お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone水没修理について

スマホスピタルお役立ち情報 炎天下の中、車にスマホを放置してしまい電源が付かなくなってしまったら…やってはいけない冷却法

今回ご紹介致します事例は夏に「車の中に放置していたスマートフォンが異様に熱くなってしまい電源がつかなくなってしまった」なんてことはございませんか?

これから夏本番というこの時期だからこそこういったトラブルが起こりやすくなっています。車で出かけた時についうっかり車の中にスマホを置き忘れてしまうことってありますよね。

車を止めている場所にもよるのですが、最悪の場合、直射日光による車内の気温上昇によりスマホ内部の基板やバッテリーが熱せられオーバーヒート状態になってしまう事があるのです。そうなってしまうと最悪電源が付かなくなってしまったなんてことにも…。

スマホが熱せられてしまった際には基本的に触らずそのまま自然に温度が下がるのを待つのが一番なのですが、今回は車の中に放置して熱くなってしまったスマホの冷ます際に起こってしまいがちな間違いをご紹介させていただきます!

まずスマホが熱くなってしまい冷やさなきゃ!と保冷剤をあててみたり冷蔵庫に入れるなんて方がいるかもしれません。

ちょっとまった!

保冷剤をあてたり冷蔵庫に入れてしまうのはスマホにとって非常に危険です!冬の季節を想像していただければ分かりやすいと思いますが内部の気温が暑く外の気温が冷たい場合窓などに結露が出来てしまった経験はございませんか?

これと全く同じ症状がスマホの内部で起こってしまうのです。スマホ内部で熱せられていた空気は冷蔵庫や保冷剤を当てることによって急激に冷やされ水蒸気となってスマホ本体内部の中に水滴を作ってしまうのです。

そうなるとその水滴が基板に触れ電源を入れたときにショートを起こしてしまう可能性があるのです!そうなると水につけてもいないのにショートを起こしてしまいデータの取出しができなくなってしまうかもしれません。

ですが、そんな時はスマホスピタル博多駅前店にお任せくださいませ♪当店では水没してしまった携帯の基板洗浄をはじめ壊れてしまった部品の各種交換をすることが出来ますので電源がつかなくなってしまったスマホのデータを復旧する事ができるのです。(スマホの状態によっては復旧できないこともありますので予めご了承くださいませ)

その他スマホスピタル博多駅前店では海に落とされてしまった携帯や飲み物がかかってしまい電源が付かなくなってしまったスマホの水没復旧修理をさせて頂いておりますのでぜひお気軽にスマホスピタル博多駅前店までご来店くださいませ!

スマホスピタル博多店では

安心・安全、確かな技術でiPhoneやiPadの修理を行っております。

他にもXperia GALAXY NEXUS、 Nintendo3DS PSP PSVITAの修理も承っております。

ぜひお気軽にご相談くださいませ。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。