お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone水没修理について

スマホスピタルお役立ち情報 水没の不具合は時間差でくることも!?

スマホ水没というとトイレやお風呂にドボンっ!と落としてしまうイメージがありませんか?

精密機器の場合実は内部に少しでも水が入ったりすると水没してしまうんです!

気付かない間にスピーカーなどのわずかなすき間から水や液体が入っていて、故障してしまうかもしれません。

iPhoneなどスマホの基板には水没インジケーターと言う白いシールが貼られています。

これに液体が掛かるとピンク色に染まり、水没した事が分かります。

水に落としたわけではなくてもジュースをこぼしたり、雨の中で濡れたまま使ったりしていると内部に水が入るかもしれません。

iPhone7から耐水性があるのはご存知ですか?でもこれは耐水性なので防水ではないんです!!

iPhone7以降はIP67と言って、30分程度の水没であれば耐えられるというものです。

ですが、この耐水性は常温の真水の場合なんです!でも水没する時は常温の真水に落とすことは少ないのではないでしょうか?

お風呂だったり、海やプールだったり、トイレだったり……

そういったお湯や塩素が含まれる水や汚水はスマホにとても悪影響を及ぼします。

iPhone7以降防水だからといって海やプールで使っていたら、電源が付かなくなってしまったというご相談はとても多いです。

中には防水ケースをつけていたのに、いつのまにか中に水が入っていたという方も……。

怖いのが内部に水が浸入していても、すぐには不具合が出ない時です。

水没した事があっても普通に使える場合もございます。ですが水に含まれる不純物によって基板や内部のパーツが腐食してしまい、徐々に不具合が出来ることもございます。

不具合も画面のタッチ操作が効かなくなる、液晶が映らなくなる、音が鳴らない、カメラが映らないなど様々なものが起こる可能性があります。

特に落としたりしたこともなかったのにスマホの調子がおかしい!という時は水没してしまっている可能性も0ではないと思われます。

タッチ操作が効かなくなった時も腐食を取り除いたり基板を洗浄したり、パーツ交換で改善されることもあります。

スマホがおかしい?といったご相談でもお気軽にご来店ください(*^-^*)

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。