お役立ち情報

SCROLL DOWN
iPhone水没修理について

iphone、水没した後ドライヤーで乾かすのはアウトです。

暑い日が続いて、今年も本格的に夏らしさがやってきましたね!

きっと海水浴やバーベキューなどのイベントをこれから予定されている方も

もう既に行かれた方もいらっしゃると思いますが、

どこへ出かけるにしても今や必ず持ち運ぶものと言っても過言ではない

iphone。

カメラ機能や電子決済機能がついて、財布ではなく

iphoneひとつ持っていれば大抵のことが済むまで来てしまいました。

しかし便利すぎるが故に、不慮の事故がおきやすいものです。

例えば、海水浴場で海に入れてしまった時、川沿いで水没させてしまった時・・・

一瞬だったとしても精密機器は浸透がしやすく、腐食する可能性が始まったと

いえます。

ただ、今回お伝えしたいのはこれからの夏場、気温があがる日が続くので

適切な方法で水分を弾きださないと、危険物になります。

いわば、小型爆弾を持っているようなものです!

すみません、言い過ぎました。

しかし発火することがあり得るので、危険物になっていることにはまちがいないです。

今回は、水没してしまった時の適切な対処法についてお話していきます。

 

直射日光の当たる場所で乾燥させるな!

いちばん自然な乾燥の方法でありそうな感じがしますが、これからの季節

高温の炎天下の中で日差しのあたる場所で乾燥をさせると

電池の高温化がともない、電池の膨張が発生します。

膨張するとiphoneの表面の液晶ガラスフレームを突き抜け、膨らむこともあります。

油断していると電池も液漏れや爆発などのリスクがあります。

はやめに交換をしなければなりません。

 

ドライヤーで乾かすな!

ひとこと解釈しておきますと、冷風なら問題ありません。

こちらも高温の温風で乾かすと同様に、電池への悪影響が発生します。

水気を飛ばすためには温かい風を当てるのが手っ取り早いのは間違いないのですが、

ただただ、水気を含んだ電池がものすごく危ないのです。

 

では、スマホスピタルでは水没復旧作業どう行っているのか・・・

それは教えられません!(笑)

しかし、水滴や湿り気がある部分は布製のもので拭き取り、

エアダスターなどの高圧扇風で乾かし、

地道な作業を繰り返すことで水没状態から復旧をさせています。

水没復旧はかなりの時間を要する修理になるので、お客様にもお時間をいただくことを

ご理解いただいて取り掛かっております。

 

大切なデータの取り出しやアプリデータの引継ぎのために

取り返しのつかない故障になってしまう前に

スマホスピタルをどうぞご活用ください。

20210630smarphone-doctor
CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。