お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone水没修理について

スマホスピタルお役立ち情報 お風呂でiPhoneを使用するのはデメリットしかない!?iPhoneのなかで”結露”するってホント?

梅雨の時期ですので、湿気や日差しがあるとかなり暑いですが、雨が降ったりすると少し体が冷えたりしますよね。

自宅で体を温めるためにも湯船にゆっくり浸かる方が多いのではないでしょうか。

個人的にはゆっくり浸かる時には昔から防水のラジオを持ち込んでゆっくりする事が多かったのですが、最近の方はお風呂へiPhoneを持ち込んで使用する方が多いようですね。

テレビでも芸能人の方が「お風呂の過ごし方」の紹介でiPhoneをそのままお風呂に持ち込んでいたり、直近だと声優の女の子が「iPhoneをシャワーで洗っている」とツイートして話題になっていましたね。

お風呂でiPhoneを使用するのはデメリットしかない?

smartphone_ofuro

「iPhoneは防水だから大丈夫~!」

とお風呂にiPhoneを持ち込んでいるそこの方。

実はそれ、ただ単にiPhoneの寿命を縮めているだけなんですよ…。

iPhoneって防水端末じゃないの?

まず皆さんが勘違いしているポイントとしては「iPhoneの防水性能」だと思います。

もちろん現行のiPhoneには耐水機能こそ備わっているものの、やはり完全防水ではありません。

「完全防水=どんな環境・状況でも水による被害を受けない」ということですが、iPhoneの耐水規格であるIP67であれば「常温の水道水でも30分程なら耐えられますよ」という程度の規格です。

そもそも暖かい蒸気で充満しているお風呂場ではその真価を発揮できず、30分以上の水場での使用は想定されていないので、長風呂になればなるほど耐水規格では到底収まらなくなってしまうのです。

「防水ケース」を使用すれば問題ない?

cooking_freezerbag_smartphone

「ジップロックや防水ケースの使用だったらそこまで問題ないのでは…?」

と思ってしまった方。

その考えも実はアウトなんです…

もちろん防水ケースは水を通さない事を前提で作られているものなので、内部への水の”侵入”は防いでくれることでしょう。

ですが今回の問題は「温度」です。

特に夏場の部屋ではクーラーをつけて室温を下げているのではないでしょうか?

この状態で同じ部屋にスマホを置いておくとスマホ内部の温度は下がりがちです。

これはスマホの排熱機能がかなりよくなっているため、使っていなければどうしても内部温度は下がります。

その温度の低下しているスマホを高温になっている浴室へもちこむと、内部で結露が発生してしまうそうです。

これはスマホの内部でも発生する可能性がありますし、防水ケースやジップロックのなかで発生する可能性もあります。

どっちにしろ水没待ったなしの状態になってしまうということですね。

既にiPhoneの調子が悪くなっていたらバックアップを!

%e4%bf%ae%e7%90%86%e3%81%ae%e7%9b%b8%e8%ab%87

ここまで読んでいて「あー!これ全部当てはまる…しかも最近iPhoneの調子が悪い…」とかなりドンピシャで当てはまってしまった方は早急にバックアップを取ってください!

水没してしまっているiPhoneの動作はかなり不安定です。

現状はすこしの不調でもある日突然電源が付かなくなってしまったり、画面の操作ができなくなってしまったりすることも多々あります。

その場合、日頃からこまめにバックアップが取れていればその状態での機種変更でも抵抗なく行う事ができます。

水没でiPhoneが故障したらスマホスピタルで修理!

バックアップが取れていない状態だとどうしてもデータを取り出したいですよね。

そんな時はスマホスピタルへご相談ください!

当店では水没して電源が付かなくなってしまった端末を応急処置的に復旧させることができるかもしれません(; ・`д・´)

ただしあくまで応急処置なので、データが取れ次第機種変更はおすすめしております。

お風呂場ではスマホは持ち込まないようにした方がおすすめですね…

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。