お役立ち情報
SCROLL DOWN

豆知識

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneアプリのタスク消去は逆にバッテリーを消費する!?

こんにちは!

和歌山市内にあるアイフォン修理店

スマホスピタル和歌山です。

 

知っていたようで以外と知らなかった事って

結構ありますよね。

 

普段何気なく使っているiPhoneでも

実は良かれと思ってしていたら逆効果だった

なんて事がよくあります。

 

今回はバックグランドで起動中の

アプリのタスクを消去するとバッテリーが

長持ちするという事についてご紹介します。

 

目次

・アプリのタスク消去でバッテリー節約?

・タスクを開く事でバッテリー消費する?

・結局どっち?

 

 

・アプリのタスク消去でバッテリー節約?

バッテリーの消費を早めている原因の一つに

バックグランドで起動中のアプリが原因というのは

どこかで聞いた事があると思います。

 

なので消費を抑える為にタスクにあるアプリを

ホームボタンをダブルクリックでタスクを出して

起動中のものを消去する。

長い間そうやってきた方も多いと思いますが

気になる情報がある時に広がったのです。

 

・タスクを開く事でバッテリー消費する?

実はタスクを消去すると次回アプリを起動させる時に一からになるので

逆にiPhoneに負荷がかかりバッテリーを消費する原因になるのだとか。

こまめにタスク消去をするという事はこまめに

バッテリーを消費させている事になる、

という情報です。

 

・結局どっち?

バッテリー節約の視点からいうと

タスク消去しないほうが良いとの事です。

たしかにタスクを消去するとメモリは解放されますが

 

バッテリー消費でいうとしないほうが良いとの事です。

そしてメモリ解放目的でのタスク消去も

iPhone消去中の記事でもあるように不要なメモリは

iPhoneが自動的に古いものから消去してくれるので

これも不要という事ですね。

 

まとめ

結論としてはiPhoneのタスク消去は

よっぽどの理由がなければする必要は無いという事です。

 

これまでこまめにタスク消去していた方は

もうしなくても大丈夫ですよ。

 

iPhoneの修理・故障に関する

お問い合わせお待ちしています

0734228811

かんたん予約

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。