お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの珍しい故障について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneの画面がブラックアウトした時の原因と対処法を解説!

iPhoneの画面がブラックアウトしたイメージ写真

iPhoneを使っていると、突然iPhoneの画面が真っ暗に…!

「iPhoneの中のデータは大丈夫?」
「これって直るの?」
「もしかしたら買い替えしないといけない?」

…などと不安になってしまうものですよね。

今回は、iPhoneの画面を突然襲う「ブラックアウト」という症状の原因と、対処法についてご紹介します。

もしもの時に慌てないよう、ぜひ参考にしてください。

iPhoneの「ブラックアウト」はどんな症状?

iPhoneの画面が突然真っ暗になった、でも電源は入っているような気がする…。

そんな時は、iPhoneの画面がブラックアウトしている可能性が高いです。

電池切れとブラックアウトは違う

通常、iPhoneの画面が真っ暗になる時といえば、大抵は充電切れが原因です。

しかし充電切れの場合、充電すれば普段通り使えるようになります。

また、充電切れしてすぐであれば、電源ボタンを押すと充電切れのマークが出るので、完全に真っ暗というわけではありません。

一方ブラックアウトが発生すると、画面操作ができない、ボタン類が効かないなどといった症状が出ます。

充電切れとは違い、充電しても使えるようにならないこともあります。

iPhone画面がブラックアウトする6つの原因

iPhoneのトラブルの原因が分からないイメージイラスト

それでは、なぜiPhoneがブラックアウトしてしまうのか、その原因を考えてみましょう。

ただし、ブラックアウトする原因はさまざま考えられます。

心当たりがない場合、むやみに原因を特定しようとすると、データの破損や完全な故障につながる可能性もあるため、注意が必要です。

1.フリーズによって一時的に画面が固まった

iPhoneが一度に処理する作業量を超えてしまうと、画面がフリーズすることがあります。

よくある原因として、アプリが大量に開かれている、ストレージ・メモリの容量がいっぱい、iOSのエラーなどが考えられます。

2.ディスプレイケーブルが外れた・断線した

iPhoneのデバイスと画面は、ディスプレイケーブルによってつながれています。

そのため、このディスプレイケーブルが外れたり、切れたりすると、画面が表示できなくなります。

iPhone内部のトラブルなので、外から確認することはできません。

3.バックライトに問題が発生した

画面を裏から照らすパーツであるバックライトが切れると、画面は真っ暗になってしまいます。

iPhoneの画面は、ガラスパネル・タッチパネル・液晶・バックライトの4層構造になっています。

液晶は自分で発光できないので、表示される情報を見るためにはバックライトが欠かせません。

バックライトの寿命は非常に長く、一般的に交換は不要ですが、落下の衝撃で故障したり、バックライトのICチップが故障したりすると、バックライトが付かなくなります。

4.iOSに問題が発生した

iOSはiPhoneを動かすソフトウェアです。

このiOSに何らかのトラブルが発生すると、さまざまな不具合が発生します。

iPhoneのブラックアウトも、数あるトラブルの中の1つです。

iOSのトラブルが原因だった場合、ブラックアウトと同時にその他のトラブルが発生することもあります。

5.水没・水濡れによって故障した

iPhoneは精密機器で、内部は非常に湿気や水分に弱いものです。

そのため、水没や水濡れがあった場合は、内部に水が入り込んでブラックアウトを起こしてしまいます。

水に落とした記憶がない場合でも、雨や汗、お風呂の湿気などで内部に水分が入り込む場合もあります。

6.落下・衝撃によって故障した・ボディが湾曲した

iPhoneを落としたり、強い衝撃を与えたりすると、内部のパーツが破損したり、iPhone自体が湾曲したりする場合があります。

その結果、パーツ同士の接触が悪くなったり、電気信号が上手く伝わらなくなり、画面が表示できなくなってしまいます。

最初はなんともなくても、時間が経ってから突然画面が点かなくなるケースもあるため、注意が必要です。

