お役立ち情報
SCROLL DOWN

豆知識

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneに起きる故障「リンゴループ」とは?

%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b4%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97

 

 

マホスピタル大阪梅田店では日々様々な故障しているiPhoneの修理をさせていただいております!

故障の内容も様々でその中でもメジャーなものでいえば

【画面割れ】【バッテリー劣化】【充電口の故障(ドックコネクタ)】【水没復旧】辺りになります。

 

これ以外にも細かい故障でいえば沢山ありますが、

今回はリンゴループという故障について紹介させていただきます。

 

 

 

・リンゴループとは?

iPhoneをお使いの方でリンゴループというのを聞いたことがあるでしょうか?

これもiPhoneでよくある故障の一つで、いわゆる“起動不良”というものになります。

 

この故障が起きてしまうとどうなるかと言うと、iPhoneの電源を立ち上げる時に出るAppleのロゴマークが出たり消えたりというような症状が出ます。

そのままAppleマークが出たままの場合もありますが、大体は出たり消えたりというようになることが多いです。

通常通り起動する場合は見慣れたホーム画面まで起動がしますが、リンゴループがおきるとそれすらできなくなるのでこのままではお手上げ状態になります。

突然起きてしまうものでもあるのでかなり困る故障内容になります。

 

 

 

・リンゴループの原因

この故障の場合、様々な原因が考えられます。

パーツ自体の故障や劣化、基板の故障やシステムの不具合等原因は様々。

 

 

①バッテリーの劣化による不安定な電力供給

本体自体を動かしているのは“バッテリー”というのはご存知かと思います。

バッテリーを充電してそこから基板や各種パーツに電気を流してはじめて動作するものになりますので、このバッテリーも非常に重要な役割を果たしていると言えます。

 

このバッテリーも長年使い続けると徐々に劣化してきます。

劣化が進むと電池の減りが早くなったりする以外に【安定した電力供給ができなくなる】などの症状も現れ、起動不良に繋がるというものになります。

 

あくまで可能性にはなりますが、バッテリーを新しいものに交換すると無事リンゴループから脱出できたケースもありますので試してみるのも選択肢の一つになります。

 

 

②システムのエラーや基板側の故障

システムがうまく構築できなかった場合、基板のCPUなどが完全に壊れてしまっておかしくなってしまっている場合でもリンゴループの原因になることがあります。

 

このケースが起きる原因としては

【バックアップ途中に電源が落ちてしまい、システム構築が中途半端になってしまっている為起動がうまく出来ていない】

【iOS更新中に途中で途切れてしまった】

【データの空き容量が不足している状態でOS更新をしてしまった】

などが代表例になります。

 

最新のOSが出回った時にものすごく増えるケースで、上記のような原因がほとんどになります。

ここ最近で一番増えた時期としてはiPhone11が発売されたときにリリースされたiOS13が出たころで、多い時でいえば1日に10件ほどご依頼が来た時もありました。

 

システムの問題であればアップデート(更新)で直る事もありますが、基板が完全におかしくなってしまっていたり破損してしまっている場合は厳しい可能性もあります。

試してみる価値は十分にありますので修理を検討してみても良いでしょう!

 

 

③水没によるリンゴループ

「iPhoneを水没させてしまってからうまく起動できなくなってしまった!」ということもあります。

 

原因としては、水没したことにより基板がショートしかけてしまっていたり動作が不安定な状態になっていることが考えられます。

 

修理としても一旦水没復旧作業という処置をさせていただいてからリンゴループの復旧作業に入る必要があり、一度水没している分少しリスキーなものにはなりますが実際無事復旧されているお客様もいますので試してみる価値はあるかと思います。

 

 

④iPhone7やiPhone8などの場合、ホームボタンの破損が原因であることも

上記の①~③よりは珍しい故障原因にはなりますが、こういったことも稀にあります。

 

iPhone7やiPhone8の場合、ホームボタンとiPhone本体は紐付けされており基本的には1台につき1つのホームボタンというものになります。

このホームボタンがひび割れていたり、完全にケーブルが断線してしまっている場合うまく起動できなくなってしまう事がありリンゴループやリンゴフリーズが起きることがあります。

 

修復方法としては画面の交換修理だけで直る事もありますが、それでも治らない場合はリンゴループ復旧作業などが別途必要になる場合もあります。

 

 

 

・普段からできる対策としてはバックアップを取ることが有効

基本的にはしっかりとバックアップを取った状態でOS更新などをするのがベストですが、

そのバックアップを取るときに起きてしまう事もあるのでリンゴループは中々厄介なものになります。

 

普段からこまめにバックアップをできるだけ取っておくようにすることは大事で、万が一起きたとしても被害は最低限に抑える事が可能です!

是非取るようにしてください!

 

バックアップを取る際、iTunes(PC必要)でバックアップを取ったうえでiCloudでも取るようにしておくとより安心出来るかと思います!

 

 

 

・わからなければ当店へお任せくださいませ!

当店スマホスピタル大阪梅田店でもリンゴループの修理をさせて頂いております。

この作業に関してはPC環境が必須となりまして、ご自宅にpCなどがない場合は当店へお持ち込み頂ければ復旧作業をさせて頂くことが可能です。

 

バッテリーの劣化が原因であった場合であればバッテリーの交換を試したりも可能ですので、

ご自身でできることよりは復旧させるための選択肢も増えますので一度お持ち込み頂ければと思います!

 

大事なデータがそのまま助かる場合もありますので是非!

 

 

 

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。