お役立ち情報
SCROLL DOWN

アクセサリー・コーティング

スマホスピタルお役立ち情報 スマホの画面保護フィルムの気泡を取り除くコツをご紹介

s__108699680

iPhoneなどスマートフォンの液晶画面保護用のフィルムを貼ったとき、気泡が入ってしまっているケースは珍しくありません。

気泡部分を圧迫することで空気を外に押し出せばOKなのですが、少々コツが必要です。

今回は、スマホスピタルのスタッフが実施している気泡の取り除き方をご紹介します!

 

保護フィルムの気泡を取り除くコツ

まずは気泡部分に指を置いて、そのまま抑えながら外枠まで指をずらします。画面の一番端まで気泡が移動するよう、ゆっくりゆっくりと押し出していきましょう。

厚紙など硬い物を使うと、指よりもさらに効率よく気泡を押しだせます。

ですが、力を込めすぎるとフィルム自体を傷つけてしまう恐れもあります。

フィルムと厚紙の間になにかクッションになる柔らかい物を挟むようにしましょう。

フィルムと画面の間にホコリが入ってしまっている場合、セロハンテープを使用してホコリを取り除きます。

フィルムを一旦剥がしてからホコリを取り除くのですが、注意点が1つ。

絶対に素手で裏側に触れては行けません。

指紋やほこりが付いてしまいますからね!

画面保護フィルムには結構強力な粘着剤が塗られています。

これのおかげでちょっとやそっとでは画面からフィルムが剥がれる事はありませんが、ホコリや指紋が一度付着すると大変取り除きづらくなります。

直接手で触らず、ホコリの少ない環境で取り扱うようにしましょう。

 

そもそも、フィルムを貼る前に気泡やホコリが入らないように工夫することが最も安全。

事前にマイクロファイバー素材の布で液晶画面をよく拭いて、汚れを除去した上で保護フィルムを貼りましょう

小さなホコリが入っただけで気泡ができてしまうので、ホコリがたたない場所で作業するのもおすすめです。

ちなみに、家庭の中で最もホコリと無縁なのはお風呂場といわれています。

湿度が高いのがその理由ですが、スマホも電子機器。

あまりに湿度が高いと内部に水分が浸入し、何らかの不具合が生じる恐れがあります。

お風呂にお湯を張らず、ある程度乾燥している時に作業すれば、ちょうどよい湿度で作業ができるでしょう。

スマホスピタルでは保護フィルムの貼り付けも可能

スマホスピタルでは、iPhoneのフィルム貼り付けサービスを行っております。

購入いただいた保護フィルムでしたら、無償でお貼りしてご返却いたします。

保護フィルムの貼り付けが苦手な方もお気軽にご相談ください。

通常の修理と合わせてご利用いただくことはもちろん、フィルム貼り付けのみのご依頼もOK!

お気軽にご来店ください!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。