お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの珍しい故障について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneのマイクが故障?壊れる原因や通話や録音ができないときの対処法を解説

iPhoneのスピーカーとマイクのイメージ写真

「iPhoneで相手の声は聞こえるのに自分の声が届かない」
「iPhoneで動画を撮影しても音が入っていない」

iPhoneを使っていて、こんな症状で困ったことはありませんか?

ほとんどの場合、上記のような症状はiPhoneのマイクの故障が原因です。

今回は、iPhoneのマイクが故障する原因と、通話や録音ができない時の対処法を詳しくご紹介します。

 

 

iPhoneのマイクの機能とは?

iPhoneで通話しているイメージ写真

iPhoneはマイクが音を拾うことによって、通話や動画の撮影、ボイスメモ、Siriなどの機能を使用できます。

iPhoneには、画面側、背面側、底面側と、実に3種類ものマイクがついています。

画面側上部にあるマイクは通話するとき、背面側カメラの横にあるマイクは動画を撮るとき、ライトニングコネクタの横にある底面のマイクはボイスメモを録音するときに使われます。

 

 

iPhoneのマイクが壊れると困ること

iPhoneのマイクが壊れると、通話や動画の撮影、ボイスメモ、Siriの使用ができません。

その中でも最も困るのが、やはり通話でしょう。

110番や119番など緊急の電話がかけたいときや、大事な電話があったときに、通話ができないのはとても不便です。

緊急の際はイヤホンを付けている時間がない可能性もあるため、万が一に備えて早めに修理しておきたいですね。

 

 

iPhoneのマイクが壊れる原因

iPhoneとマイク付きイヤフォンのイメージ写真

iPhoneのマイクが壊れる原因として、主に以下の2つが挙げられます。

衝撃を与えたり水没させてしまった

iPhoneは精密機器であるため衝撃や水没に弱く、落下させたり水に濡らしたりすると思った以上に簡単に壊れてしまいます。

衝撃や水の侵入によってiPhoneの内部が壊れると、マイクの故障はもちろん、様々な故障が現れます。

マイクにほこりやごみがついている

マイクにほこりやごみがついていると、周囲の音を上手く拾えません。

それが原因で、通話や録音に支障をきたすことがあります。

また、イヤホンジャックにごみが詰まっているときも、要注意です。

イヤホンジャックにごみが入っていると、iPhoneがイヤホンと接続していると誤った認識をし、マイクが上手く機能しないことがあります。

 

 

マイクがおかしい?と思ったときの対処法

iPhoneで通話できなかったり録音できなかったりして、iPhoneのマイクがおかしい?と感じた時は、以下の対処法を試してください。

不具合かどうか?確認する

iPhoneのマイクが上手く機能しない原因には、マイクの不具合以外の可能性もあります。

そこでまずは、ケースや保護フィルム、手などでマイク部分をふさいでいないか、確認してください。

また、ボイスメモや通話等マイクを使う操作を一通り試して、どのマイクがおかしいのかも確認しておきましょう。

ごみやほこりを掃除する

音を上手く拾えるよう、iPhoneのマイクの周囲についているごみやほこりは取り除いてください。

掃除するときは、綿棒やエアダスターを使います。

綿棒で汚れをふき取ったり、エアダスターでほこりを飛ばしましょう。

紙や布を使うときは、糸くずが残らない眼鏡拭きのような柔らかい布がおすすめです。

iPhoneを再起動、iOSを更新する

ごみやほこりが原因でないときは、iPhoneの再起動やiOSの更新を試しましょう。

再起動は、iPhoneに異常が起きたときに効果的な対処法です。

マイクに異常を感じたら、まずは再起動してみてください。

問題が深刻でない場合は、再起動するだけで直ることがあります。

また、古いバージョンのままiOSを使っている場合は、不具合が起きやすくなります。

もし古いiOSのままであれば、最新のバージョンに更新してみましょう。

iPhoneの設定を見直す

アプリの使用しているときにマイクが機能しない場合、設定が原因の可能性があります。

設定アプリを開き、「プライバシー」>「マイク」の順でタップしてください。

マイク機能をオンにして、アプリにマイクの使用を許可しましょう。

設定を変更したら、電話やボイスレコーダーなどを使って、音が拾えているか確認してください。

マイク付きイヤホンを使用する

マイク付きイヤホンを使えば、本体のマイクが故障していても、周囲の音を拾うことができます。

ただし、イヤホンについているマイクは音質が悪いものも多いため、とくに動画撮影には向かないでしょう。

あくまで応急的な対応として、修理するまでの一時的な使用に留めたほうが無難です。

 

 

まとめ

ここまでご紹介してきた対処法などを試しても、iPhoneのマイクの調子が悪い場合は、修理が必要な可能性があります。

iPhoneは電話だけでなく動画撮影や音声の録音、Siriを用いた音声操作など、さまざまな場面でマイクを使用します。

ですから、マイクが不調で使えなくなると、iPhoneの持ち味の多くが失われてしまいます。

また、1つのパーツの破損が他の部分の不調につながったり、原因によっては故障が他のパーツに広がる恐れも。

マイクに限らず、iPhoneに物理的な破損が疑われる場合には、なるべく早く修理に出すことをおすすめします。

スマホスピタル池袋ならマイクの修理も即日対応可能です!

スマホスピタル池袋では、iPhoneのマイクの修理を大好評受付中です!

iPhone修理のプロがしっかりと診断の上、原因を特定し、パーツ交換などの修理をさせていただきます。

マイクだけでなく、本体内部の他のパーツにも異常がないかをチェックし、問題がある場合には同時に修理も可能。

画面のガラスや液晶の破損も同時に可能な上、当日中にお返しできます。

スマホスピタルは中のデータそのままに修理するから、バックアップが取れていなくても安心です。

グループ全国80店舗以上、延べ修理件数100万件以上の確かな技術で、旧型のモデルから最新モデルまで、様々なiPhone修理に対応いたします。

iPhoneの故障や異常でお困りの際は、ぜひスマホスピタル池袋までお気軽にお問い合わせください。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。