お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone水没修理について

スマホスピタルお役立ち情報 スマホが水没したら修理店にすぐに持って行った方がいい理由

スマホスグループではスマホやタブレットの水没復旧作業も行っています。

スマホをお風呂、トイレに落としてしまった

風呂場や湿気の多いところで使用していて端末が起動しなくなった。

iPhone水没作業

もしスマホが水没したら?

水没の原因は様々です

水没したスマホの後処理についてはネットやテレビなどで様々な対処法が紹介されています。

乾燥剤と一緒にジップロックに入れる、お米の中に入れる

水の中から取り出してすぐに端末を振り、ドライヤーなどで温める。

様々な方法が紹介されていますが、一概にどれが正解とは言えません。

iPhone水没作業

しいていうなれば、このようなネットで紹介されている方法はどれも共通して内部に入ってしまっている水分を乾燥させることが目的とされています。

確かに、乾燥材や米びつの中に入れることによって、多少の乾燥はできるかもしれませんが

やはり、分解せずに乾燥させるのにはある程度の限界があります。

iPhone水没作業

スマホスピタルでは修理に特化したスタッフが丁寧に本体を分解させていただき、内部基板の洗浄~乾燥作業までを行っております。

やはり内部を完全に確実に乾燥させるには分解し物理的にふき取りなどの作業が必要となります。

上手くいけばその水没復旧作業(洗浄作業)のみで本体が起動するようになる可能性があり修理金額を最安で抑えることが可能となります。

一度水没した端末は内部に水分が入ることにより、基板部分にダメージが加わります。

一度侵入した水分は完全に取り除くことができずその後完全に水分を取り除いたとしてもその後の起動不可などのリスクは戻りません。

あくまでも水没端末の修理は一時的な復旧にしかならず、データを抜き取るのが一番の目的の作業となります。

水没したらするべきことは?

水没後に復旧率を上げるためにできる応急処置としては以下のような作業がございます。

①電源を入れない

内部に水分が入った状態で電源を入れることにより、基板がショートしてしまうリスクが格段に上がってしまいます。

水没後は動くからと言って普通に使用するのはもちろん、可能であれば通電をストップするために電源をすぐに切り

スマホスピタルまでお持ち込みくださいませ!

 

②バックアップをすぐにとる

可能であれば日ごろからこまめにPCやiCloud上にバックアップを取得していただくことによって

万が一の場合でも、データの救出が可能になります。

水没したとしても、少量の水分であれば既存でついている耐水機能によって内部まで水分が浸透していない可能性もございます。

多少のリスクはありますが、水分を乾いたタオルなどでふき取ってからバックアップを取得後、内部に水分が残っているか不安であればそのままスマホスピタルまでお持ち込みくださいませ!

iPhone水没作業

当店では修理前には電源が付かない端末も水没復旧作業後にはデータそのままでお返しすることが可能です。

iPhone以外にもandroidやipadなどの水没復旧作業も対応可能です!

水没でお困りの際はぜひスマホスピタルまで!お待ちしております。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。