お役立ち情報
SCROLL DOWN

豆知識

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneの充電が遅い!?急速充電する簡単な方法をご紹介!

iPhone 急速充電

iPhoneの充電を早くする方法ってある?

iPhoneを使用していてバッテリーの消耗が早く感じてきた方はいらっしゃいませんか?

iPhoneのバッテリーはリチウムイオンバッテリーと言って、使用を繰り返していくうちに劣化してしまいます。

なので、バッテリーの消耗が早く感じてしまうのは当然のことなのですが…

バッテリーを早く充電できればなあ…

と思ったことはないですか?

バッテリーの消耗が早いのはしょうがない!

でもバッテリーの充電を早くしたい!

ということでお困りの方にお伝えしたい、iPhoneの充電速度を早くする方法をご紹介します!

タコ足配線で充電をしない


iPhone 充電遅い

タコ足配線やパソコンからiPhoneを充電していませんか?

実はタコ足配線からの電気供給だと、電力が低くなります。

特にパソコンから充電をする機会が多い方は感じるのではないでしょうか?

パソコンからの電力供給は、電力供給に上限があり、一定以上の電力は流れません。

なので、バッテリーの充電スピードは遅いと思います。

それと同じく、タコ足配線での充電も壁から充電するのとでは変わってきます。

もし、充電スピードが遅いと感じ、タコ足配線やパソコンから充電しているのでしたら、壁からの充電をお勧めします!

充電しているときの消費電力を下げる


iPhoneの充電速度を上げるには、そもそもの消費電力を下げることも効果的です。

せっかく充電しているのに、消費電力が多ければ、充電した電力もなくなってしまいます…

では、iPhoneの消費電力を下げる方法をご紹介しましょう!

スリープ状態やシャットダウンする


iPhoneの電源をシャットダウンしてしまえば、消費電力はなくなってしまいます。

そもそも、消費する電力もかからりません!

なので、短時間でバッテリーを充電しておきたい!方にはシャットダウンする方法をお勧め

します!

もう1点。

スリープ状態にしてしまえば、iPhoneの消費電力も抑えられます。

シャットダウンする方が消費電力を抑えられますが、シャットダウンでもバッテリー消費を抑えられます。

機内モードにする


iPhoneは普段使用していると電波を受信送信します。

実はこの電波に電力を要するのです!

なので、その電波を抑えてあげれば、消費電力を抑えることができます。

モバイルデータ通信をオフにすれば良いのですが…

機内モードをオンにすると、通信関連を一括でオフにすることができます!

具体的には電話回線やWi-Fi、GPSなどを遮断します。

なので、インターネットはもちろんのこと、電話やメールも使用不可になります。

ですが、カスタマイズをすることによって、Wi-Fiだけはオンにして、Lineだけは使用したりすることもできます。

その方法でしたら、連絡は取れるので安心ですね!

元々は電子機器を使用すると干渉する飛行機内や病院内での設定のために作られたのですが、通信を制限できるので消費電力を抑えることも期待できます!

バックグラウンドで使用しているアプリをシャットダウンする


iPhoneでアプリを使用していて、そのままにしていませんか?

実はアプリの中には、バックグラウンドでも稼働しているアプリもあります。

例えば、ナビゲーションのアプリやバッテリーを管理するアプリ、ストレージ管理アプリなども、バックグラウンドで稼働していることも多いです。

そのようなアプリは使用頻度が高くないのであれば、シャットダウンした方が良いです!

バックグラウンドで稼働しているアプリを確認する方法はいくつかあります。

iPhoneの機種によって確認方法が異なりますので、ご注意ください!

  • iPhoneにホームボタンがある機種の場合(iPhone8やiPhoneSE2など)
    ホームボタンを素早く2回押す
  • iPhoneにホームボタンがない機種の場合(iPhoneXやiPhone12など)
    画面の下から画面中央にかけて、スライドする

以上でiPhoneのバックグラウンドで起動しているアプリがわかります。

もし、不要なアプリが起動しているのであれば、アプリを下から上にスライドすればシャットダウンできます!

しかしながら、頻繫に使用するアプリなどは、その都度アプリを起動させると電力を使用したりするので、逆効果になることもあります。

一概にはいえませんが、使用頻度が低いアプリはシャットダウンした方が良いでしょう。

アプリの通知をオフにする


機内モードにすれば、バッテリーの消耗が抑えられますが、通信ができなくなるのは結構痛手になると思います。

なので、お手ごろなのは通知をオフにする方法です。

普段Lineなどのアプリの通知をオンにしていませんか?

通知をオンにするとアプリを立ち上げていなくても、連絡の通知などが来るので大事な連絡の見落としもなくなります。

その反面、いつでも情報を受け取れるということは、機能が常にオンになっている状態になります。

なので、バッテリーの消費電力にも影響します。

もし、あまり使用していないアプリの通知がオンになっているのであれば、オフにしてもいいかもしれませんね!

アプリの通知の設定は

設定>通知>通知スタイル

で変更ができます!

純正の充電器を使用する


iPhone 充電

最近ではiPhoneの充電器は様々な種類がありますね!

安いものから高額なものまで…

どれにすればいいのか、迷いますよね?

でも、原点に帰って考えてください!

純正品よりも安心なものはないです!

例えば、100円のような安価な充電ケーブルやアダプタを使用すると、送電される電力が純正の充電器とは異なります。

なので、充電に時間がかかったり、反応が悪かったりします。

実際に安価な充電ケーブルと純正の充電ケーブルとで電力を比較した方が、インターネット上に結果を発表していましたが…

電力が純正品と比べて半分以下になっていたりするのこ結果もあります。

なので、充電が遅い方は充電器を純正品に変えてみるのも1つの方法ですね!

仮に充電速度が変わらなかったとしても、純正品の充電器だと、iPhoneが過度に発熱したりするリスクが低いです。

なので、最近話題のiPhoneから発火や発煙したりするリスクも避けられます。

何をやってもiPhoneの充電が遅い?スマホスピタルまでご相談ください!

どうしても充電が遅い場合はスマホスピタルまでご相談ください。

iPhoneの充電速度が遅い場合、ハードウェアが故障している可能性も考えられます。

例えば、バッテリーや充電口部分が故障や不具合を起こしている、などですね!

iPhoneは消耗品です。

使用を繰り返していると、バッテリーが劣化します。

その他にも、毎日iPhoneを充電される方がほとんどだと思いますが、それだけ使用するということは、故障しやすい、ということなんです!

なので、設定は問題なくて、iPhoneのパーツが故障していた…

なんて事例もよくあります。

そういった場合は、ご自身で解決するのは難しいと思います。

当店ではiPhoneの充電速度が遅い原因のバッテリーや充電口部分の交換修理もデータそのままで即日修理が可能です!

機種や状態によって異なりますが、正規店と比べても非常に安い料金で修理が可能です!

もし、iPhoneの充電速度が遅い場合はスマホスピタルまでご相談ください!

皆様のご来店お待ちしております!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。