• TOP
  • お役立ち情報
  • Switchのコントローラーが壊れたとき、修理と買い替え、どっちがお得?
お役立ち情報
SCROLL DOWN

ゲーム機修理

スマホスピタルお役立ち情報 Switchのコントローラーが壊れたとき、修理と買い替え、どっちがお得?

pxl_20210405_063844976

Nintendo Switchは全世界で大ヒットを飛ばしており、最も売れている家庭用ゲーム機と言っても過言ではありません。

家族みんなで遊ぶために、複数台のSwitchを持っているご家庭も少なくないでしょう。

 

しかし、そんな最高のゲーム機とも言えるSwitchにはある弱点があります。それは壊れやすいということ。

特にボタンを押したり振り回したりするジョイコンはかなり壊れやすく、もう何度も買い替えているという方も多いかと思います。

あまりの耐久性のなさに集団訴訟にまで発展したアナログスティック、様々なゲームで連打することになるL/Rボタン、頻繁に抜き差しを繰り返すレール部分は、スマホスピタル堺東店でも特に修理のご相談が多い箇所ですね。

 

修理と買い替え、どっちがお得?

●1~2箇所ならば修理がお得!

破損しているパーツにもよりますが、壊れている箇所が1~2箇所までならば、修理するほうが買い換えるよりも安く済むことが多いです。

Switchのジョイコンの新品価格は、片方のみがメーカー希望小売価格で4,114円(税込み)、左右セットは8,228円(税込み)となっています。

ジョイコンのみやLRボタンのみの場合、修理ならば新品を買うよりも数千円程度安く済ませられることが多いですね!

もしもSwitchのジョイコンの調子が悪くなったら、任天堂のオンライン修理受付のページから修理の申込みができます。修理代金の参考価格もおなじページからリンクされているので、合わせて確認しておきましょう!

 

さらに、修理のメリットはお金がかからないだけではありません。

意外と手間がかかる「古いジョイコンの処分」に困らなくてもよくなります!

 

ジョイコンの内部にはリチウムイオンバッテリーが内蔵されているのですが、バッテリー内蔵の電子機器は粗大ごみなどで処分できない自治体が非常に多いのです。

ではどうするのかと言いますと、区役所・市役所に設置された小型家電回収ボックスまで持っていかなければなりません。

リチウムイオンバッテリーは、曲げたり潰れたりすると発火・爆発に繋がる大変危険な物質です。

人命に関わる事故に繋がるので、絶対に普通ゴミでは捨てないでください。

 

ジョイコンが壊れても、任天堂や当店のような修理店でジョイコンを修理すれば、お客様がいちいち処分の方法を調べたりする必要はありません。

壊れたパーツは資源ごみや燃えるゴミとして処分すればいいだけですし、買い換えよりもゴミの量は圧倒的に少なくなります。

つまり、修理は環境にも優しいのです

 

●3箇所以上は買い替えのほうがお得

壊れている箇所が3箇所以上に及んでいたり、破損状態があまりに大きかったり、水没している場合は新しいジョイコンを買ったほうがお得かもしれません。

修理代金がかさんで新しいジョイコンよりも高くなったり、修理してもこの先どこまで使えるか怪しいような状態(特に水没していると寿命はかなり短くなります!)ならば、買い替えてしまうほうがよいでしょう。

繰り返しになりますが、買い替えたあとのジョイコンはお近くの役所や家電ショップにある「小型家電回収ボックス」に入れておきましょう!

 

Switchを素早く修理したいならスマホスピタル堺東店まで!

先程説明したように、Switchが壊れたら任天堂に直接修理を依頼することもできますが、修理期間は2週間程度かかるようですし、申込みや発送の手間が若干面倒だったりもします。

スマホスピタル堺東でもSwitchの修理ができるのですが、Switchを持って来店するだけでOKですし、ジョイコンの破損は即日で修理できることが多いです!

手間があまりかからないのが当店のSwitch修理の強みなので、「すぐに遊べるようにしたい!」という方はぜひご来店ください。

修理するかどうするか相談したいというご依頼もOKです!お気軽にどうぞ!

 

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。