お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone8

スマホスピタルお役立ち情報 カメラレンズが割れてないのに、ヒビが映る!

今回はiPhone8の修理事例をご紹介いたします!

修理前の端末がこちら!

8かめら

バックカメラ(外カメラ)を起動すると、

ヒビが映ってしまいます。

しかし背面を見てみると、外に面しているレンズは割れていない・・・?

実は今回のように、外側のレンズが割れていないのに、

内側のカメラ自体のレンズが割れてしまうという事もあるんです。

修理途中

8カメラ2

では分解していきます!

今回はバックカメラのみを交換しますので、

まずは破損してしまったカメラパーツを取り除きます。

そして、新品のカメラを搭載します!

映りをテストしてみて問題なければ

いよいよ本組!

修理後

8カメラ3

修理後の端末がこちら!

カメラの映りはすっかり綺麗にもどり、

ピント調整も問題なし!

これでまた、突然のシャッターチャンスを逃すことなく

今まで通り使用していただけますね!

スマホのカメラ

現代はスマホが主流の文化になっていますが

そもそも携帯電話にカメラが搭載されるようになったのは

ガラケー(ガラパゴス携帯)という、携帯に初めてカメラが搭載された事がスタートでした。

「カメラ」というと、

昔は出すのが大変で、前日からバッテリーも充電して・・・と大がかりでしたが

毎日持ち歩いている携帯に搭載されていて

いつでも撮れて、しかもいつでも見返せる!

いらなくなったら削除!とかなり画期的だったのでしょう。

今では、iPhoneでもAndroidでもガラケーでも

どんな端末でもついているのが当たり前なほどの必須パーツに。

そのカメラが壊れたままではもったいない!

特に、カメラ機能に特化した端末であれば尚更です。

「修理代が高いかも」

「ほんとに大丈夫かな?」

「あと1年で買い替えるし」

修理しない理由もたくさん考えてしまうと思いますが

スマホは毎日目にします。毎日操作します。

とても大事なものですよね!

そんなスマホですので、ユーザーであるお客様が

日々できるだけストレスをなくすことはとても良いことだと思います。

割引もいっぱいありますのでお気軽にお試しくださいね!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。