• TOP
  • お役立ち情報
  • AndroidにもiPhoneの「AirDrop」系機能が登場!!「Nearby Share」とは?
お役立ち情報
SCROLL DOWN

スタッフオススメ情報

スマホスピタルお役立ち情報 AndroidにもiPhoneの「AirDrop」系機能が登場!!「Nearby Share」とは?

こんにちは!!

iPhoneに出来てAndroidに出来ないこと・・・意外と各メーカーが技術を駆使して作っているので双方の違いってほとんど無いんですが、大きく違う点を挙げるならば「AirDrop」機能がAndroidには無い、ということでしょうか。

「Air Drop」とは、iPhoneユーザー同士が近くにいれば、写真、動画といったコンテンツはもちろん、ファイル、連絡先、位置情報、Webサイト、App Storeのアプリへのリンク(iOS10以上)など、さまざまなデータの共有を簡単に行えるというものです。昔でいう赤外線通信のようなものですね(今の人たち赤外線通信とか知らないんだろうなぁ・・・)

この機能を使うことでメールやチャットアプリを使うよりも手軽に情報共有が可能になります。もちろんMacやiPadなど、iPhone以外のApple製品でも共有が可能!!iPhoneに入っているデータをiPadで使用したいときにわざわざパソコンの「iTunes」を経由しなくてもデータのやり取りができるのは本当に便利ですよね。この機能はiOS7以降のOSがインストールされていれば利用できるのでオススメですよ。

《Appleの独占時代はもう終わった!!新たな機能「Nearby Share」》

さて、この便利な機能は今までApple製品の独占技術だったのですが、今回Androidでも似た機能が使用可能になったと聞いて驚きました!!その機能こそ「Nearby Share」です!!

今までサードパーティのアプリ(Zeetleなど)を使用してデータのやり取りを行っていたAndroid端末、その面倒な操作からオサラバできます。

設定はとても簡単!!端末の設定画面を開き、右上にあるむしめがねマークを押し「ニアバイシェア」と入力します。すると公開範囲の設定などが可能になる画面に遷移するので、自分が情報を公開する範囲を設定し登録します。あとはデータ通信を併用してダウンロードを行うかといった細かな設定も行うことが出来るので隅々までチェックしていきましょう。

実はデフォルトで携帯のデータ通信を併用してダウンロードを行うように設定されているのですが、このままだと大きな容量のデータを受信したときにとんでもないデータ通信量を消費してしまう可能性があります。データ使い放題のプランで契約されている方はそこまで影響が無いかもしれませんが、月々のデータ通信量を少なくし料金を抑えている方は気付かぬうちにとんでもない金額を請求されてしまうかもしれません。使い放題のプラン以外の方は「Wi-Fiのみ使用」か「インターネットを使用しない」に設定し、むやみにデータ消費が行われないようにしましょう。

この機能を使いこなして、AndroidがApple製品にも負けていないことを証明してみせましょう!!

Androidの修理でお困りの方はいらっしゃいませんか?街中で修理店舗を探してみても意外と修理対応しているのはiPhoneのみ・・・Androidは機種が多くて対応しきれない店舗ばかりなんです。

そんなときは当店にお任せください!!全国80店舗以上ある超大型グループの強みを生かして豊富な対応機種が実現可能に!!残念ながらまだ対応できない機種もございますが、Xperia・Galaxy・Huawei・Zenfone等々、多くのメーカーの機種に対応できますので、故障でお困りの際は是非当店にご相談くださいね♪

☆☆☆当店への道順を  YouTube  にて公開中☆☆☆

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。