お役立ち情報
SCROLL DOWN

スタッフオススメ情報

スマホスピタルお役立ち情報 最近よく聞くeSIM(イーシム)に関して調べてみました♪

最近よく聞くこのeSIMとは一体何なのか?気になっていたのですが少し時間が出来たので調べて見ました!というのも今月に発表されたiPhoneSE 第2世代がeSIMに対応しているとのことでした。このeSIMをうまく使うと通信料金を安く抑えることが出来るという噂も聞いていたので気になるところですね♪今回は簡単に分かりやすくご紹介させていただければと思いますのでよろしくお願いいたします(*’ω’*)

 

eSIM(イーシム)とは?

「Embedded SIM」を略してeSIMと呼ぶそうです。どのようなモノかというと端末に組み込まれたSIMという意味とのことでした。つまり、皆さんは今現在iPhoneにSIMカードを入れて電話やネットをされていると思います。そのSIMを物理SIMと言います。物理的に存在するSIMだからといった意味合いになります。しかしeSIMは端末に既に組み込まれているSIMですからSIMカードが不要になります。

 

SIMカードが不要になると便利なの?

今現在のSIMカードは店舗などで実際に受け取りが必要ですがeSIMの場合は例えばご自宅でネット上から申し込みをすればSIMカードを受け取る必要はなくそのまま契約が始まればそのまま使うことが出来ます。つまり外出する必要がなくご自宅で申し込みするだけでそのまま使えてしまうので店舗などでの待ち時間がなくなるので便利です。

 

待ち時間がなくなるだけ?

このeSIM機能が搭載されているスマートホンにはほとんどのモノがデュアルSIMに対応している機種になります。iPhoneではiPhoneXS・iPhoneXSMax・iPhoneXR・iPhoneSE 第2世代などがデュアルSIM対応機種ですのでSIMを2つ使うことが出来ます。物理SIMとeSIMで2つ使うことで例えば1台で2つの電話番号を使い分けることが可能になります。2台持ちしていた方はとても便利になりますね♪

 

通信料金がお得になる?!

このSIMとeSIMをうまく組み合わせて使うことで通話はこっちの安い会社のSIMを使いネットはギガ数が多いこっちの会社のeSIMを使うといった選択が広がります。それによりよりユーザーのニーズにあった料金設定の会社が選べるのでこのデュアルSIMが使える機種に乗り換えることで月々の通信料金自体を安く抑えることも可能となります!今回発売となったiPhoneSE 第2世代にはこのデュアルSIM機能が搭載されておりますのでこの機会にeSIMを使って月々の通信費を見直してみるのもいいかもしれません。

 

eSIMのまとめ

このようにeSIMはその機能が備わっている端末であれば使うことが出来ます。eSIMの他に物理SIMも使える機種であればデュアルSIMで2つの電話番号を1台で受けれたり2つの会社の通信プランを使い分けることで通信料金を抑えることも可能となります。デュアルSIM対応の機種は割りと新しい機種でないと搭載されてない為、iPhoneであればiPohneXS以降の新しい機種へ機種変更することで利用可能となります。また、今月発売されたiPhoneSE 第2世代もデュアルSIM対応機種ですのでお乗換えの参考にしていただければと思います(*’ω’*)

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。