お役立ち情報
SCROLL DOWN

Nintendo Switch

スマホスピタルお役立ち情報 Switchが充電できない場合の原因と対策|正しい充電方法も解説

Nintendo Switchが充電できない場合は、修理に出す前にさまざまな原因を疑ってみることが大切です。修理に出さなくても、自分で対処できたり改善できたりする場合があるためです。ただし、原因を調べて対処法を試しても解決できなかったら、修理に出すのがおすすめです。

本記事では、Nintendo Switchが充電できないときに考えられる原因や、自分でできる対処法を詳しく解説します。Nintendo Switchユーザーの方は覚えておいて損はありません。ぜひ、最後まで読んでみてください。

Nintendo Switchが充電できない原因と対処方法

Nintendo Switchが充電できない原因と対処方法を紹介します。充電できない場合、正しく原因を特定して、適切な対処方法を実施できるようにしましょう。

1.本体がフリーズしている

Nintendo Switch本体がフリーズしているのが原因で、充電できない場合があります。操作を受け付けなかったり、画面の表示が変わらなかったりする場合は、フリーズしている可能性が考えられます。

フリーズした場合に効果的な対処方法は、Nintendo Switch本体の再起動です。

まず本体の電源ボタンを12秒以上押して、電源をオフにしてください。電源が完全に切れたことを確認したら、再度電源をオンにして、充電できるか確認します。

2.ACアダプターがしっかり入っていない

ACアダプターがコンセントにしっかり差し込まれていないことが原因で、充電できない場合もあります。そのため、ACアダプターがコンセントにしっかり差し込まれているか確認しましょう。

見て確認するだけではわからない場合もあるため、差し込み直すのがおすすめです。

ACアダプターの差し込み具合を再確認するために、一度コンセントからACアダプターを抜いて20秒ほど待ってからあらためて差し直してみてください。その後、充電できるか確認します。

3.タコ足配線を使っている

Nintendo Switchに限らず、タコ足配線になっているとうまく充電できない場合があります。タコ足配線とは、テーブルタップなどを使ってひとつのコンセントから複数の機器に電力を供給する接続状態のことです。テーブルタップにまた別のテーブルタップを取り付けて、接続口を増やしている状態もタコ足配線です。

テーブルタップは使用できる電力容量が決まっています。あまりにも多くの機器を接続するとその容量を超えてしまい、その結果、充電できなくなることがあります。

タコ足配線をしているなら、ACアダプターを直接コンセントに差し込んでみましょう。その後Nintendo Switchを再起動するだけで充電できるようになる可能性があります。

4.適切なACアダプターを使っていない

Nintendo Switchの充電用として適切なACアダプターを使用しているか確認してください。Nintendo Switchの充電には、Nintendo Switch ACアダプター(型番:HAC-002JPN) を使う必要があります。それ以外のACアダプターを使用すると充電できません。

また、他社のACアダプターを使用して充電するのはNG行為です。コントローラーに付属しているUSBケーブル(型番:HAC-010) も、Nintendo Switch本体の充電には適していないため注意が必要です。

※定格出力は「5.0V/1.5A」と「15.0V/2.6A」の2系統があります、(2019年モデルまで)見た目がUSB-Cからといっても左記の出力を満たしていないと充電がされません。
また逆にSwitch用の充電アダプターでスマホやタブレットを充電してしまうと異常をきたしてしまう場合があるので任天堂公式充電アダプターもしくは出力が
調整されたサードパーティ製アダプターを推奨いたします。

5.ACアダプターとドックが接続されていない

ACアダプターとドックの接続に問題があって、充電できない場合があります。ドックには、ACアダプターを差し込むための端子を含めて、3つの端子があります。ACアダプターを接続するのは、一番上の「AC ADAPTER」と表示されている端子です。間違った端子に接続すると充電はできません。

ACアダプターがドックの正しい端子に接続されているか、確認してください。また、Nintendo Switch本体をドックにセットする場合は、本体にカバーなどを取り付けていないかも確認してください。カバーを取り付けている場合は、外してからドックにセットし直します。

6.バッテリーが劣化している

Nintendo SwitchやACアダプターなどに異常がなく、接続も正しいのに充電できない場合は、バッテリーの劣化や故障が疑われます。バッテリーは使用期間や使用回数に比例して劣化していき、徐々に充電できなくなっていきます。

電池の減り方が早くなったり、充電の最大容量が減ったりするのも、バッテリーの劣化に伴う症状です。特に充電しながらのプレイは、バッテリーの劣化を早めてしまうため注意が必要です。劣化したバッテリーをもとに戻すことはできません。そのため、新しいバッテリーに交換する必要があります。

