お役立ち情報
SCROLL DOWN

豆知識

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneは冷やしすぎると故障の原因

こんにちは、iPhone修理専門店のスマホスピタル大阪梅田店です。

 

iPhoneは冷やしすぎると故障の原因となることもあります。
iPhoneは精密機器なので、暑いのも冷たいのもあまりよくありません。
寒い環境の中にあると、さまざまな機器が凝縮してしまって、うまく動かないということもあります。

 

そのようなときには、温めてから使うといいでしょう。
ただ、急激に温めるのはあまりよくありません。
温める時には、じっくりと温めていく方がいいです。

 

これは、急激に温めると、いろいろな危機が急激に膨張することになるので、素材による膨張率の違いなどで、iPhoneが壊れる可能性もあるからです。
基本的にiPhoneは精密機器ですから、扱いは丁寧にすべきものです。
ですから、ケースのようなもので守ったりもしているのです。

 

iPhoneが冷たい環境で壊れたりしないようにケースに入れるというのも効果的です。
ケースに入れれば暑い時に熱膨張するということも防ぐ効果も期待出来ます。
寒さにも暑さにも対応するためにもケースに入れるというのは効果が期待出来ます。
ただ、基本的に冷やし過ぎない、熱し過ぎないことが基本です。

 

 

iPhone(アイフォン)修理なら大阪駅近・梅田駅近のスマホスピタル大阪にお任せ!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。