お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone水没修理について

スマホスピタルお役立ち情報 雨の日に外でのスマホ使用は要注意!ハイリスクな行動

こんにちは、スマホスピタル海老名出張所店でございます。いつもお世話になっております!

最近、雨続きで通勤や通学が億劫ですよね。私もその一人です。傘をさしてもリュックが防ぎ切れない!足元で地面から跳ね返ってきた水がズボンを濡らす!それはもう店頭についた時には体力0ですよ!この雨は、いつまで続くんですかね。天気予報を見ても雨マークばっかりです。雨で憂鬱だなと思った時は、雨にうたれて成長している作物を想像して、雨も悪くないと思っています。

普段、外でiPhoneなどのスマホを使用している方は要注意!雨の日の外での使用は水没の危険性が高いです!スマホが雨に濡れてしまうと、デバイス内に水分が侵入してしまい、水没してしまう可能性があります。また、ポケットに入れてる状態でも、水没してしまう可能性があるため、バックやリュックなどの水に濡れないところに入れておくことが一番良いです。一応、今回は、水没が原因で起こる症状についてお伝えさせていただきます!

 

 

水没が原因で起こる症状

電源がつかなくなる

一番多い症状は、電源が付かなくなってしまうことです。iPhoneですと、そもそも電源が入っていないのか、画面についていないだけなのか判断がつきません。また、水没の際には、電源を入れるという行為自体がショートを招く可能性が高いため、やってはいけない行動となっております。水に濡れた後に電源が切れたのであれば、そのままの状態でデバイスを自然乾燥させ、早めに修理屋さんへ持っていくことが大切です。

img_1925

毎度お馴染み電源がつかなくなる症状です

 

リンゴループ

次に多い症状は、りんごのマークから抜け出せなくなってしまうリンゴループです。リンゴループになってしまったデバイスは、コネクタを外すか、パーツの交換でリンゴループから脱出することが可能です。ただし、パーツの交換をしてしまうと、FaceIDが使用できなくなってしまうため、多少不便になってしまいます。FaceIDが使用できなくなってしまうと面倒と感じる方は、水没しないように注意することが最善策だと言えます。

img_1966

水没が原因でリンゴループになる可能性も高いです

 

まとめ

水没してしまったデバイスは、中でサビが発生してしまうため、デバイスの耐久性は格段に落ちてしまいます。スマホは結構良い値段がするのでなるべく長く使用できた方が良いと思います。まずは、水没をしないということを大前提に考えて使用する環境を選択のが良いです。スマホもPC同様に精密機器となりますので、同じ扱いをしましょう!

ちなみに、スマホスピタル海老名出張所店での水没修理はこんな感じで承っております。

http://smahospital.jp/blogs/cat02/13037.html

 

以上、スマホスピタル海老名出張所店でした!最後まで読んでいただきありがとうございます!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。