• TOP
  • お役立ち情報
  • 画面保護は定番の保護フィルム以外の選択もアリ!ガラスコーティングとは?

お役立ち情報

SCROLL DOWN
アクセサリー・コーティング

画面保護は定番の保護フィルム以外の選択もアリ!ガラスコーティングとは?

スマホの一番多い修理は『iPhoneの画面交換修理』となっています。

表面がガラス面で構築されているスマホに関して、落下させてしまったり衝撃を与えてしまいますと

画面が割れてしまったり、液晶破損につながる可能性は否めません。

そういった確率を少しでも軽減していただくための対策として、簡単なものは画面を保護していただくことです。

皆さん多くの方は、画面に保護シートを貼られていらっしゃる方と思いますがここに関しても好みが分かれてきます。

当店スマホスピタル京橋店で行っている画面の保護対策を今回はご紹介させていただきます。

 

画面保護の定番 保護フィルムを貼り付ける

smartphone_hand

保護フィルムにもさまざまな種類と特徴があります。

当店で推奨させていただいているものは大きく分けて2種類。『衝撃吸収フィルム』と『ガラスフィルム』となります。

衝撃吸収フィルム

名前の通り、画面にかかってくる衝撃の負担を軽減することによって画面割れを防ぐ役割を担っています。

正面にかかってくる衝撃を分散することで衝撃を軽減して画面割れを守る仕様です。

よく落とされる方やぶつけてしまったりする方に推奨しています。

強化ガラスフィルム

こちらは、『はがれにくい』『きれいに見える』といったことが大きな特徴です。

ガラスフィルムの特徴は、表面に貼り付けているガラスが身代わりになって割れてくれるといったことがメリットとなります。

はがれてしまって気泡が入ったり、ほこりが混入することを避けられたい方に推奨いたします。

 

新時代の幕開け!? 塗る保護対策 ガラスコーティング!

ピカピカなスマホ

スマホの画面をコーティングするといったことも近年では流行っています

フィルム自体ははがれてしまったり、かぶれてしまうことによってタッチ感度が変動することは否めません。

使用感が変わることを懸念される方やフィルムがはがれてしまうことが嫌な方に推奨しています。

表面に特殊な液剤を塗り込むことによって、ガラスの強度を硬度9Hまで向上させることができます。

この硬度はガラスフィルムに匹敵するもので、コーティング施工することでガラスフィルムと同じ効力を得られると思ってください。

 

 

その種類も様々で、当店では『通常コーティング』『ブルーライトカットコーティング』『抗菌コーティング』の3種類があります。

機種も問わず、iPhone、android、どの機種にも有効です。

施工時間も15分からでのご案内なので基本的に即日で対応可能となっています。

 

当店スマホスピタル京橋店では、スマホの修理をメインに行っていますがアクセサリー類の販売やフィルム、コーティング施工も可能です。

フィルム購入やコーティング施工でお悩みの方もお気軽にお越しくださいませ。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。