お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone水没修理について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneの耐水性能は経年劣化で性能が弱まる…

 

iPhoneについているのは【防水】じゃなく【耐水】性能!!

iPhone 水没

iPhoneをお使いの方で結構、思い違いが多いのが【防水性能】が付いていると思っていた…という方。

中には完全防水だと思い防水ケースなどもない丸裸の状態でお風呂で使用したり

海や川などに直接沈めて撮影をしてしまい起動しなくなってしまった…という方も多いのです…。

スマホスピタルでは耐水性能が備わっている端末の修理を預かる際に耐水性能についても案内をさせて頂いて

るのですが、本体自体に耐水加工などがされているわけでは無く本体と画面の間に【耐水シール】

という粘着シールが張り付けされており、画面と本体がしっかり密着して水分が本体の中に入り込みにくくなっています。【水に耐えてくれるよ】という性能ですね。

なので耐えきれない程の水分や充電口、スピーカー部分などから水分が本体内部に入りこんでしまうと水没してしまいます。

 

 

実は経年劣化によりほとんど役割を果たしていないものも…

iPhone 耐水

先ほども書いた通りiPhoneに付いている【耐水性能】とは本体自体に特殊な加工をされているという訳でなく

耐水シールにより保たれています。

バッテリー交換や画面交換などで修理に持ち込まれる耐水性能付きの端末の中には分解をしてみると

ベタベタになってしまいほとんど役割を果たしていないものもあります。

1年2年…3年と長く使用している方は特に水気のある所での使用には注意をしましょう。

 

また、粘着シートの為、修理時に伸びて剥がれてしまいます。もともとある機能なので受付の際にご案内はあるかと思いますが

修理後は耐水性能が低下してしまったり全くなくなっている事もあるのでご注意ください。

また実は本体の初期不良などで正規店で本体交換を行っている端末も中を開けてみると耐水シールが無い事もあります。

本体交換した端末は新品なので耐水機能も変わらずあると思ってしまいますが実は初期不良交換用や修理交換用で製造された端末や

【整備済製品】と言いAppleが修理交換で引き取った本体、整備検査などで不良であった本体を新品同様に整備した端末であったりと

全くの新品という訳ではないのです…。

 

ちなみにスマホスピタルでは修理後 同様の耐水シールをお貼りしてお返しする事もできます!

耐水シールは水分の入り込み以外にも落下の衝撃により画面と本体が外れてしまう【画面外れ防止】やホコリやゴミの侵入を防ぐ【防塵機能】

という役割もありとても重要です。

 

スマホスピタルでは耐水機能のある端末へ耐水シールの貼り付けも出来ますので安心して修理にお持ちください!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。