Nintendo Switchの正しい充電方法を知っておこう

先述したように、Nintendo Switchが充電できない原因として、正しいドックに接続されていないなど「正しい充電」ができていないケースがあります。そのため、まずはゲームを快適にプレイするためにも、Nintendo Switchの正しい充電方法を知っておきましょう。もう知っているという方も、本当に正しい方法を知っているか、確認のため読んでみてください。

本体を充電する方法

Nintendo Switchには3通りの充電方法があります。ここからは、それぞれの方法や注意点を解説します。

ドックに差し込む

Nintendo Switchに付属しているACアダプターとドックを接続したうえで、本体をドックに差し込みます。なお、Nintendo Switch Liteはドックに差し込んで充電することはできません。ドックで充電できるのはNintendo Switch(型番:HAC-001)とNintendo Switch有機ELモデル(型番:HEG-001)のみです。

接続がプレイモードによって異なることにも注意が必要です。Nintendo SwitchにはTVモード、テーブルモード、携帯モードの3つのプレイモードがありますが、モードに応じて正しく接続してください。

ACアダプターを本体と接続する

ACアダプターで充電する場合は、本体付属のACアダプター(型番:HAC-002JPN)を、本体に接続するだけです。本体の端子にしっかり差し込んで接続してください。充電できないときは、ACアダプターがコンセントにしっかり差し込まれているかも確認します。

タコ足配線をしていると、しっかり差し込まれていても充電できないときがあるため注意が必要です。その場合は、ACアダプターを直接コンセントに差し込んで充電できるか試してください。

充電スタンドを使う

別売りの充電スタンドを使って充電する場合は、充電スタンドとACアダプターを接続したうえで、スタンドにNintendo Switch本体を差し込みます。充電スタンドはスタンド部分を広げて、テーブルの上など平らな場所に設置して使ってください。スタンド部分の広げる加減で、画面の角度を調節可能です。

充電スタンドのスタンド部分を調節している際、外れてしまうことがあります。もし、スタンド部分が外れてしまった場合は、充電スタンドの可動部分をもとに戻して、スタンド本体の接続部分とスタンド部分の接続部分をあわせます。その状態で、カチッと音がするまで押し込んでください。

Joy-Conを充電する方法

Nintendo Switch本体だけではなく、Joy-Conも動作するためには充電が必要です。ここでは、Joy-Conの充電方法を3つ紹介します。

Nintendo Switch本体に接続する

充電中のNintendo Switch本体に接続すると、Joy-Conも同時に充電できます。なお、本体の電源がオンで充電状態ではない場合は、Joy-Conのバッテリー容量が少ないときだけ充電されます。本体の電源がオフになっている場合は、接続してもJoy-Conは充電されません。

Joy-Conは、Nintendo Switch本体の左右に接続します。この際、Joy-Conの正しい向きになっているか確認したうえで、本体のレールに沿って、下に向かってカチッと音がするまで差し込む必要があります。なお、Nintendo Switch Liteは、Joy-Conを接続できません。

Joy-Con充電グリップに接続する

別売りのJoy-Con充電グリップをJoy-Conに取り付けて、充電することも可能です。Joy-Con充電グリップで充電する場合は、USB充電ケーブルでドックに接続する方法とACアダプターに接続する方法の2種類があります。

USB充電ケーブルをドックに接続して充電する場合は、ドックにACアダプターを接続しておく必要があります。また、USB充電ケーブルは、別売りのニンテンドーUSB ACアダプターに接続して充電することも可能です。USB充電ケーブルは、Joy-Con充電グリップに付属しています。

Joy-Con拡張バッテリーに接続する

乾電池式のJoy-Con拡張バッテリーを接続すると、Nintendo Switchを乾電池から充電しながら遊べます。取り付ける際は、Joy-ConとJoy-Con拡張バッテリーのプラスとマイナスのマークで左右を確認します。プラスマークが付いているのが右、マイナスマークが付いているのが左です。

レールに沿って、カチッという音がするまでJoy-Conをスライドさせて取り付けます。取り付け後、Joy-Conが外れないことを確認してください。正しくセットできると、乾電池から充電が開始されます。充電の開始は、Joy-Con拡張バッテリーの充電ランプがオレンジ色に点灯することで確認できます。

Nintendo Switch Proコントローラーを充電する方法

Nintendo SwitchにNintendo Switch Proコントローラーを接続して、ゲームを楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。ここからは、Nintendo Switch Proコントローラーの充電方法を解説します。

