iPhone XやiPhone 11などの機種では、iPhoneのロック解除を顔認証で行えるFace IDという機能があります。

内側カメラに傷が入っているとこの機能が使えなくなるため、パスコードを入力しなければロックが解除できません。

普段Face IDでの解除に慣れている人にとっては、素早くホーム場面を起動できない不便さがあるのではないでしょうか。

 

 

レンズに傷が…!自分でできる応急処置方法は?

image3

iPhoneのカメラレンズに傷が入っていることが分かったら、破損を悪化させないための応急処置を行うことが大切です。

ただし、応急処置をした状態で使い続けるのではなく、傷が悪化する前に早めに修理を依頼する必要があります。

ここでは、傷を悪化させないために自分でできる応急処置の方法について見ていきましょう。

汚れなどを取り除く

ホコリや皮脂などがカメラレンズに付着していると、傷が付いているときと同様に、カメラがぼやけてしまいます。

傷が原因ではない場合、付着した汚れを取り除くことでカメラが正常に機能するようになります。

メガネ拭きやスマホ向けのアルコールシートなどを使用すればOKです。

レンズ周りにホコリが挟まっているようであれば、ピンセットなどで取り除きましょう。

保護フィルムで覆う

市販されているiPhoneのカメラレンズ用保護フィルムを貼ることで、傷が悪化するのを防ぐことができます。

画面の保護フィルムとは別で、市販でカメラレンズ用のものが販売されているので、そちらを活用しましょう。

ただし、完全に症状が直るものではないため、カメラ機能を正常に戻すためには早めに修理に出すことをおすすめします。

セロハンテープやラップで保護する

保護フィルムが無い場合には、セロハンテープやラップで保護する方法もあります。

しかし、この方法はあくまで「割れを防ぐ」ためのものです。

この処置をしておけば使用し続けても問題ない、ということではありませんので注意してください。

また、傷だけでなく割れが確認できるような状態のものは、放置しておくとホコリや水分が侵入して更なる破損をまねく恐れがあります。

水没故障や基盤の破損になると修理費用が高額になり、場合によっては修理ができなくなるため、早めに修理に出すようにしましょう。

 

 

カメラレンズを傷つけないことが大事!事前にできる対策方法とは

image1

カメラレンズに傷がつかないようにするためには、傷がつく前に対策しておくことが大切です。

では、どのようにしてカメラのレンズを傷から守ればいいのでしょうか。

ここからは、自分でできる具体的な対策法について紹介します。

カメラレンズ用の保護フィルムを貼る

画面に貼る保護フィルムと同様に、カメラレンズ用の保護フィルムを貼っておく方法があります。

iPhone 11のように複数のカメラレンズがある機種は、できるだけすべてのレンズに保護フィルムを貼っておくようにしましょう。

保護フィルムは家電量販店やネットで販売されているので、手軽に入手することができます。

カメラレンズ用フレームやケースで守る

カメラレンズ用の保護フィルム以外では、カメラ部分の凹凸を埋めるケースやフレーム(リング)などを使うのもおすすめです。

フィルムを貼ってしまうと場合によっては気泡などが映り込む可能性がありますが、ケースかフレームであればその心配もありません。

ただし、凹凸をなくすことでカメラレンズに対する衝撃から守ることが目的であり、直接の傷には弱いということには注意しておく必要があります。

ポケットやカバンに鍵などと一緒にいれない

iPhoneのカメラレンズは、落下の際に割れてしまうことがあります。

一方で、単純な傷の場合、落としていなくてもついてしまうことがあるため、注意しなければなりません。

とくに、ポケットやカバンの中に鍵・キーホルダーなどと一緒に入れていると、ぶつけたり落としたりしていなくても傷がつく原因になります。

持ち運ぶ際には、同じポケットではなく別の場所に入れるなど、iPhoneに直接接触しないように工夫しておくことが大切です。

 

 

iPhoneのカメラレンズを交換するならスマホスピタル柏へ!

iPhoneのカメラレンズの傷は、放置しておくとホコリや水分の混入により、本体内部が破損してしまうリスクがあります。

小さい傷だから…と放っておくと、気づかないうちに傷が深く広がり、深刻な故障に繋がることも。

iPhoneのカメラレンズについた傷は、気づいた時点でなるべく早く修理に出すことをおすすめします。

スマホスピタル柏ならiPhoneのカメラレンズも当日修理OK

スマホスピタル柏店では、iPhoneのカメラレンズ交換修理を即日最短30分から承っております。

傷以外にも、割れや黒いシミなどの破損、またカメラが起動しないような故障も修理が可能。

中のデータはそのままに修理できるので、バックアップを取っていなくても安心。

グループ全国80店舗以上、修理実績80万件以上を誇る信頼と実績で、iPhoneの旧モデルから最新機種まで、多数のモデルのカメラレンズ修理に対応しています。

iPhoneのカメラレンズの傷の修理は、ぜひスマホスピタル柏店までご相談ください!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。