お役立ち情報
SCROLL DOWN

アクセサリー・コーティング

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneの背面用保護フィルムがあるのをご存じですか?

iPhoneをお使いの方のなかで、iPhone8からなぜ背面がガラスになったのか分かる方いらっしゃいますか?

iPhone7まではアルミフレームで背面の割れの心配が無かったのに、なぜiPhone8から背面もガラスになったのか…

それは金属では電気を通さないからです。と言われも電気?となると思います。

iPhone8から新しく採用された機能として“背面充電”というものがあります。

 

iphone12par54736_tp_v

 

背面充電とは

 

別売りの充電ポートに背面が接触するように置くだけで充電してくれるという便利機能です。

AppleWatchの充電器も本体を置くだけでマグネットで吸着して充電してくれるように、iPhone8から置くだけで充電してくれるようになりました。

今まで通りライトニングケーブルを挿しての充電も勿論可能ですが充電器を外す際に片手では手間になったりするので

寝る時に背面充電をしている方もいらっしゃるかと思います。

 

背面ガラスが割れると

 

背面充電機能は背面ガラスにほぼ直付けになっていますので、落として画面のみならず背面を割ってしまうと背面充電が出来なくなる可能性があります。

割れることに気を取られ過ぎて、ごつごつしたケースを取り付けるとケースのせいで背面充電が出来ないなんてことにもなりかねません。

 

背面を守る方法は

 

代表的なものはケースの取り付けですが、落とした拍子にケースが外れてしまうことも場合によってはあります。

そうなると無防備になるので背面がバリバリに割れてしまうことになります。

ケース以外の保護方法としては、ガラスのコーティングを行うことと背面用ガラスフィルムも存在します。

 

背面用ガラスフィルム

 

ガラスフィルムといえば画面に貼っている方は多くいると思います。

本体画面のガラスの身代わりになって割れて衝撃を分散してくれるものです。

実はiPhone各種に背面用ガラスフィルムが存在し、スマホスピタルでも取り扱っております。

 

img_0910

 

背面のガラス修理は大変?

 

背面交換となると画面交換の様に簡単にはいきません。

ガラスのみの交換は出来ないので、フレームごとの交換になります。

フレーム交換となるとお使いの端末の中身の全移植となりますので大手術になりますよね。

移植の過程で背面充電機能が失われてしまうリスクもついてくるので画面以上に保護が必要になる部分です。

 

img_0108

 

まとめ

 

背面パーツは基本的に店舗の在庫として抱えていない事が多いです。

なので修理依頼があってから取り寄せて入荷次第修理を開始します。

かなりの修理技術と時間が必要になる作業なので即日お返しが出来るかどうかという修理になります。

ガラスコーティングやガラスフィルムやケースなど、できる対策をしっかりして割ってしまわないように注意して使いましょう。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。