iPhoneがブラックアウトしたときに試したい対処法

iPhoneがブラックアウトして困るイメージ写真

iPhoneのブラックアウトは、画面のフリーズまたはiOSに問題がある場合なら、iPhoneを再起動することで症状が改善される場合があります。

なんのトラブルもない中で突然ブラックアウトしてしまった場合は、再起動を試してみましょう。

普通に電源を入れ直す手順で再起動できない場合は、以下の手順で強制再起動することも一つの手です。

【iPhoneを強制再起動する手順】

■iPhone 8以降
(1)ボリュームアップボタンを1回素早く押す
(2)ボリュームダウンボタンを1回素早く押す
(3)電源ボタンを長押しする
(4)電源が切れ、Appleマークが表示されたら放す

■iPhone 7/7 Plus
(1)電源ボタンとボリュームダウンボタンを同時に長押し
(2)電源が切れ、Appleマークが表示されたら放す

■iPhone 6s以前
(1)ホームボタンと電源ボタンを同時に長押し
(2)電源が切れ、Appleマークが表示されたら放す

本体内部に問題がある場合、自力での解決は困難

一方で、その他の原因の場合、自力で修理するのは困難です。

修理店に原因の特定と修理を依頼するようにしましょう。

また、水没・水濡れの可能性がある場合、電源を入れてしまうと状態が悪化する可能性があります。

数日のうちに、雨にぬれたり、お風呂で操作したりといった記憶がある場合は、電源が付くか試したり、再起動を試みるのは控えて、そのまま修理店に持っていくようにしましょう。

まとめ

iPhoneの画面がブラックアウトする症状は、iPhoneの使用に大きな支障をきたします。

外出中にブラックアウトしてしまうと、連絡手段がなくなったりマップの確認ができないなど、困ることばかり。

iPhoneでゲームを楽しむ人にとっても、大きな問題です。

しかし、iPhoneのブラックアウトの症状は、原因の特定が難しい故障の一つ。

水没や本体内部の故障が原因の場合もあり、そうなると自力での対処は困難です。

iPhoneのブラックアウトが頻発すると感じたら、なるべく早く修理店などに相談し、修理することを検討しましょう。

スマホスピタル池袋なら中のデータそのままに即日修理OK!

スマホスピタル池袋では、iPhoneの画面トラブルに関するご相談を大好評受付中です!

iPhone修理のプロがしっかりと症状を診断の上、原因を特定し、適切な修理を行います。

スマホスピタルは中のデータそのままに修理する上、iPhoneの画面交換は最短当日30分で完了。

飛び込み修理にも対応するから、急な故障で今すぐ修理したい!という時でもご利用いただけます。

グループ全国80店舗以上、延べ修理件数100万件以上の確かな技術で、旧型のモデルから最新モデルまで、様々なiPhone修理に対応いたします。

iPhoneの故障や異常でお困りの際は、ぜひスマホスピタル池袋までお気軽にお問い合わせください。

.fa-ctaAdd {text-align:center;padding:0 240px;}
.fa-ctaAdd__tel img {height:auto;}
.fa-ctaAdd__web {margin:20px 0 60px;}
.fa-ctaAdd02 {text-align:center;margin:40px 0;}
.fa-ctaAdd02__tel img {height:auto;}
.fa-ctaAdd03 {text-align:center;margin:40px 0;padding:0 120px;}
@media screen and (max-width: 640px), screen and (max-width: 738px) and (orientation: landscape) {
.fa-ctaAdd {text-align:center;padding:0 7.5%;}
.fa-ctaAdd__web {margin:5% 0 10%;}
.fa-ctaAdd02 {text-align:center;padding:0 7.5%;margin:7.5% 0 5%;}
.fa-ctaAdd03 {text-align:center;margin:7.5% 0;padding:0;}
}

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。