お役立ち情報
SCROLL DOWN

豆知識

スマホスピタルお役立ち情報 「iPhoneのストレージがいっぱいです」それは放置しないで!

「iPhoneのストレージがいっぱいです」とは?

「iPhoneのストレージがいっぱいです」という表示をみたことはありますでしょうか。

iPhoneの空き容量が少なくなってくると出てくる表示です。

アラートで「空き容量を増やしますか?」と出ていても「今はしない」という選択肢を選ぶとふっと消えるだけで、その後はたまーにアラートが出るだけになります。

ついつい放置しがちですが、それ放置するとかなりまずいことになりますよ!!

起動不可になるリスクが爆上がり!

computer_sagi_error

実はiPhoneのストレージは写真や音楽だけで占めているわけではなく、日々のWebの閲覧履歴やアプリの進行度なども逐一保管されています。

iPhoneを使うだけでストレージを使うというわけですね。

他にもiPhoneを起動させるのにもストレージを使います。

ストレージがなければ起動することができません。

つまり、

iPhoneのストレージの空きが無い状態で電源をオフにしてしまうと

正常に電源が入らない可能性がかなり高くなります。

いわゆる「リンゴループ」という状態です。

初期化しないと起動できない…

空き容量が無い状態で起動しようとして起こったリンゴループは空き容量が足りないことが原因です。

ということは空き容量を空けてあげられれば起動する事ができます。

ただし、リンゴループにすでに陥ってしまっている状態ですと、空き容量をあけるためには「初期化」しか手段が残されていません。

正直この空き容量不足でのリンゴループは、9割初期化でしか直らないといっても過言ではありません…

それくらい、空き容量不足はかなり深刻な問題といえるでしょう。

どうしてストレージはいっぱいになってしまうのか?

gorimobile20160729491916

そこまで普段から写真をよく撮るわけでもないし、音楽やアプリをいっぱいダウンロードしているわけでもないのになぜかiPhoneのストレージがいっぱい…そんな方も中にはいらっしゃいます。

そんな原因についてご紹介します。

そもそもの本体の容量が小さい

最近の機種を見てもらえればわかるのですが、本体容量の最低ラインが64GBや128GBになっていると思います。

昔は16GBや32GBが普通にありましたよね。

ですが最近そういった低容量の本体が出ていないのは、システム自体の容量が大きくなっているからです。

今のiOS14でも、600MB~1GBほどシステムだけで占めています。

16GBの本体だと16分の1がこれで失われてしまいます。

そして大体1~2GBほどは空けておいた方がよいと言われますので、およそ11~13GBほどしか使えないということですね。

空き容量がどうしても確保できないのであれば、機種変更も一つの手ですね。

いらない写真を消していない

smartphone

写真は撮りっぱなしになっていませんか?

要らない写真をこまめに消すのもストレージの確保には有効です。

また、削除だけではなく「最近削除した項目」からも削除しないとストレージは減りません。

iPhoneの便利な機能ではあるのですが、間違えて写真を消してしまった時などに1ヶ月ほどは復元できます。

ですが、逆に言うと1ヶ月は保有してしまうためストレージの確保にはなりません。

そのため本当に要らない写真は「最近削除した項目」からも消してあげましょう

「ストレージがいっぱいです」=iPhoneの最終警告!

以上のようにiPhoneのストレージがいかに大切かつたわりましたでしょうか?

そのiPhoneにぱんぱんに入っているデータを失いたくない!

というかたはすぐにバックアップをとって、要らないアプリや音楽・写真などはどんどん消していきましょう。

どうしても空き容量不足でリンゴループに陥ってしまった場合は、スマホスピタルでリンゴループ復旧作業や初期化の作業も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

iPhoneのことで何かお困りのことがあればお気軽にお問い合わせください。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。