お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone水没修理について

スマホスピタルお役立ち情報 コロナ除菌でスマホが水没?!

bitmap

新型コロナウイルスにはまだまだ油断してはいけません。

結構皆さんの気が緩んできているのか、街中にも人があふれています。

マスクや消毒ジェルで自己防衛はもちろん、帰宅したらすぐお風呂に入るなど、家の中にコロナウイルスを持ち込まない取り組みも必要になってきます。

皆様もまだまだ気を付けて不要不急の外出は避けましょう!

スマホにもコロナウイルスが?

最近巷では「スマホにもコロナウイルスが付着している!」とネットニュースになっていました。

実際のところ、スマホはいつでもどこでも触れるものなのでかなり雑菌等が繁殖しやすい場所となっています。

新型コロナウイルスに限らず、空気中で死滅しない菌に関してはスマホの表面上でのびのびと繁殖していると言えます。

それほどスマホは言ってしまえば汚いものなので今回の新型コロナウイルスの件でも「スマホは消毒するべき」との意見が広がっています。

スマホの消毒は有効?

hand_syoudoku_soap

スマホを消毒することは果たして有効なのでしょうか?

もちろん、スマホだけ消毒して自分の手指の消毒を怠っていては新型コロナウイルスの対策とは言えません。

帰宅後、まずは手指の消毒→スマホの消毒→お風呂の順で行えばお家の中にまでコロナウィルスを持ち込む危険性は下がると思います。

新型コロナウイルスは金属の表面上でも3日ほどは生きると言われていますので毎日の帰宅後の消毒は有効だと思います。

スマホの消毒もやりすぎは危険!!

アルコール除菌

さて、本題に戻るのですがなんでもかんでもやりすぎは危険です。

今回の件でも、あまりにも新型コロナウイルスを恐れるあまり過度にスマホを消毒してしまう方がいらっしゃいます。

スマホの消毒は本来、やわらかい布などに除菌スプレーを数回吹きかけ、その布でスマホの表面を拭う程度で良いのです。

ですが、稀にスプレーを直接数回スマホに吹きかけたり・消毒ジェルを塗り込んでしまう方がいらっしゃいます。

非常に危険なのでこのやり方は推奨できません!

現に、スマホの調子が悪いとお持ち込みになる方のなかに身に覚えがないのに水没しているという方がいらっしゃいます。

実は良かれとおもってやっている消毒で自分のスマホを水没させているのです!

除菌スプレーといえど、100%アルコールというわけではなく様々なものが配合されています。

アルコールは揮発するので多少であれば害はないのですが、最近では消毒用エタノールの不足により、殺菌に必要な濃度のエタノールが配合されていないただのスプレーなども出回っています。

アルコール度数が低ければ低いほど完全に揮発するのも難しくなってしまいますのでより水没しやすくなってしまいます。

除菌の際はかならず、直接スマホに吹き付けるのではなく布に一旦吹き付けて、その布で拭うようにしましょう!

万が一調子が悪くなったらスマホスピタルへ!

smaho_staff

「すでに何回か吹き付けてしまっていて、スマホの調子がわるい」という方は、ぜひスマホスピタル第4ビル店へご相談ください!

除菌スプレーの吹き付けで一番多いのが画面のシミです!

スプレーが液晶に染み込んでしまってアルコールのシミを作ってしまうのです。

すぐに何か影響があるわけではありませんが、かなり見づらくなってしまったり、最悪の場合画面が映らなくなってしまう危険性もあります。

アルコールによるシミは水没の際のシミと見分けることが困難なため、正規修理店でも水没扱いになってしまうと思います。

水没扱いでは保証が受けられなかったり、保証が受けられても本体交換になる場合がほとんどです。

本体交換になると、データもなにもない新しい本体が渡されるだけなので自分でデータ移行など全てしないといけません。

また、画面が映らない状態になってしまった端末も本体交換になるのですが、こちらの場合は画面操作ができない為データの取り出しが困難となり本体を渡されてもデータの移行が出来ないケースもあります!

そういう理由でお困りならスマホスピタルがオススメです。

当店では基本的にパーツ交換修理を行っている為、データの初期化などの動作はご希望がない限り一切行いません!

データそのままでの修理をご希望ならスマホスピタルへ!

みなさんもくれぐれもスマホの除菌には注意してくださいね!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。