お役立ち情報
SCROLL DOWN

豆知識

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneの充電ができない!?自分で確認できることは?セルフメンテは可能?

iPhoneを日々使ううえで欠かせないのが【充電】ですよね。

充電しないとエネルギーが尽きてしまい、スマホとして動かなくなってしまいます。

 

毎晩寝る前に充電器にさして寝るという方も多いのではないでしょうか。

そんな充電ですが、ある日突然できなくなってしまったら!

SNSも見れないですし誰かと連絡を取り合うことも不可能になります。

どうしたらいいのでしょうか?

iPhoneが充電できなくなった時の対処方法をご紹介したいと思います!

もし、皆様のiPhoneが急に充電できなくなってしまった際は、今回ご紹介するセルフチェック項目をご確認くださいね!

 

iPhoneが充電できなくなる原因は?

cable_lightning

iPhoneが充電できなくなる原因はいくつか考えられます!

なので、充電器なくなっている可能性がある事柄を一つ一つ可能性を消去することになるのですが…

充電器できなくなってしまっている可能性が高いものからご紹介しましょう!

 

ケーブルやアダプタが故障している

iPhoneの充電器、皆様は純正の機器をお使いですか?

最近発売されたiPhone12ではケーブルは付属していましたが、ついにアダプタは付属しなくなりましたね…

iPhone11以前に発売されている機種であれば、ケーブルとアダプタが付属されているので、そちらを使って充電しましょう!

中には、元々使っていたケーブルやアダプタが故障してしまって新しいケーブルを購入し、それを使用している。

といった方もいらっしゃるでしょう。

ですが、iPhoneが充電できなくなるリスクが潜んでいます。

 

iPhoneなどのスマホはどんな電気供給源でも充電が可能です。

パソコンなどの低い電圧でも充電が可能なのですが…

低い電圧や高い電圧で充電を日常的に行っていると、その電圧でしか充電できなくなる…なんてことも起きてしまいます。

そうなってしまったら最後、改善するのは非常に難しくなります。

なので、充電する際は純正の機器を使用しましょう!

 

次に純正の機器を使用していても充電ができない場合はどうするのか…

まずは充電ケーブルの上下を変えて充電をしてみましょう!

iPhoneはライトニングケーブルという充電口に上下の方向が定まっていません。

なので、上下どちらを上にしても反応します。

なので、iPhoneが充電できない場合は充電ケーブルの向きを変えて充電を行いましょう!

それで改善した場合は、充電ケーブルの先端の端子が不具合を起こしている可能性が非常に高いです。

 

また、充電ケーブルが断線している可能性もあります。

特に充電ケーブルの先端付近は曲げたりすると、内部で断線していることもあるので要注意です!

見た目は断線していなくとも、中では断線していた…

なんてこともあるので、充電ケーブルを変えて充電を行うのも一つの方法ですね!

 

ケーブルを変えてもダメだった時も、根本のアダプター部分もまとめてかえてみましょう!

アダプタの故障というケースもあります。

 

充電ケーブルの先端の端子が奥まで刺さっているかチェック!
smartphone_juuden

あとは、充電器をしっかり差しているつもりでも実際はきちんと差さっていなかったというケースもあります。

よく見ると充電器が根元までしっかり差さっていないことがわかったりします。

理由は様々ですが、一番多いのはほこりです。

特に男性に多い症状なのですが、iPhoneをお尻のポケットに入れていたりしませんか?

ポケットやカバンにあったホコリがiPhoneの充電口にたまってしまい、その状態で充電ケーブルを挿す。

また、ほこりが溜まる、充電ケーブルを挿す…

を繰り返すことによって、iPhoneの充電口内にほこりの層ができてしまうのです!

この積もりに積もったほこりが充電器を根元まで刺さらないように阻害することがあります。

軽度の状態であればエアダスターなどで吹き飛ばす事も可能ですが、

完全に奥で固まってしまった場合は無理に細長い物を入れたりせずに、スマホスピタルへお持ち込みください。

無理にほこりを取ろうとすると、iPhoneの充電口内部の端子を痛めてしまうこともあります。

実際にスマホスピタル京橋店まで自分でほこりを取ろうとして、iPhoneの充電口の端子を曲げてしまったお客様もいらっしゃったので、注意してください!

 

そして意外と気付かないのが、保護ケースが邪魔している場合です!

新しいケースを付けているときなど、いままで使えていた充電器が使えない事が稀にあります。

特にiPhoneの発売前などに購入したケースなどは、規格が微妙に異なっていたりすることもあるのでご注意ください!

まずはしっかり目視で確認してみることが大切です。

 

iPhoneの充電口が故障している場合!

基本的にここまでになってくるとセルフで解決するのは困難になります…

というのも、iPhoneの充電口の修理をしなければならないからです。

上記の方法を試しても改善しない場合はiPhoneの充電口のパーツが故障している可能性が非常に高いです。

正規店での修理でも問題ないですが、時間や保証に加入していなければ1万円前後から4万円前後までかかったりすることがあるので、費用的にも時間的にも負担が大きくなってしまいますね…

しかも、事前にバックアップを作成しなければ、データはなくなってしまいますし…

データのバックアップが作成できればいいですが、今回の充電ができない症状でしたら、バックアップすらも作成できない可能性もあるので非常に厄介ですよね…

何とかならないのでしょうか…?

そんなお悩みを抱えた皆様に朗報です!

次は画期的な解決策をご紹介しましょう!

 

iPhoneが充電できない症状もスマホスピタル京橋店だとデータそのままで即日修理!

スマホスピタル京橋店ではiPhoneの各種パーツ交換を随時承っております。

iPhoneの充電口(ドックコネクター)の修理なら

基本的に即日でのお返しが可能です!

しかもほとんどのケースでデータそのままでお返し出来ています!

なので、充電ができず、バックアップが作成できない!

といった方も!

時間がかかるし…

といった方も!

スマホスピタル京橋店までご相談ください!

基本的には改善することがほとんどです!

皆様も同じような症状でお困りでしたらお気軽にご相談くださいね!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。