お役立ち情報
SCROLL DOWN

スタッフオススメ情報

スマホスピタルお役立ち情報 スマホやタブレット端末は”基板がカナメ”です!

iPhoneやiPadのようなスマホやタブレット端末の性能が年々良くなっているので今となっては、家庭にパソコンが無いところも珍しくないと思います。

しかし、ゆえにその携帯端末が壊れてしまうともうデータは絶望的になってしまうのが現状です。※バックアップがないことが多いので。

パソコンであればメインとなる基板(マザーボード)が壊れてもデータを保存してあるハードディスクが無事ならこれを載せ替えることができますので、起動できなくなったからといって諦める必要はありません。

 

モバイル端末の欠点・・・

では、スマホやタブレットではどうかというとメインとなる基板の中にデータを保存するチップが存在するので起動ができなくなると同時にデータも諦めざるを得なくなります。電源が入ったとしても操作ができなくなっていたり画面の表示が見えないとそのままではどうにもなりません。※これはパソコンでも同じですね。

そしてこれは当たり前ですが、携帯用端末なので屋外での落下や水没の可能性が非常に高いというのがあります。

 

部品交換では直らないことも・・・

img_3723(写真のように水没復旧の際にはバラバラに分解して基板を洗浄します)

一度の落下で即終了、ということは少ないですが何度もとなると内部の精密基板は特に無事では済みません。※一撃で死んでしまう事もあります。

画面割れに慣れてしまうと、「また割れたら画面交換すればいいや!」と思っていると、次は修理できずデータが抜けなくなって・・・

そんな方になってしまう事も修理店ではたびたびありますので大切なデータがあるのであれば日ごろからのデータバックアップを強くおススメしています。

 

データバックアップ方法は一択ではない!

一番手っ取り早いバックアップ方法といえば、やはりパソコンを用いてiTunesで行うことですが前述の通り、パソコンがないとこれはできません。

ではクラウド上に!とiCloudを考えます。でも初期状態のままでは5GBまでしか保存できず、iPhoneで一番容量の少ないものでも16GBあるのでオーバーしてしまうのは一目瞭然ですね。※iCloudは容量アップできますが課金制です。

でもここで一工夫!大抵の場合、データの多くは写真や動画なので設定でiCloudにバックアップを行う項目から写真を外してやるとほとんどの方はまずクラウドの容量オーバーを解消できると思います。

ここで1つ問題が起きますね、では写真たちはどうするか?です。これは、iCloudに頼るのはやめて他のCクラウドサービスを使用してみませんか?

例えば、代表的なアプリで【Googleフォト】があります。2018年5月16日現在、これなら容量を気にせずWi-Fi接続してガンガンバックアップできます。

これで多くの方の悩みは解決するのではないでしょうか。

 

大切に使うのが一番!

なんだかんだ言っても、日ごろからの扱いによってダメージは大きく異なります。

画面やバッテリー交換が可能な当店でも基板交換はできません。

その代わりに、データ移行の代行作業はできます。ご希望に応じてできるだけの作業をいたしますのでご相談ください。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。