USB充電ケーブルを使う

Nintendo Switch本体に付属しているACアダプター(型番:HAC-002JPN)を接続したドック(型番:HEG-007)/(型番:HAC-007)にUSB充電ケーブルを接続することによって、充電できます。別売りのニンテンドーUSB ACアダプターを使えば、ドックを使わずに充電することも可能です。

ニンテンドーUSB ACアダプターは、USBケーブルの接続口とコンセントの差し込みプラグが付いている小型の機器です。Joy-Con充電グリップとニンテンドーUSB ACアダプターがあれば、Joy-Conの充電もできます。

ACアダプターを直接つなげる

本体に付属しているACアダプター(型番:HAC-002JPN)を直接、Nintendo Switch Proコントローラーに接続して充電することも可能です。

なお、フル充電するためには約6時間かかります。バッテリーの残量は、HOMEメニューの「コントローラー」で確認できます。

「正しい充電」でも改善しない場合は故障の可能性が高い

正しく接続して注意点も確認したのに充電できないときは、Nintendo Switch自体の故障が疑われます。たとえば、充電口が故障していたら、ゲームプレイには支障がなくても、充電はできません。充電器の角度によって充電できたり、充電できなかったりする場合は、充電口の故障が強く疑われます。

また、充電口を目視してピンが折れていたら、それが原因で充電できていない可能性が高いです。目視ではわかりませんが、内部でショートが起きている場合もあります。充電口の故障を自分で修理するのは難しいため、おすすめできません。専門の業者に修理を依頼するのがおすすめです。

Nintendo Switchが充電できない際の修理依頼先

Nintendo Switchが充電できないときの修理依頼先を紹介します。製造元の任天堂はもちろん、ほかにも修理を依頼できる業者があります。それぞれの特徴やメリット、デメリットを把握して、どこに修理を依頼するか決めてください。

任天堂サービスセンター

メーカー保証期間内でしたら、任天堂サービスセンターに依頼するのがおすすめです。保証期間内でも、保証書がないと有償修理になってしまうため注意しましょう。Nintendo Switchの保証書は、外箱の底面に印字されています。保証書が印字されていることに気づかないまま、箱を捨てないように注意してください。

任天堂サービスセンターでの修理は、Nintendo Switchを郵送する必要があります。修理に要する期間に加えて、郵送される期間もかかることを計算しておきましょう。保証期間外でも、有償にはなってしまいますが、任天堂サービスセンターに修理を依頼できます。修理料金の相場は、公式サイトで確認可能です。

延長保証に入っている量販店

もし、量販店の延長保証に入っている場合は、そのお店に持っていくのがおすすめです。有名大型量販店のなかには、延長保証サービスを提供しているところも珍しくありません。延長期間やサービス内容は量販店によって異なります。多くの場合、量販店の延長保証サービスは有料です。

もともと、Nintendo Switchには1年間のメーカー保証がついています。そのため、購入から1年以内でしたら、初期不良や自然故障に対して無償で修理や交換などのサービスを受けられます。有料でも保証期間を延長したい場合は、量販店の延長保証サービスを検討するとよいでしょう。

Nintendo Switch取り扱いの専門業者

任天堂サービスセンターでの修理は、時間がかかるのがデメリットです。そのため、早く修理したい場合は、最寄りのNintendo Switch取り扱い専門業者に修理を依頼するのがおすすめです。Nintendo Switchの修理を受け付けている業者は数多くありますが、信頼できる業者に依頼する必要があります。

スマホスピタルは、リーズナブルな価格設定で高品質な修理サービスを提供している専門業者です。スマホだけではなくゲーム機の修理サービスも行っています。Switchの故障修理やバッテリー交換は最短即日から対応可能です。Nintendo Switchの修理時間は、最短30分からとなっています。

お見積りやご相談だけの受け付けも可能です。Nintendo Switchの故障や不具合でお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

→スマホスピタルに相談する

Nintendo Switchが充電できないときはまず充電方法を見直そう

Nintendo Switchが充電できないときは、まず充電方法が正しいか確認しましょう。タコ足配線をやめるなど、充電方法を見直すだけで改善することもあります。Joy-ConやNintendo Switch Proコントローラーなど周辺機器の充電方法も再確認してください。

原因を特定して対処法を試しても充電できない場合は、修理やバッテリー交換を依頼する必要があります。メーカー保証期間内であれば、任天堂サービスセンターに依頼するのがおすすめです。保証期間外だったり、急いでいたりする場合はNintendo Switchを取り扱っている専門業者に修理を依頼しましょう。

スマホスピタルではNintendo Switchの修理を受け付けています。状況によっては即日対応も可能なため、Nintendo Switchのトラブルでお悩みの際は、一度お問い合わせください。

→スマホスピタルに相談する

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。