お役立ち情報
SCROLL DOWN

豆知識

スマホスピタルお役立ち情報 久々にiPhoneにホームボタンが復活したよ♪iPhoneのホームボタンの歴史とは?!

iPhoneと言えば画面下にある丸いボタンが印象的ですよね。iPhoneX以降の機種ではホームボタンを失くしてFace IDが採用されておりました。しかし4月16日に発表されたiPhoneSE 第2世代の発表により久しぶりにホームボタンが搭載されているiPhoneが発売されます♪今回はこのホームボタンの歴史と機能についてご紹介させていただければと思います(*’ω’*)

 

ホームボタンはただのボタン!

ホームボタンの歴史ということでまず最初にご紹介するのはiPhone5までのホームボタンについてです。これが初期のホームボタンになります。このころのホームボタンはいわゆるただのボタンです。押すとホームへの戻ったりアプリ終了したりといった機能です。このころからiPhoneを使っている方はホームボタンがあった方が安心♪使いやすい♪といった声が多いですよね、やはり慣れている使い方っていいものですよね♪ このころのiPhoneのホームボタンはただのボタンでした。そして次の世代から「あの」機能が搭載されていきますよね♪

 

「あの」が搭載です♪

iPhone5s以降の機種からはホームボタンに・・・そうです!Touch IDが搭載されました!これによりホームボタンに指の指紋を登録しておくとホームボタンにタッチするだけでセキュリティーが解除出来るというとても画期的なシステムがiPhoneに搭載されたことになります。このTouch IDは当時とても近未来的でクリエイティブな商品である代表格ならではのシステムでした♪ Touch IDの機能に関してはiPhone8まで継承されておりますがiPhone6sPlusまでのホームボタンはまだ押し込むことによりホームボタンとしての機能がありました。つまりTouch IDの機能がダメになってもボタンを押し込むことでホームボタンとしての機能はそのまま使うことが出来るという意味では良い機能といえるでしょう。

 

ホームボタンの最終系!

iPhone7以降のホームボタンはホームボタンとしての最終系といえるのではないでしょうか。iPhone6sPlusまでの機種はボタンを押し込むことでホームボタンの機能を使うことが出来ました。このiPhone7からはボタンを押し込むことが出来ません。感圧式というセンサーによりボタンは押し込むことは出来ないが触ることでセンサーが感知してボタンを押すのと同じ動作を行ってくれます。「押さず」に「触れる」というこれまたクリエイティブな発想でオシャレな機能として爆発的に人気になったiPhone7ですがこのセンサーホームボタンも人気の1つではないでしょうか。

 

ホームボタンの歴史のまとめ

このようにiPhoneのホームボタンは3種類に分類して歴史を残しております。Touch IDはとても革命的で便利な機能で今後も様々なモノに搭載されてくるかもしれません。このようにとても細かい機能ではありますがスタイリッシュで機能的なiPhoneだからこそ人気を得ているのだと感じざるを得ません♪ 

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。